{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
自分にウソはつかない
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

    新年最初のブログです。

    今年も本橋ブログ「健康礼讃」とトータルフィットネスをよろしくお願い申し上げます。

     

     

     

    さて、新しい年に当たり、今年のテーマなるものを書きたいと思いました。

    世の中には素晴らしい素質や才能を持った人がいます。

    囲碁界で日本最強の井山裕太九段。

    将棋界で数々の記録を残した藤井聡太七段。

    彼らは若くしてその才能を開花させています。

    何の世界でも、どんな人でもそれぞれに自分自身の才能を発揮する機会はあるはずです。

    別に表舞台に出なくてもいい。

    自分の生命力を使う場というのがあるはずです。

    結果が全てという考えがありますが、別に結果だけが重要と言うことではありません。

    スポーツやビジネスなどそういう世界もありますが、

    「何をやったか」「どうやったか」は意義が大きいと思っています。

     

     

     

    その生命力を使う時に元気じゃなかったらどうでしょうか。

    何をどうやるかというプロセスの場面で、自分の力が発揮できる状態が必要です。

    女優でユニセフ親善大使の黒柳徹子さんが仰っていたのですが、

     

     

     

     

     

    「どんなに才能があっても、

               結局、元気でなきゃだめ」

     

     

     

    という言葉があります。

     

     

     

    健康に豊かに生きるための本質です。

     

     

     

    一生懸命に仕事をしますが、疲労が重なり、姿勢が傾き、腰痛を起こす。

    自分自身の体が傾いているが分からなくなる。

    ある日、痛みを感じ、初めて自分の体の異変に気づく。

    こういう人は多いと思います。(実際に昨年末駆け込みでご来店されたお客様もそうでした)

     

     

    仕事をするプロセスでは、

    「ああ、今日は仕事が億劫だな」

    と思うことがあったかもしれません。

    「やりたくないな」

    そう思いながらやった仕事があるかもしれません。

    そのような気持ちで仕事をしていると、身体にはダメージを与えてしまいます。

     

    本心では本当にやりたい仕事かもしれません。

    でも疲労が強ければ、体は休みたいと訴えるはずです。

    だから、「億劫だな」「嫌だな」と少しでも思ってしまう。

    でも、大人だからそれを表面には出さずに仕事します。

    何も仕事に限りません。

    人付き合いなどもそうです。

     

     

     

     

     

    病気、ケガ、痛みは、こうした“自分にウソをつく”ことから起こることがあります。

    自分の意に反したことを続けていると、体にダメージを与えます。

    楽しいこと、夢中になることって心と体が一体化しているから時間を忘れますよね。

    対してやりたくないこと、気がすすまないことは、時間の経過が遅く感じる。

    時間は皆平等に進みますからね。

    完全に個々の感覚です。

     

     

     

     

     

    痛みがなかなか良くならない人の特徴として、痛い所を動かさないことがみられます。

    痛いから動かせるはずないじゃないかー

    という人もいると思いますが、

    ホントに痛い時は、体が止まります。

    でも、痛いけど何となく動かせるなー

    という所を動かさないのです。

    先に脳が「そこまで動かすと痛むよ」とブレーキ信号を発します。

    だから、動かさない方が痛くない。

    そこまで動かすと痛いんじゃないか。

    動かしたくない。

    となり、治りが遅いのです。

     

     

     

     

     

    体の組織は、自然な状態にすれば痛みがなくなります

    その自然な状態から不自然な状態に片寄ったから痛みが出るし、不自然なままだから治りが遅いのです。

    痛いところは自然な状態へと近づけるべく動かして行くことが大切で、痛いから動かしたくないと言って、自然に戻そうとしないのは“自分にウソをつく”ことなのです。

    どこかに痛みがあると、変な動きをしますね。

    つまりそれを代償運動と言うのですが、本来の動きでない動きをするのです。

     

     

     

     

     

    体は自然を求めています。

    それに対して、代償してしまう。

    代償運動は、英語で「トリックモーション」といいます。

    的をついていますね。

    トリック、まさに「騙し」「ウソ」なのです。

     

     

     

    じゃあ、自分にウソをつかないようにするにはどうすればいいのか?

    と言うことになりますが、これには正解はありません。

    動きについては、その人にとってその時点の正解はありますが、万人に言える正解はありません。

     

     

     

    体の動きは私達コンディショニングトレーナーが教えることができます。

    でも、気持ちの持ちようを指導することはできません。

    こういう時はこう考えるといいのかも?

    ということは言えるのかもしれませんが、それにしてもそれぞれの性格、考え方、捉え方が違いますから、上手く行くことは少ないでしょう。

    痛みがある時も自分への騙しをなくしていけば、早く治ります。

    動かしたところは循環するからです。

    動かさなければ循環しません。

    片寄ったままです。

     

     

     

    誰でも嫌な事をしなければならない時はあります。

    我慢してやる仕事もあるでしょう。

    それらを100%排除することは不可能です。

     

     

     

    だから、そのようなストレスを受けた時にどう対応・反応するかを考えればいいと思います。

    それは皆さんひとり一人がご自身を高め、自分にウソをつかない状況を上手くつくって行ければいいのだと思います。

    私は現在そのようにして、病気や痛みから早く立ち直ったり、予防したりしています。

     

     

     

    心身二元論という考え方がありますが、やはり生き物は心が病めば体も病む。

    心身合一の考え方が実際の現象としてしっくりくるものです。

     

     

     

    自分の体に意識が及ばないほどに心と体が分離すると不具合が起きる。

    病気や痛みと言うのは、ある意味「心身合一を確認しなさい」というサインなのではないかと思います。

     

     

    体のどこかに不具合が生じれば、嫌でもそこに意識をしますから。

    でも誰でも痛みは嫌ですから、日々の心身合一(自分にウソをつかない)と体の姿勢や動作を意識して気づくコンディショニングをすることで健康が維持できると考えます。

     

     

     

    簡単ではないテーマですが、今年もどうすれば心身合一をつくれるか試行錯誤しながら精進して、そのコツをお客様にご提供したいと思います。

     

     

    健康であることが根幹。

     

     

    「どんなに才能があっても、

               結局、元気でなきゃだめ」

     

     

    この言葉とその深い意味を今年のテーマとして書いてみました。

     

     

    長々とお読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

    ◇2019年!

    待望の「カラダの取説セミナー」開催決定!!

    2月「痛み対策!体の「ヨジレ」を整える、楽楽セルフエクササイズ

    3月「リラクゼーション テクニック〜体にやさしい調整〜」 

     

     

    ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    コンディショニングで最重要視している一点!
    0

      JUGEMテーマ:フィットネス

       

       

       

      【先週のあるケース1】

       

       

      『今日はダルいし、風邪をうつしても嫌だし、やめようかとも考えましたが、楽になりましたので、行って本当に良かったと思っています』

       

       

      体がカチコチに固まってしまった60代女性からいただいたメッセージです。

      風邪を引いていたのでマスクをしたままのセッションでした。

       

       

      座位で胸を(胸椎)を回してもらうと、左に比べて右の回りが良くありません。

      よく観察してみると、右のお腹が動きをブロックしています。

      左手で右のお腹を触り、右に回してもらうと、回しやすくなります。

      手を離すと、また回しにくくなります。

      胸(胸椎)よりもお腹が胸に影響を与えているようです。

      そこでさらに観察してみると、右の腕、特に肘回りに問題がありそうです。

      右肘の一点のポイントを刺激すると、右のお腹に触れてなくても左と同じように胸を回せました!

       

       

       

      【先週のあるケース2】

       

       

      『昨日のご指導のおかげで今日は身体の調子がすこぶる良い感じです!』

       

      久しぶりに外国からご来店された50代男性からいただいたメッセージです。

      日本に出張の際には、1、2度お越しくださいます。

      数ヶ月ぶりのセッションでしたので、ひと通りお体をチェックします。

      どうも体の動かしていない部分が多いようです。

      足首、手首、肩、腰、首、胸をゆっくり小さく動かしました。

      外国へ戻ってもご自身で出来るように、いつも動画を撮影します。

       

      すると、

      『あれっ!?全然違う!』

      と驚いたご様子。

      『こんなに少ししか動かしていないのに』

      順序良く、要点を守り、体を動かして行くと、こんなにも簡単な動きで体が楽になるのです。

       

      『そういえば、今回日本に着いてからホテルで、以前教わったポンプ体操をやったら、時差ボケが良くなり、今回の出張は最初からすごく楽です』

       

       

       

       

      【先週のあるケース3】

       

       

       

      『今年一年、本当にお世話になりました!

      本橋さんのおかげで、身体の使い方の理解が深まり、バドミントンがより楽しく、また私生活にも張りがでて、充実した日々が過ごせてます。

      ご指摘いただいた事を意識し、更に充実させるぞーー!って思った今日この頃です。来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さいませ🙇

      お疲れ様でした!

      気持ちいいくらい、全然違いますね☺』

       

       

       

      一定間隔でご来店していただいている40代男性からのメッセージです。

      いつもより来店間隔が空いてしまった時のセッション後にいただいた感想です。

      姿勢が少し傾いていましたが、ケース2の方のように、必要な所をゆっくり小さく動かしました。

      特に足は体重のかかり方に片寄りが見られましたので、体重のかかり方の癖を確認し、足首を丁寧にゆっくり動かしました。

       

      たった数回動かしただけで、体重のかかり方の癖がクリアーされ、満遍なく足の裏に体重を感じるようになりました。

      説明をしながらだったので数分かかりましたが、行う動きは1分とかかりません。

      それだけで、楽に立てるようになるのです。

      その後、股関節や骨盤周りも動かし、バドミントンのための腕の振り方をご指導すると、痛かった肩の痛みもなく、オーバーヘッドスイングが楽にできるようになりました。

       

       

       

       

      たった1週間でもいくつかご紹介できるセッションがありました。

      他にも脚に痺れを訴えてご来店した来年傘寿(80歳)を迎えるゴルフ大好きな男性。

      やはり、足、手、肩、腰、を動かして、最後にはスッキリ痛みがなくなりました。

       

      皆さん、それぞれに問題点が違いますが、最後にスッキリしていただいたり、楽になるのは、私が何をきちんと出来るように目指しているからでしょうか。

       

       

       

      そういえば、この前のソロリサイタルで素晴らしい歌声を披露してくれたオペラ歌手の「樋口達哉」様の公演前セッションでも衝撃くらいの変化がありましたね。

      実際のソロリサイタルでは、鳥肌、感動もののオペラアリアでした!

       

      そんなオペラ歌手の方も驚きの変化をみせる部分はどこでしょう。

       

      それは・・・

       

       

       


       

       

      “胸郭”

       

      上記、先週のあるケースの方々も皆様ガチガチの胸郭です。

      鳥かごのような骨格に囲まれた胸郭をやわらかくすると、息が大きく吸えるようになります!

       

       

      つまり呼吸がスムーズになる。

       

       

       

      私はお客様の呼吸がきちんと出来るような体づくりを目指しているのです。

      胸郭(肋骨周り)がガチガチに固かったら、きちんと呼吸出来ません。

       

      別に苦しくないから大丈夫と言っても実は浅い呼吸しかしていない人が多いのです。

      呼吸が浅いと、その狭い範囲でしか胸郭も横隔膜も動きません。

      入ってくる空気が少ないと、酸素や栄養供給も少なくなります。

       

       

       

      しかも、きちんと吐くことも難しくなります。

      きちんと吐けなければ、きちんと吸えません。

      どちらかだけきちんと出来ることはありません。

       

      これでは循環不良と言ってもいいでしょう。

      胸郭がきちんと動き、深い呼吸ができると、見える景色が変わります。

      視点が変わるのももちろんですが、目が明るくなります。

      そして、気持ちがいい。(^^♪

       

       

       

      楽になる。

      良い感じ。

      気持ち良い。

       

       

       

      これは皆、呼吸がきちんと出来るようになった結果、湧き上がる感想です。

       

       

       

      ただ、胸郭が固いまま深く吸っても上手く行きません。

      小さいお茶碗によそえるご飯は限られますが、丼茶碗ならたくさんのご飯を盛ることが出来ます。

      器が伸縮する体をつくります。

      それには、適切に身体の縛りを順に解いていくことが大切です。

      闇雲に深呼吸すれば、体は余分な緊張をします。

       

       

       

      とても大事と言うか、生きていく上で一番に考えなければならない必須運動の1つであると考えています。

      たかが、呼吸。

      されど、呼吸。

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

       

      こんなにも息が吸えるのか?!

      と、ご自身の未知の呼吸を体験してみませんか。

       

      コンディショニングセッションは、お手軽な30分から。↓

       

      http://tfc.tokyo/free/price

       

       

       

       

      ◇2019年!

      待望の「カラダの取説セミナー」開催決定!!

      2月「痛み対策!体の「ヨジレ」を整える、楽楽セルフエクササイズ

      3月「リラクゼーション テクニック〜体にやさしい調整〜」 

       

       

      ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

       

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      痛っ!〜私はこうして痛みを治しました〜
      0

         

         

         

         

        それは突然やってきました。

         

        ズキン!

        一瞬身体がコワバリます。

        「いたっ!」

         

        木曜日の朝食時に体をほんの少し前に傾けた瞬間、腰に痛みが走りました。

        「ぎっくり腰?」

        (いや、そんなはずはない (^_^;)

         

         

        でも痛めたようです。

         

         

        原因を遡れば、一昨日のトレーニング指導の補助で81kgのダンベルを床からベンチまで持ち上げて、その後何度か持って床に下ろしたりしたのを思い出しました。

        その時は特に問題はありませんでしたが、体には確実に負担がかかっています。

        そして、その二日後の朝。

         

         

         

        窓を開けていたので冷気がスーッと腰に流れてきたのを感じ、

        「ちょっと冷えるな」と感じた矢先でした。

        体への負担と冷え、それに加え師走に入り、なにかと忙しい雰囲気(本人はそういう気はなくとも周囲の影響により、無意識にそう刷り込まれているかも)。

        疲労は確実にありました。

         

         

         

         

        痛みは左の上部仙腸関節あたりに特に感じ、腰仙部や下部腰椎間の狭窄はありそうな感じでしたが、患部の痛みだけで他に痺れなどは感じません。

        久しぶりに感じた痛みだったのでこういう時はやはりどうしても身体がコワバリますね。

        痛みの瞬間は、呼吸も止まり、力が入ります。

        力は特に上半身の首や肩に強く入ります。

        恐怖や不安の感情ってこういう所に出るんです。

         

         

         

        痛がっているので、妻には、

        「システマ!システマ!」って言われました (^_^;)

        なかなかシステマ出来ません (>_<)

         

         

        システマとはロシアのマーシャルアーツで、その核となるのが「呼吸」なのです。

        道でナイフを突きつけられてもまず「呼吸!」

        車が海に転落してもまず「呼吸!」

        なので、腰を傷めても「呼吸!!」すれば、

        「痛くないです」

         

         

        システマを面白く分かりやすくした動画。

        (バカにしてませんよ。念のため。実際に公式インストラクターから教わったことがあります)

         

         

        (とにかく呼吸はスゴク大事なことは分かりますね)

         

         

         

        少し動いても痛い、立ち上がっても真っ直ぐ立てない、歩いても痛い。

         

         

        今日は指導でベンチの補助あるんだけどな・・

        不安がよぎります。

         

         

        でも、やってしまったことは仕方がない。

        と心身を切り換え、治すための方向へ意識を向けます。

         

         

         

        とても痛い動作では、動きは止まります。

        でも痛いけど動ける範囲と言うものがあります。

        その範囲で動くことが治すためにとても大事なことなのです。

        そして冷えから起こった痛みでもあるので、すぐにミニホカロンを仙骨周囲の衣服に貼り、お気に入りの腹巻きをしました。

        温めることが効果的でした。

        よく冷やすといいのか温めるといいのかと聞かれますが、

        「気持ちのいい方を選んでください」と答えます。

        温めてズキズキするなら冷やせばいいです。

        もちろん熱を持ってズキズキと疼いている状態で温めたら、余計痛むのはわかりますね。

         

         

         

        そして、時々止まりながら痛みの少ない動作を試し試し動いて行きます。

        なぜ、痛くても動ける範囲で動いた方が良いのか?

         

         

        それは循環するからです。

         

         

        一般に腰痛になると動けないなどの先入観もあり、なるべく動かないようにします。

        安静するのがいいと思う。

        これも先入観です。 

        「安静はアヘンである。一時的には快いが、心身をむしばむ」

        と和歌山県立医科大学リハビリ科の田島文博教授が言っていました。

        もちろん程度によりますが、基本的に“安静は害”なのです。

        動きを試行錯誤しながらなんとか仕事に向かいました。

        動きの少ない指導なら何とかなり、徐々に体も動いて来たのでこれはいけるぞと前向きな気持ちにもなってきました。

        この前向きな気持ちも痛み改善には大事です。

         

         

         

        いつもどこかが痛いと言う人は、気持ちも後ろ向きです。

        痛いのだから当然ですよね。

        けれども自分で治して行く意識を持たないと、次から次へと痛みが出てくるし、痛みが体に居ついてしまうことがあるのです。

        でもどうすれば、痛みから逃れられるか、一般には分かりませんね。

        それを教えるために私たちは、動きの専門家として仕事させていただいているのです。

        こういうことは、よく勉強している人に訊いた方が早いです。

        ただ、大事なことは人任せにするのではなく、自分で治して行こうとする前向きな意識を持つことです。

        このような意識を持っている人は、改善が早いです。

         

        仕事中私が気をつけたことは、

         

        立ち姿勢

         

        足にきちんと体重がかかっていないと治りが遅くなります。

        痛みがあると体重をどこかに逃がしてしまいます。

        また上半身に力が入るので、結果として足への体重のかかり方が少なくなるのです。

        逆に言えば、痛い時に肩や首の力を抜くと、足へ意識が行きやすくなります。

        きちんと体重をかけるってどういうこと?

        と思われるか方は、こちらのブログをご覧ください。

         

         

        「立つことでクリーンに 〜川の流れのように〜」

         

         

         

        他にしゃがむ時はお腹を膨らませ腹圧をかける。

        お腹を凹ますのではなく、膨らます。

        膨らませて脚(お尻)の力を使い立ち上がる。

         

        して、痛い動作は避け、少し痛いけど大丈夫かなーという動作は行う。

        そうこうしていると、循環し、仕事中はアドレナリンも出るので、なんとか無事に一日終えることができました。

         

        しかも朝10時から夜10時まで昼休憩以外ほとんど続けて仕事できましたよ。

        もちろんベンチプレスの補助も110kgできましたよ!

        ちょっと不安もあったけど、トレーニングベルトをしてやりました。

        その翌日はさらに良くなっていて、2日経った土曜日にはほとんど気にならなくなったほどです。

         

         

         

        われながらスゴイなと思ってしまいましたよ (^^)

        いわゆるギックリ腰ですからね。

        でもギックリ腰になったとは言いません。

        ギックリ腰になったと言う時点で脳はそのような認識をして、身体に影響を与えます。

        だから痛みが出た瞬間、どうすれば良くなるか、すぐにそれを考えるように切り換えました。

         

         

         

        今回の痛みで改めて気づいたこと。

        それは、痛みがあったから普段より一層自分の体に気を使いました。

        足の向き、体重のかかり方、歩き方、立ち方、立ち上がり方、上半身の緊張、呼吸。

        これらを意識したことで、仕事で負担をかけながらも早く治せることが出来たと思います。

        痛みがない時って、あまり意識しませんよね。

         

         

        だから少しずつ身体が崩れて行くんだなと思います。

         

         

        健康な状態だからこそ、自分の体に意識を向ける。

        体重のかかり方、つま先の向き、どうかな?と。

        ただし、常に意識しているのは大変です。

        一瞬意識する機会を増やしてもらえれば、余計な体の負担を減らすことが出来るでしょう。

        人は調子の良い時には慢心します。

        調子の良い時こそ、慎重に。

        調子の悪い時には、朗らかに。

        どなたか名経営者が言っていたことを思い出しました。

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

        健康体操.jpg

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        【まずは1,080円で体験してみませんか?】

        “有資格者による健康体操プログラム”

        あなたに必要な運動が凝縮された30

         

         

         

         

        2018-08-30.png

        身体習慣チェック

        学校では教えてくれない!

        〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

         

        詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

         

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |