{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
カラダの動いていない部分はないですか?
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

    ご覧いただき、ありがとうございます。

     

    先週はロンドンからお客様がいっらっしゃいました。

    日本に出張されるときは時間をつくってくださり、毎回12回はセッションをさせていただいています。

     

     

     

     

     

    ゴルフをされる方なので、今回はアドレスや体をしなやかに動かすためのセッションをやりました。

    私はゴルフをしませんからもちろん技術的なことを教えるわけではなく、ゴルフの動作をご指導するのです。動作という視点で捉えれば、ほとんどのものが指導対象になり得ます。だから、今まで自分でやらないスポーツでもたくさんご指導してきました。それに舞台での演技動作(所作)や楽器の使い方まで。

    人の体の基礎を網羅したセッションだから、スポーツや趣味にいたるまでご指導することができます。

     

     

     

     

    それから、タイで生活するお客様からも腰痛相談のメールがありました。

    最近はビデオアプリなどでもご指導できますから、パーソナルトレーニングも今やグローバルスタンダードです。

     

     

     

    私のところには関東近県からのお客様はたくさんいらっしゃいますが、時々淡路島から来て下さるご高齢のお客様もいらっしゃいます。

    大変に有難いことです。そして、皆さん十数年以上と長くお付き合いさせていただいています。

    なぜ、遠方からわざわざ来て下さったり、長期間来て下さるのかと考えてみたら、当社のお客様への3大メリットにもある

     

     

    「すべてのお客様の根本的な目的に“生涯健康”」を掲げているからかなと思いました。

     

     

     

    〜お客様が得られる3大メリット〜

    http://tfc.tokyo/free/hazimete

     

     

     

     

     

    皆さん直接的なご指導から離れると、どうしても対症的な視点に目が行ってしまうようです。

    ハムストリングスがとても硬い。

    どうしたらいいかなど。

    それで外国では、ついマッサージへ行き、その場ではすっきりするけど、また硬くなり腰痛や臀部痛が起こる。

    先述したタイ在住のお客様からのメールの内容です。

     

     

     

     

     

    人の体は常にバランスをとって生きています。

    恒常性(ホメオスタシス)と言い、生き物は常に内部環境を一定の状態に保ち続けようとする傾向があります。

    生理的現象では、血糖値が上がればインスリンの働きで血糖値を下げます。

    寒ければ武者震いをして体温を上げ、暑い時は汗を掻き体温を下げます。

    体が硬くなるのも同じで、加齢により全体が同じように硬くなるのなら分かりますが、一部分が特に硬くなるのはおかしいと言わざるを得ません。

     

     

     

    体をバランスよく使っていれば、ハムストリングスだけめちゃくちゃ硬くなることはありません。

    ハムストリングスが硬くなるのは、なんらかの原因があり、使いすぎていたり、その反対のあまり使っていないことが考えられます。

     

     

    特別なスポーツなどを除けば、問題発生の多くは日常生活での体の使い方に起因しますから、そこに注意を持って行かなければいつまで経っても根本的な解決は出来ないのです。

     

     

    ハムストリングスやお尻のストレッチだけをするのではなく、体の背面なら足の裏、ふくらはぎ、ハムストリングス、お尻、腰、背中、首、頭、そして肩甲骨と腕。

     

    それらをきちんと動かします。

     

     

    そして、それらの動きが悪くなるようにしている胸、腹、腿の前面、すね、足の甲も同様に動かします。

    そうなると、やはり体全体を動かす必要があるわけです。

    全身をきちんと、まんべんなく動かすようにすれば全身が循環して一部分の問題が解消されるはずです。

    なにもこれらの部位を一つひとつ動かすと言っているわけではありません。

     

     

     

    自分の体の中に意識を向け、

    「動きにくい所はないかな」

    「痛むところはないかな」

    「左右差はないかな」

    と確認する。

    動作をただやるだけではなく、動作に意識を向けて行う。

    そうすると、今まで使っていなかった部分が目覚めてきます。

    目覚めると自然と体は恒常性が働き、全身のバランスが良くなり、やわらかくなってきます。

     

     

     

    『賦活体』ふかつたい

    体の機能や作用が活発になっている体のことです。

     

     

     

    活発化⇔沈静化

     

     

     

    体にとって両方意味の大きな言葉ですが、体が活発化していないことに気づいていない人が多いようです。

    部分的に活発になっていてもそれはバイアス(偏り)です。

     

     

    バイアスがかかれば、どこかにしわ寄せがきます。

    それが、ケガや痛みです。

     

     

     

    ただ本を読むだけと読んだ内容に感心しながら思慮分別する。

    どちらが身になるかお分かりですね。

    思慮分別しながら賦活する読書を活読と安岡正篤さんは言いました。

     

     

    自身の体の中に意識を向け、ゆっくりと全身を動かしてみてください。

    そして、動きを感じてください。

    何かを感じ取れることができたら、それが「賦活体」への一歩となるでしょう。

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

    賦活体への運動のひとつです。

    ゆっくりとお試しください!

    立ち上がるときは足元から順序良く動きます。

    特に腕の動かし方は大事です。

    最後は指先がきちんと伸びるよう意識します。

    全身を軽く伸ばして縮めます。

    力を入れて行うのではありません。

    できるだけ力を使わずにゆっくり行います。

    速く行うのは簡単です。

    でもそれでは運動効果は得られません。

    呼吸と動きを合わせて行きます。

    呼吸も意識を向けるべき運動のひとつです。

    きちんとやれば2、3回で良い運動になります。

    実施後は体の余分な緊張が抜け立ちやすくなり、そしてスッキリするでしょう。

    腰の緊張も緩和しますよ!

     

    【超ゆるトレ】苦痛ZERO!腰痛緩和の全身スロー体操

     

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら

     

     

     

     

    からだをゆるめる9.jpg  

     少人数制の講習会

    予約受付中!!

     

     

    img_mainVisual2018.jpg

    「第32回」を迎える「フィットネスセッション」に今年も講師として、
    トータルフィットネスから本橋正光・鈴木隆人が講演を勤めます。

     

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    心身一如〜呼吸力が健康をつくる〜
    0

       

       

      ご覧いただき、ありがとうございます。

       

       

      茂木健一郎さんの本を読んでいたら、子どものしつけで褒める時にご褒美として「物」をあげるより、子どもの行動を認めてあげる方が、子どもの脳にとって意味のある報酬であると書いてありました。

       

       

      子どもが上手にできた行動を見てあげることや認めてあげることが、子どもにとって現状が認められたことであり、それが新しい世界を探索する力になるというのです。

       

       

       

       

      自分でいうのもなんですが、私は子どもに好かれる方です。

      嫌われたことは、ほとんどないと思います。

       

       

      この本を読んで気づいたのは、私は子どもに接する時は子どもの行動をきちんと見ているからかな、と思いました。

      適当な対応はしない。

      話しをきちんと聞く。

      子どもの行動に対して、リアクションやレスポンスをきちんとする。

      どれも子どもに限らず当たり前のことなのですが、子どもだとつい雑な接し方をしてしまうことがあるのではないでしょうか。

       

       

      このように考えると、指導も同じだなと思います。

      クライアントの行動をよーくみること。

      行動を認めること。

       

       

       

       

      もちろん、身の入っていない対応はしないこと。

      でもスポーツジムで指導していると、指導中よそ見をしている指導者がいるのです。

      しかもレップ数を「イーチ、二―、サンー」と数えながら他を見ている指導者が。

       

       

      今まで目にして酷かったのは、ジムに設置してあるテレビをみていたり、携帯をみていた人です。

       

       

      指導中にですよ。

       

       

      他人に好かれるかどうかの問題ではありません。

       

       

       

      それから普段、私が心掛けていることに「一意専心」があります。

      意味は、

      “他に心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること。”

      “いちずに、一つのことに心を注ぐこと。”

      などと辞書にはありますが、そこまで大それたものではなく、なるべく忘れてはいけないなーと思っている言葉です。

       

       

      今やっていることに意識を注ぎましょう!ということです。

      仕事はもちろんですが、食事をするときや読書をするときなど、ついつい色々なものに手を出して結局落ち着かなくなることがあります。

       

       

       

      実はこういうときって、呼吸が浅くなるんです。

      気が散っているんですね。

      食事をしながらスマホを見て下さい。

      料理が味わえますか?

       

       

      味は分かるでしょう。でも、日本人なら「味わう」という言葉の深さを知っていると思います。

      味わうという言葉の意味は、ただ味をみるだけではありません。

       

      「人生の苦しみを味わう」なんていいますが、物事の意味を十分に感じ取ることが含まれます。

       

      この「味わう」は、古い言い方だと「味はふ」と書きました。

      「はふ」は動詞から生まれた語だといわれていて、名詞などについて、その状態が進展する意味があります。

      食事をしながらパソコンで仕事をする人がいますが、「ただ味を見る」のか「味はふ」のかで体への消化、吸収が違うものになると考えています。

       

       

      だって、食べ物のことに意識が行ってないんですから当然だと思っています。

       

       

      そして、気が分散すると呼吸が浅くなります。

      呼吸が浅いと体に酸素を取り込む量が少なくなります。

      呼吸筋と言われる横隔膜を始め、肋骨周りなどの筋肉が少ししか動きません。

      呼吸が浅いと副交感神経が十分に刺激されないので、体は緊張状態へ傾きます。

      内臓、血管、リンパ管、様々な膜、経絡、に対しての刺激が十分ではなくなります。

      たかが、少しの時間じゃないか。

      と思う方もおられるかもしれません。

       

      でも、この少しを積み重ねてみるとどうでしょうか。

       

      1週間、1カ月、6ヶ月、1年と積算すれば、膨大な量の酸素を取り損ねていることになり、呼吸筋の運動量も少なくなるのです。

       

       

      私は、よくクライアントさんに

      「ちょっとしたことで呼吸を止めたり、浅くなったりしますから、そういう時に意識して下さい」と言ってきました。

       

       

       

       

      特に体を屈めるときや手先に意識を集中するときに、短い時間呼吸を止めたり、浅くなったりします。

      例えば、靴を履くときはお腹が潰されますので、多くの人が呼吸を止めます。

      自分の名前を書くときや鍵穴に鍵を挿すときなど、手先で細かい作業を行うときに呼吸を一瞬止めます。

       

       

      このような局面で呼吸を意識的に行えば、1年間でどれだけの酸素を吸えるでしょうか。

      そして、前述のような呼吸が浅くなることによる問題の解消に貢献してくれます。

      優れた心臓外科医は、髪の毛ほどの細い血管にアプローチするときも呼吸は止めません。

      自分の呼吸による動揺も含めてリズムをとり手術するそうです。

       

       

       

      個人的な見解ですが、10年ほど以前は花粉症で苦しんでいました。

      毎年春のシーズンは点鼻薬を3時間置きくらいにしないと、鼻水が垂れてきて仕事にならない状態です。

      あるとき、呼吸の重要性をクライアントさんにも話す手前、自分自身で呼吸を意識するようになりました。

       

       

      靴を履くときに息を「ハァ〜」

      鍵を挿しこむときに「フゥー」

      力を入れるときに「フッ!」

      つまづいたときに「フイッ!」

       

       

      呼吸が止まると思われるときに意識的に吐くのです。

      人は吐けば勝手に吸いますから、まずは吐きます。

      つまづいたときは、たいてい緊張し体はこわばります。

      そうすると、コケます (>_<)

       

       

      あっ!と思った瞬間に素早く息を吐けば、時間がスローになります。※自分の感覚

      だから、慌てずにつぎの足をどこに持って行けばいいのか一瞬の判断ができるのです。

      おかげで、つまづくけど私はコケません(^^

       

       

       

      そうそう、花粉症ですが日常生活で呼吸を意識するようになってから、だいぶ良くなりました。

      検査上、アレルギー反応は陽性ですので今でも目が痒かったり、時々くしゃみや鼻水が出ますが、ほとんど気にならないほどの症状しか出ません。

       

      薬も一切使用していません。

       

       

      私としては呼吸くらいしか劇的に良くなった理由が見つからないので、そう信じています。

      先日、ヨガの先生と話した時にやはり呼吸で花粉症が良くなったということが聴けましたので、実績がひとつ増えました。

       

       

      呼吸をきちんと行うと鼻などの粘膜がきちんと機能することで免疫力が向上するなんて話もありますから、皆さんもぜひ呼吸力を高めてみてください。

       

       

       

      肋骨の周りにどこでもいいので手の平を軽く当てて大きく深呼吸してみてください。

      手の平を当てていない時と比べて呼吸がしやすくなる場所があるはずです。

       

      胸、脇腹、背中、鎖骨、首、片側ずつ試してみましょう。

       

      各2〜3回位でいいので深呼吸するとその部分がやわらかくなり、手を離した後も呼吸がしやすくなるでしょう。

      積み重ねで呼吸量が増やせます。

       

       

      ※呼吸の動画紹介【ゆるトレ】↓

       

       

       

       

      呼吸はたぶん一番大事な運動です。

      心臓の運動も大事ですが(当たり前です)、自分で止めることはできません。

      呼吸は勝手な運動もしますが、自分自身でコントロールすることも出来ます。

      だから体を動かす運動と同じように考えないといけないと思います。

       

       

       

       

      〜イベント開催決定〜

       

      【健康資産をつくる!オンライン講座!!】

       

       

      ポケジムイベント.png

      3月開催!!

      スカイフィットネス×ポケジム

      コラボイベント

       

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
      エクササイズは対症的!?
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

         

        ご覧いただき、ありがとうございます。

         

         

        健康のために運動をする人が増えたのは良いことです。

        肩こり、腰痛、膝痛、解消のために運動する人も、またどこかの体の不調を改善するために行う人もいます。

         

         

         

        話しは変わり、風邪を引いたら風邪薬を飲む。頭痛なら頭痛薬。痛みには痛み止め。

        本当に心身が辛い時には薬も効果的でしょう。

         

        ただ、風邪薬をはじめ多くの薬が症状を緩和させるためのもので、治すものではないことを理解しなければなりません。

         

         

        頭痛薬を常用する方がいます。

        天候によって頭痛が起きるから、あるいは頭痛が起きそうだから、予防の意味で薬を飲む。

        薬を飲むことを否定するわけではありませんが、このような飲み方では最早プラシーボ効果と言っても過言ではないでしょうか。

         

        頭痛薬が頭痛の症状を完治させるものではないとしたら、一時しのぎの対症的なやり方であると言わざるを得ません。

         

         

        だってこの方、周期的に何年も飲み続けているのですから。

         

         

        このような場合、頭痛が起きたそのものに対してアプローチするのではなく、頭痛が起きた原因を探り、そこにアプローチすることが根本解決につながります。

         

         

        これは頭痛に限らず、肩こり、腰痛、膝痛も身体の多くの問題も同じ。

        肩が凝ったから、肩を揉む・叩く、薬を飲む・貼る、ストレッチするなどのアプローチは、すべて対症的なアプローチなのです。

         

         

        もちろん対症的な方法が全て効果がないとは言いません。

        ただ、習慣的に頭痛薬を飲む人と同じで「繰り返す」だけなのです。

        それなら、症状が出るたびに対症的なアプローチをすればいいと思うかもしれません。

         

         

        けれど人の習慣は文字通り慣れます。

         

         

        慣れれば、薬の効きが悪くなったり、神経が反応しにくくなったりします。

        薬の蓄積も多くなりますしね。

         

         

        薬は何十年も体に残るらしいですよ。

        そういうことを考えるとやはり、アプローチは本元にしたいですよね。

         

         

        最近読んだ本にこう書かれていました。

         

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        現代科学の大きな問題の一つは、製薬会社が、薬によって症状がどのくらい緩和されたかで効果をはかっている点だ。医師は基本的に痛みをなくし、腫れが引き、熱が下がるように薬の処方箋を書く。けれども、すでに現れている症状に薬を与えるのは、車の計器にマスキングテープを貼るようなもので、問題は何も解決していないどころか、車が壊れてしまうまで不調の原因がわからなくなる。細胞に薬を与えて症状を感じなくしてしまうのは、自分をとりまく環境から伝わってくる信号を無視してしまうことにつながるのだ。(一部抜粋)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

         

        思考のパワー/ブルース・リプトン他

         

         

         

        私たちコンディショニングトレーナーも根本にアプローチすべく日々、エクササイズ指導をするのですが、実はエクササイズも対症的なアプローチなのです。

         

         

        膝が痛いという人に膝関節の動きを悪くしている筋肉などを緩めるエクササイズを行い、関節をスムーズに動かせるようにするエクササイズをして、痛みがなくなったところに相撲スクワット!

         

         

        なんてこともありますが、これも全て対症的なんです。(だから対症的アプローチを否定してません(>_<)

        でも頭痛持ちの人が頭痛薬を飲み続けるだけでは、完治しないように、膝痛の人が膝痛改善のためのエクササイズをやり続けるだけでは、完全に良くならないのです。

         

         

        ですから、私たちコンディショニングトレーナーは、本元にもアプローチします。

         

         

         

         

        それは、皆さんが日々の生活の中で行う姿勢や動作の改善です。

        この指導なしでは、頭痛を繰り返すように膝痛を繰り返してしまいます。

        そこには自分自身で日々行っている姿勢や動作を認識することから始めて行きます。

        体に負担をかける姿勢や動作をわかっていただき、それをどのように改善するのか。

         

         

        この根本アプローチがなければ、本当の健康資産はつくれないことがご理解いただけますでしょうか。

         

         

        健康診断の数値にどこも悪い所がなければ健康でしょうか。

        その数値を意識して、検査直前の生活に気を付けたことはありませんか?

         

         

        体の痛みは数値では計れません。

        まして、肩が凝って気分がスッキリしない。

        腰が重くて、頭が痛くて、外出が億劫で・・

        なんてことも数値で計れるものではありません。

        本当の健康とは、御年106歳で昨年ご逝去された日野原重明さんのお言葉がピッタリでしょう。

         

         

         

         

        健康とは、

        数値ではなく、健やかだと感じる「健康感」をもつこと。

         

         

         

         

                            ―――日野原重明

         

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

        〜イベント開催決定〜

         

        【健康資産をつくる!オンライン講座!!】

         

         

        ポケジムイベント.png

        3月開催!!

        スカイフィットネス×ポケジム

        コラボイベント

         

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

         

         

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |