ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.08.04 Tuesday

運動不足って動けば解消できますか?

腰椎ヘルニアになる人がいます。

その人の姿勢をみてください。

背骨(関節の動き)が硬くないですか?

背骨が硬いのを一般の人が見るのは難しいので、背中を触ってみてください。

背骨の横の筋肉が硬くないですか?

いわゆる脊柱起立筋群という筋肉です。

群と書くのでいくつかの筋肉が複合的に存在することを意味します。

 

背中の筋肉がめちゃ硬いと首の動きに負担がかかります。

首にもヘルニアという病態があります。

ですから、当然腰椎にも負担がかかると言うことです。

 

解剖学では、頸椎、胸椎、腰椎、骨盤帯と上半身の区分けがされています。

ただそれは便宜上分けているだけです。

もちろん、それぞれの動きの特徴や形状の違いはありますが、それは勉強するためにつけた名前や動きです。

運動指導やコンディショニングを行う人はそれを知っている必要がありますが、現場ではあまり実用的ではありません。

動きというのは連なってなされるもので、それぞれの骨や関節が単体で動くわけではないからです。

私はよく、「頭から骨盤までを体幹(これも便宜上)と捉えています」と、専門家向けのセミナーなどで話します。

つまり大きな動きを指導するときに動きを区分けしてみていたら、全体が見えなくなるからです。

 

「木を見て森を見ず」

 

よく言われる言葉です。

 

しかし!

 

森ばかりを見ていると今度は小さな動きを見失います。

 

コンディショニングでは、関節の動いていない部分を探します。

動いていないところは循環していないからです。

 

循環していない部分を探すときに大きく動いてもらっては、どこが動いていないのか特定することができません。

だから、個別の運動をゆっくり小さな範囲で行い、動いているか動いていないかを探していきます。

別の言い方をすると、普段使っているか、いないかを見つけるのです。

 

腕をよく振ってたくさん歩いているから運動不足ではない。

という人がいます。

 

その人の背中を触ると硬いです。

姿勢も明らかに楽な自然体とは言えない。

 

腕を沢山振っているのに・・

 

では、腕は大きく振ればいいのでしょうか?

運動してると言えるでしょうか。

 

 

 

 

実は腕の動かし方があるので、きちんと動いているかどうかは別の話です。

例えば、右の肩甲骨が自然な位置より外に開いてしまっている場合、右腕はどうなるでしょう。

肩甲骨が外に開かれている分、最初から腕は前に出ていることになります。

最初から右腕が前に出ていると言うことは、腕は前に出しやすいでしょうか?

腕を出そうとした時に、もう出ているのだからたいして出さなくてもいいですよね。

腕を振らなくてももう振っているのです。

もちろん、ほんのわずかな差ですが、これが日常的な基準になると、腕は自然な状態より前に出していないことになります。

 

お分かりになりますか?

 

自然な位置より、最初から前に出ているので、前に出しやすいと思う方もいるかもしれませんが、前に出ている腕はその時点で緊張しています。

 

自然から外れていますからね。

 

ですから、このような場合は、まず肩甲骨の位置を調整しないと腕は元に戻らないのです。

 

運動不足というのは、このようなちょっとした体の使い方から動きの片寄りが起こってきます。

 

動きが片寄れば、使っているところとあまり使われないところのアンバランスが発生します。

 

そうして、姿勢や動作が崩れて、体が硬くなったり、さらにそれが常態化すると、痛みにつながっていくのです。

 

 

 

 

◇本橋の指導をご希望の方はこちら

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

2020.07.26 Sunday

運動はただ立つだけでできる!

トータルフィットネスでは、立つことを運動と捉えています。

立つって!?

立って何かするのですか?

いや、立っているだけです。

では、立って何をするのか?

静止しているだけです。

 

でも、その静止には意識が含まれます。

自分の体がどのようになっているのか感じるのです。

感じるポイントは無数にあります。

なんせ全身が対象ですから。

重心はもちろんのこと、腕の重みや股関節への荷重、腰の緊張や首肩の緊張。

また、つま先や膝の向き、肩の位置から背中のよじれ、顎の緊張なども意識できます。

顎はほんの少しだけ重心を変化させると、動いて顎周りや首の緊張も変化します。

皮膚や筋膜の緊張を感じることができるのです。

 

本当にこれは基本中の基本のトレーニングです。

何か動きのあるエクササイズを選択するよりも、まずは立つだけのエクササイズを行うのがお薦めです。

ヨガには、立つだけの山のポーズがあります。

ターダ―サナと言うそうです。

ただ立つだけ。

言葉の意味は違うのでしょうが、語呂が似てますね。

詳細は分かりませんが、立つ意味も似たようなものがあります。

 

 

 

 

自分の体の状態を知るために、そして体をリラックスさせるために、あるいはトレーニングとして鍛錬させるために、立つトレーニングを生活に入れてみてはいかがでしょうか。

 

意識をすれば、運動になるし、立っているだけなのに体がやわらかくなります。

循環させればやわらかくなるのです。

一番動いてないようで、ものすこぐ動いているのが立つことです。

立禅という言葉もあります。

孫子の言葉で有名な、不動如山「動かざること山の如し」は、実は内面がものすごく動いていて、完全な静止ではないと私は解釈しています。

 

姿三四郎の話しでは、柔道の始祖である嘉納治五郎の立ち姿勢を見て手を合わさずに、「この人は強い」と悟ったというエピソードがあります。

体の中心が高速で回っている独楽のようなイメージをしていました。

止まっているようで、実はものすごく高速で動いている。

 

立って運動すると言うのは、そう言うイメージだと思います。

 

 

 

 

いつでもどこでもできる最高の運動は、立つことです。

 

 

 

 

◇本橋の指導をご希望の方はこちら

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

JUGEMテーマ:フィットネス

 

2020.07.19 Sunday

認識の濃淡

コロナの影響で人々の気持ちを察することが難しくなりました。

 

それは、ほとんどの人がマスクをしていますので、どんな表情をしているのか分かりにくいからです。

外を歩いていると、みな色んなマスクをしていますが特に大きめのマスクをしている人は、顔の皮膚も見えずほとんど目しかみえませんので、目の表情が変わらない人はある意味怖いです。

 

セッションでは、クライアントが声を出さなくても顔全体が見えていれば、何となくレスポンスが分かりますが、目しか見えないとなんとも分かりにくい。

 

そして、すれ違う人の顔を見続ける時間が増えたと思います。

じーっと見ないと誰だか分からない、知っている人かどうか認識するまでの時間が長くなりました。

これはお互いにそのようです。

 

このように普段より得られる情報が少なくなると、それを誰なのか、どのような気持ちなのかを認識するまでに時間がかかります。

情報が少ないと認識が薄くなるのです。

 

セッションで運動を教える時もこの認識の濃淡で結果が大きく変わります。

 

「手首をゆっくり動かしてください」

そう言っても速く動かす人がいます。

 

でも速さの感覚って人それぞれですから、そういう時は、

「もっとゆっくりと」と言います。

 

ある程度、長くセッションしている人は一回のアドバイスで上手く行くのですが、そのようなことをあまり意識しない人や経験の浅い人は簡単ではありません。

ゆっくりと、言っても。

 

「さっきと同じじゃないかー」と言いたくなる人もいます。

 

“認識”を“運動”と捉えられていない人はそうなります。

 

認識している時点で運動しているというのは、マスクをしている人の顔をじっと見て、「あっ、○○さんだ!」とアクションすることからも分かるかと思います。

 

自分がどの程度のスピードで関節を動かしているか。

 

自分がどんな角度や軌道で関節を動かしているか。

 

自分のどこに力が入っているか。

 

自分のどこの力が抜けているか。

 

自分の足裏のどこがきちんとついているか。

 

感じることが認識。

 

 

そして、感じてはっきりとわかり、しかも客観的な指標と合っている。

 

このように認識が出来ると、その運動効果はバッチリです!

 

私のセッション中はよく出来るのだけど、自宅で一人でやると、同じような感覚にならないと、よく言われます。

 

それは、ある意味当然です。

 

セッション中は、私の認識する力が加わっていますから、お客様の認識する濃度が濃いのです。

 

一人でやるより濃い。

 

お分かりになりますか?

 

私のセッションを受けてくださっているお客様には何となくでもお分かりになるんじゃないかな。

 

『認識は運動』と言うことはとても大事なことで、運動には欠かせないことなのです。

 

 

 

 

 

◇本橋の指導をご希望の方はこちら

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

Powered by
30days Album