{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
痛みを治すという考え方
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

    先週は遠方からのお客様ラッシュでした。

     

    遠い順に、神奈川県、淡路島。

    当社は関東圏のお客様は結構いらっしゃいます。

    国外からは、タイ、ロンドン。

    遠いですね。

    なぜかわりと続くことが多いのです。

    皆さん長期休暇でもないんですけどね。

     

     

    久しぶりにお会いした方は、やはり体が結構崩れています。

    どこかを痛くしたり、ケガをしています。

    不可避的なケガはさておき、慢性的な痛みやケガはやはり生活習慣が大きく関わっています。

     

     

    立ち姿勢を観ると、以前ご指導した姿勢ではありません。

    つま先、膝の向き、腰や頭の位置が目標の基準からずれています。

    仮に基準から外れていても体の異変として問題がなければ良しとしますが、その崩れにより痛みが出ているようなら、なるべく早く改善した方がいいです。

     

     

    なんでもそうですが、基準はあくまで基準であり、多少の誤差は許容範囲です。

    血圧値だってコレステロール値だって、それぞれにバラつきがあります。

    無理に基準値に合わせようとしなくても健康に過ごしている人がたくさんいます。

    それを少し基準を超えたから投薬で無理やり下げる?

    明らかに基準値を大きく超えているなら分かりますが、

    無理をすると体は反発します

     

     

     

     

    60代の男性はふくらはぎの痛みがありました。

    ジョギングやテニスをすると、すごく痛くなってしまうようです。

    なにか特別にケガをしているわけではありません。

    でも痛くて運動できない。

    病院や治療院にも行かれてたそうです。

    でも医学上の所見は見当たらない

     

     

    ならば、

     

     

    こういう時こそ“コンディショニング”が効果的です。

     

    今まで気にしたことのなかったことが、60歳を超えてから初めて知ることになりました。

    この男性は、やはり立ち姿勢が基準から大きく外れていました。

    それで痛みが何もなければいいのですが、でも私たちはリスクを考えます。

    将来、今の負担をかけ続けているとどうなる可能性が高いか、を想像するのです。

    明らかに関節に負担がかかる姿勢や動作をされているのでしたら、少しずつ楽な方へ導きたいと考えます。

     

     

    立ち姿勢が崩れていると、動作も崩れます。

    その姿勢がベースとなって動きますので、当然です。

     

     

    ここで「動き」というものに少し触れて見たいと思います。

     

     

     

     

    2008年にコンディショニングセンターを開設した当初に書いた文章に「健康へのこだわり」があります。

    店舗では冊子にしてお配りしていますが、そこからの抜粋です。

     

    「動物の生命の源は食を求めて移動することです。食べ物を探して移動するのが当たり前の時代がありました。実際、野生動物は生きるために毎日、移動を繰り返しています。自分の足で移動しなくても食料にありつける現代社会では、動いてエネルギーを消費するという生命の根幹となるサイクルバランスを崩してしまっています。動くことは、すなわち自分の重心を移動させることです。一日じっとしていれば、エネルギー消費は抑えられますが、その必要があるでしょうか?」

     

    動物は動く物と書きますよね。

     

    「重心を移動させるためには、エネルギーと移動させるための筋力が必要になります。

    そして、さらに活動的に動くためには、心肺機能の役割が大きく、すぐに疲れてしまう人はその機能が低下している可能性があります。

    人間(動物)の生きる根本である「移動して」「食べる」こと。

    この2つの行為が出来なくなった時、人間は活力(生きる力)がなくなるのだと思います。本当の健康体とは、活力みなぎる体をいうのではないでしょうか。

     

    そして、もうひとつ重要な「移動する」ことは現代では運動という言葉に置き換えられています。私達はこの運動をこのように考えています。運動という字は、「運」と「動」という字で構成されています。「運」は運搬、運送、とハコブという意味があり、「動」は文字通りウゴクという意味です。この言葉の意味は、どちらもその場でじっとしている意味ではありません。動くこと、それは自分の重心を移動させることなのです。自分の重心を移動させることは全身の循環を伴います。これこそが、運動の本質だと考えています。」

     

     

    運動は、移動すること、そして動くこと。

    この2つが難なく出来ることが大切です。

     

     

    セッション後、60代の男性は、痛みなく歩くことができました。

    そして、以下の通り感想をいただきました。

     

    『コンディショニングというものを初めて受けて、今まで全く意識していなかったことがこんなにあるということを気づかされました。

    早速、ポイントをまとめて頂きありがとうございます。

    私も帰りの電車の中で、忘れないようにスマホに要点を書き込みしました。

    日常生活で意識する点、立ち姿勢での重心に位置、膝の向き、頭の傾きなど、気づいたときにチェックするようにします。

    また、衰えていたハムストリングや臀筋を強化する左右別々の動き(股関節に注意して)も実践してみたいと思います。』

     

     

    素晴らしく意識の高いお客様です。

     

    生きることこそ運動。

     

    だから私たちは「動物」と呼ばれている訳です。

     

    だからコンディショニングでは、動きや姿勢を観察して、

    自分の動きや姿勢を認識していただく

     

    このように取り組むと健康になれるんじゃないかなーと考えています。

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

    ◇【指導者向け】体の取説セミナー

     

    9月8日(日)10:00〜12:30

    『生涯役立つ「体の使い方」』〜機能的に動けば痛まず,キレイに!

     

     

     

     

     

    期間限定の特別料金で実施中!!

    『からだの勉強会 -てほどき-』

    ※グループレッスン

    ●7月28日(日)10:30〜11:30

    「あなたの立ち癖がわかる!」〜自然で美しい立ち方は痛まず!快適!〜

     

    スクリーンショット (43).png

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    ライブに行きました!
    0

       

       

       

      先日、お客様のライブが神田でありました。

      お客様2名が同じライブで演奏すると聞いて、

      「これは良いチャンス!」と思い、初めてのJAZZ LIVEに行きました。

       

      なかなかお客様がお二人同時に演奏(動作)をみる機会はないのでラッキーでした。

      ※過去にオペラ歌手のお客様が同時に同じオペラに出演されたことが一度ありました。

       

       

      ご指導して数回でしたが、思ったより素晴らしい動作!(演奏じゃないのか)で感激でした。

       

       

      私は、スポーツでも音楽でも舞踊でも、まず動作としてみてしまいます。

      スポーツは動作だけではない部分もありますが、音楽などは顕著にその影響が出ると思います。

      心と体が一体化する心身合一の言葉通り、心の状態が動作にも反映しますが、その動作は音に直接かかわってくると感じます。

       

       

      動作が変わると音が変わる。

      実際、今回のライブで私がお二人の演奏を直接聴いたのは初めてですが、以前聴いたことのあるやはり別のお客様にお聞きしたところ、

      「音がやわらかくなって、それでいて響くところは響く」

      「音が立っている」

      「動きに躍動感があり、踊っていた!」

      などとおっしゃってくれました。

       

       

      聴いていて心地よい、心と体の一体感が本当に心を躍らせてくれる。

      そんなライブでした。

       

       

      演奏は体で行います。

      その体のコンディションが悪かったり、運用の仕方に無駄があったらどうでしょうか。

      音は良くならないと思います。

      もちろん専門的に求める音というのがそれぞれのアーティストにありますが、それとは別にもっと本質的な音。全世界に共通する「耳触りの良い音」を奏でるために大事な動きや姿勢と言うものがあると思います。

      お客様には歌手の方もいらっしゃいますが、

      歌う人はまさに体が楽器ですからね。

      体のコンディションがもろに歌に反映するはずです。

       

       

      そんなお二人の演奏を聴いて(観て)、良かったと思う所は、

       

       

      3つのスペースがつくれていた。

      ・背骨の動きが音をつくっていた。

      ・ココロが動作(演奏)と合致していた。

       

       

      ということです。

       

       

      抽象的なイメージかもしれませんが、

       

      3つのスペースは、顎の下、腋の下、懐、です。

      ここがあると、手足が動かしやすくなります。

       

       

      背骨は、一体感というか途中で力の伝達が止まっていないという感じでしょうか。

       

       

      そして、ココロと動作はいわずもがな心身合一です。

      観て、聴いて、肌で感じ、空気を味わうことでわかることです。とても「これ!」と形で示すことができるものではありません。

      現場で生の演奏を聴く最大の良さはここにあります。

      触れないと分からないことがあるんです。

       

       

      本当にお二人ともご指導させていただいたことをやってくれて、指導者としてとても感激しました。

      お二人のプロ意識と感性の高さにはホント感動ものです。

       

       

      素晴らしい演奏は観客も演者も笑顔になり、一体感が生まれます。そんなお客様お二人を同時にチェックできる(笑)という贅沢な時間でした。

       

       

      演者は、

      ヴィブラフォン奏者の“山本玲子”さん。

      私は知らなかったのですが、鉄琴の電子版?みたいな楽器です。精緻な体使いが素晴らしい音色を響かせてくれました。

      現在、日本屈指のヴィブラフォン演奏です。

       

      FBページ

       

      山本玲子公式ホームページ

       

       

       

       

       

       

      そして、ピアノの“栗林すみれ”さん。

      JAZZ系?ご本人は即興ピアノのようなことをおっしゃっていましたが、すごいピアノでした。

      本当に心が籠った演奏だと感じました。

       

      FBページ

       

       

      栗林すみれ公式ホームページ

       

       

       

       

       

       

       

      トータルフィットネスでは、演奏家のためのコンディショニングセッションを行っています。

      豊富な経験もあり、どのように体を使えば音が良くなるか。またそれ以上に大切なバックボーンは、楽に長く演奏できるように体の負担を軽くする方法をご指導いたします。

       

       

      当社の指導経験

       

       

      演奏していて体がきつい、もっと楽に演奏したい。

      そんな演奏家、歌手の方は是非とも一度コンディショニングをご体験ください。

       

       

      ◆『生涯役立つ』コンディショニングを提供します 

       

       

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

       

       

       

      ◇【指導者向け】体の取説セミナー

       

      9月8日(日)10:00〜12:30

      『生涯役立つ「体の使い方」』〜機能的に動けば痛まず,キレイに!

       

       

       

       

       

      期間限定の特別料金で実施中!!

      『からだの勉強会 -てほどき-』

      ※グループレッスン

      ●7月28日(日)10:30〜11:30

      「あなたの立ち癖がわかる!」〜自然で美しい立ち方は痛まず!快適!〜

       

      スクリーンショット (43).png

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | - | comments(0) | - |
      不調リスクを回避する考え方
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

         

         

         

         

        歩き方が変な人。

        走り方がおかしい人。

        姿勢が悪い人。

         

         

        これらの変、おかしい、悪いという表現は人によって捉え方が異なります。

        私がコンディショニングトレーナーという視点で見たものと、

        その歩き方が変な人の感覚は同じではなく、その人が自分でやっている歩き方は変だと思っていないかもしれません。

        いや、多くの人が自分の歩き方が変だとは思っていないようです。

        先日も右足のつま先がかなり開いた状態で歩いている若い男性がいました。

        その人は、自分で開いて歩いているつもりはありません。

        その歩行を動画に撮り、見てもらうと、

        「えーー!」と驚いた様子。

        それだけ、その人の感覚と実際がずれていると言うことです。

        その人は、すでに体の不調を感じていましたが、中には何も感じない人がいます。

         

         

         

        マラソン大会ですごく速いんだけど、脚がすごく内股の人。

        後から見ていると、膝から下がかなり外へ外へと曲がっています。

        それでも速いんです (^_^;)

        スポーツと言うのは、記録や勝敗の結果が出れば良いということがありますから、速ければそれでいいじゃん、という考え方も出来ます。

         

        実際、世界大会で優勝できるならどんなフォームでもいいんです。

        ゴルフでも一般的に見ておかしいと思うスイングでもスコアが良ければいいのです。

        この考えはどのレベルを目指すのかにもよりますが、趣味でやっているスポーツでは、おかしなフォームで体の問題が出る前にどうも「何かおかしい」と感じる人は修正した方が良いと思います。

         

         

         

         

        それは、体の構造に負担がかかるからです。

        人間はとても器用に動きますが、特に関節の負担が増加する動作は気をつけなければなりません。

        機械でも同じですが、例えば近頃はだいぶ見なくなった折り畳み式の携帯電話。

        この折り畳み部分を捻りながら開閉していたら、早く壊れますね。

         

        人間の関節も同じで膝を捻じりながら折りたたんだり、伸ばしたりしていたら、その関節は早く壊れる可能性が高くなります。

        中にはそういう使い方をしていても生涯膝の痛みを感じることのない人もいるかもしれません。

        でも関節に負担がかかっているのはリスクです。

        リスクを回避するという意味のリスクヘッジの観点から言えば、

        「かけなくていいリスクはなくしたい(減らしたい)」と考えますよね。

         

        今は痛みがないかもしれませんが、

        今の体の使い方将来のリスク増につながるなら、今対策したいと考えませんか。

        たいていが痛みが出てから何かをしようとします。

        でも事前にそのリスクが分かっていたら、対策したい。

        私はそう考えるので、お客様にそのリスクヘッジをsuggestions(ご提案)しているのです。

         

         

        リスクヘッジの例として最近のセッションでは、

        膝や足首に軽い痛みや違和感のあった60代後半の女性。

        足首や膝の捩れを直し、

        関節の負担のかからない動作ができるように刺激すると、

        痛みや違和感がなくなりました。

        歩いても立ちあがっても問題ありません。

         

        別の50代前半の女性では、

        左手中指の先が痛むとのこと。

        指や手首の使い方の片寄りを直し、

        首、肩の緊張を取り、肋骨や脊柱を整えて呼吸力を回復させると、

        指の嫌な痛みがなくなりました。

         

        このコンディショニングセッションでは、

        関節の無理な負担をなくしました。

        関節が構造通り動くということは、筋肉も機能通り動きます。

        そうすると、血液や水(リンパ液や間質液)の流れも改善します。

        もちろん気(神経)の流れも良くなるので、動きが良くなるわけです。

         

        本来そうできている構造に無理を掛けないように動かすことで、循環が良くなり、問題が起こりにくくなります。

         

        変な、おかしな、悪い体の使い方をしていても

        ご本人は気づいていないし、分からないという人がたくさんいます。

        是非とも一度、専門家のチェックを受けてみてください。

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

        ◇「生涯役立つ」コンディショニングをご提供します

        当社のコンディショニングセッションは、お手軽な30分から。

         

         

         

         

        期間限定の特別料金で実施中!!

        『からだの勉強会 -てほどき-』

        ※グループレッスン

        ●7月28日(日)10:30〜11:30

        「あなたの立ち癖がわかる!」〜自然で美しい立ち方は痛まず!快適!〜

         

        スクリーンショット (43).png

         

        筋肉や関節の使い方がわかる!

        姿勢や歩き方がわかる!

        心身を楽にする肝がわかる!

        健康に関する情報がまとめて学べてお得!

        コンディショニングが健康長寿をつくります!

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |