{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
身心を安定させることは、ボディを整えることと同じ
0

     

     

     

     

     

    新年です。

    本年もよろしくお願い申し上げます。

     

    さて、年末年始の暴飲暴食により体形が少々変化した人が少なくないのではないでしょうか。

    かくいう私も正月太りは毎年恒例で、ここ3年くらいは3kg程度の増量で抑えられています。

    普段の生活リズムと食生活に戻ると、だいたい1月後半には元に戻る公算です。

    とはいっても4日から仕事はしていますので、すでに正月気分は終わりました。

     

     

    その体形ですが・・

    自分の理想の体形を目指して、レジスタンストレーニング(負荷を用いたトレーニング)をする人が増えましたが、どうも理想の体形とはかけ離れた方向に行ってしまっている人がいます。

    前回のブログ「お尻を鍛えるには内ももと一緒に」

    に書きましたが、お尻を鍛えたいのにももの付け根外側を鍛えてしまっているケースがあります。

     

     

    当社のお客様ではないのですが、ジムでたまにひと言ふた言ご指導する中年女性がいます。

    とても熱心にワークアウトに励んでいる女性ですが、ある時から脚の調子が良くない。

    股関節が痛いのです。

    歩き方やトレーニングフォームをみると、やはり内股使いでした。

    股関節を曲げる(屈曲)するときに、やや内閉め(内転)・内回し(内旋)の動作をしています。

    歩くときもそうです。

    股関節からしてみると、ストレスのかかる機会の多い状態が続きました。

    そのことはご指摘していましたが、ハードトレーニングの熱意の方が勝ってしまい、ついに人工股関節置換術を受けることになったと別の人から聞きました。

    残念ですが、仕方がありません。

     

     

     

    その後、しばらくしてやはり痛そうな歩き方をしているその女性に会いました。

    人工股関節の手術後でした。

    置換術は両方の股関節で無事行われました。

    新しい股関節に変わったはずなのに、歩き方は以前と変わっていません。

    私「調子はどうですか?」

    女性「まあね」

    まだ痛い様子です。

     

     

    でも、多くの人がそうなんですよね。

    痛みに対しての直接的なアプローチはしてもなぜそうなったのか?には意識が向かない。

    だから痛みを繰り返すのです。

    その「なぜ?」の部分を見つけアプローチすれば、多くの問題が解決します。

    その女性も同じでした。

    股関節の使い方自体が変わらなければ、また痛めます

    だってその使い方で痛めたのですから。

     

     

    私は夢中でその女性に股関節の使い方を説明しました。

    大きな声で、節に「こうすると体が楽だよ」と体に言い聞かせるように。路上にもかかわらず、途中で知り合いにも声を掛けられ、膝をつき説明しました。

     

     

    十数分だったでしょうか。

    今まで辛かったのでしょう。

    一生懸命説明する私の行動に涙しているようにみえました。

     

     

    その女性とはたまにしかお会いしないのですが、それからまたしばらくして「先生!」と明るい声が背後から飛んできました。

    振り返ると、その女性でした。

    顔を合わせると、とたんに「見て!!」とスタスタと歩き始めました。

    一瞬「なに?」と思いましたが、その歩きを見て思わず笑みがこぼれました。

    なんと、違和感のない動作で歩いています。

    以前はどこかをかばう様にヒョコヒョコという感じだったのですが、それは全くありません。

    軽やかな足取りです

    おじぎの動作を見ても膝が内側に向いてしまうことはなくなりました。

     

     

    思わず顔を見合わせてお互い笑顔になりました。

     

     

    この女性は真剣に自分自身の体と向き合った結果、手術をしても痛みがなくならなかったのが、ようやく改善できたのです。

    声を掛けられた時に脚の形をみて気がつき言いました。

    「すごい、脚の形も変わってる!」

    「お尻も後ろに出てる!」

    そうです、痛みがなくなり、動作が楽になって、さらに脚の形も変わったのです。

     

     

    ※イメージ写真

     

     

    タイトルに「心身を安定させることは、ボディを整えることと同じ」とありますが、心身の安定とは次のことを表します。

     

    痛みがなくなることで気持ちが安定する。

     

    動作が楽になることは、関節が安定して動いているから。

     

    すっきりした体形になり、心が安定!(体形の改善がお望みなら)

     

    すっきりした体形は動きやすいし、一般的には見た目にもカッコいいです。

     

    また筋肉のバランスという点では、使っている筋肉と使っていない筋肉の割合を少なくすることでバランスされる(安定する)と定義しています。

     

    関節周りの筋肉の使い方が安定していれば、筋肉や関節の問題は起こりにくいのが分かりますよね。

     

    だから、私たちコンディショニングトレーナーは様々な意味での『安定』を探してコンディショニングを行うのです。

     

    それが上手く行くと、今回の話しの女性のように心が変わり、体も変わることができたのです。

    今回の女性には、たまにしかアドバイスしていません。

    元々、ハードにシリアスなトレーニングをしていることから、体に対しての意識もしやすかったのだと思います。

    ただ、本当に痛みから脱却したいと思った時に、真剣に自分の身体と向き合えるかどうか。

    自分の身体に意識を向けられるか。

    忘れずに行えるか。

     

    改善できる人となかなかできない人の違いはそれだけだと思います。

     

     

    それと、グッド・コンディションをつくるための知識もね!

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

    ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    【TFC取説セミナー】※指導者向け

    2月9日(日)10:00〜13:00

    『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

     

     

     

    【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

    1月19日(日)10:30〜12:00

    2月  2日(日)10:30〜12:00

    料金:500円(税込)!!

     

     

     

     

    初回限定のお得な料金で実施中!!

    『からだの勉強会 -てほどき-』

    ※グループレッスン

    ●1月26日(日)10:30〜11:30

    「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

     

      

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    お尻を鍛えるには内ももと一緒に
    0

      JUGEMテーマ:フィットネス

       

       

      最近はお尻を鍛える人が驚くほどに増えました。

      SNSなどでは自慢の鍛えたお尻を惜し気もなく披露されている女性も多いです。

      スゴイ時代になったな〜と思いますが、お尻を鍛えるのにちょっと残念なケースがあります。

      当社としては基本中の基本なのですが、一般の人にはまだお分かりにならない人がいますので書きたいと思います。

       

       

      それは股関節内転筋(内もも)を鍛えるときによくやわらかいボールなどを内ももに挟み、その脚を閉じるエクササイズを行っている人がいます。

      問題はその挟み方。

       

       

       

       

      写真の脚の形は少し極端ですが、いわゆる内股(股関節内旋位)で挟んで力を入れても効果的に内ももを刺激することができません。

      内股の状態でやわらかいボールでもタオルでも挟み締め付けてみてください。

      内ももに力は入らなくないですが、これは機能的な力の使い方ではありません。

      締め付けているときに外もも特に上部の外ももを触ってみてください。

      脚の付け根あたりです。

      固くなっていませんか?

       

       

       

      脚の形で、ももの外側が膨らんでいる人は、まさにこのような力の使い方をしているのです。

      筋肉で言うと大腿筋膜張筋という筋肉がよく使われます。

       

      しかも!

       

      内股で閉めているときにお尻の筋肉はどうなっていますか?

       

      たるたる(嫌な響きです)ではありませんか?

       

      内股で脚を閉じる運動をすると絶対にお尻が締まらないのです。

       

      なぜならそう決まっているから。

       

      解剖学がそうなっているんですよね。

       

      それに内ももを機能的に使うときには、お尻の筋肉も同時に働くべきです。

       

      スクワットがまさにそう。

       

      お尻を締めるのに内股では締まらないのです。

       

       

       

      この高齢者の閉め方がグッド!

       

      よくわかっておられますねー。

      (実際にはそうなるような姿勢や体の状態だと推察しますが)

       

       

      脚を閉めるときにお尻も閉めるように力を入れてみてください。

      そのときに内転筋が協働して上手く使えるようになります。

       

       

      ボールを使わなくてもできる内転筋とお尻を刺激するプリエ・エクササイズはこちら。

       

      https://www.youtube.com/watch?v=wx9bzNpeIW0

       

       

      そして、ボールを挟むエクササイズで感覚を掴んだら、是非ともスクワットを行いましょう!

       

      スクワットは総合的に脚を鍛えてくれます。

      歩くだけでは筋肉は鍛えられません。

      スクワットこそ、いつまでも動ける体をつくる

      King of Exercise」です。

       

      でも、私たちのセッションでは「よしやるぞ!と構えてスクワットをしなくていいですよ」とお話ししてます。

      何回何セットとか、ワークアウトでやる人以外でしたら、回数も決めなくていいです。

      適当に気が向いたときや隙間時間に23回なんて感じでいいです。

       

       

      大事なのは、それを習慣づけること。

      忘れない事です。

       

       

      生活動作では一日に何回も立ちしゃがみ、あるいは屈む動作を行いますよね?

      ずっと前に一日中ほとんどしゃがむことがないという人に会ったことがありますが、多くの人が生活動作で股関節を90度近く曲げることをすると思います。

      そのときに内股にならず、つま先の正面からみて膝とつま先の向きをそろえて行ってください。

      それは脚やお尻を鍛えるエクササイズになります。

       

       

      せっかく動作するのだから、体が得する動作をした方が体も喜びますよね!

       

      脚の形を綺麗にするにも、慢性的な痛みを改善させるもの、やることは同じ。

      意識から変化は始まります。

       

      https://www.youtube.com/watch?v=hC0hhJwO12o

       

       

       

      素晴らしいお尻と脚です!

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

      【TFC取説セミナー】※指導者向け

      2月9日(日)10:00〜13:00

      『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

       

       

       

      【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

      1月19日(日)10:30〜12:00

      2月  2日(日)10:30〜12:00

      料金:500円(税込)!!

       

       

       

       

      初回限定のお得な料金で実施中!!

      『からだの勉強会 -てほどき-』

      ※グループレッスン

      ●1月26日(日)10:30〜11:30

      「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

       

        

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

       

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
      良くなりたい人の思考・良くなりたくない人の思考
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

         

         

         

         

        コンディショニングセンターでは、人々の健康維持の助けになる運動指導をしています。

        また、体の痛みを改善したいという方のご指導も数多く行っています。そんな指導の中で、痛みに対して敏感というか、痛みにしか意識が向かない人がいらっしゃいます。

         
         

        脚や腰周辺の痺れを訴える方ですが、こう動くと痺れが出る。これは楽。また少し動くと、「あっ!出てきましたね」と痺れる姿勢や動作を探しているようです。

        病院の検査などでは詳細に調べ、なぜ痺れが出るのかを見つけようとしますが、この方の痺れは医学上問題は見つからないそうです。

        何かをしようにもその「あっ!出てきた」で中断するので上手く進みません。

        動作が止まるほどの激痛ではないので、大丈夫なはず?とこちらは考えますが、いかんせんその痺れを取りたい気持ちばかり先走ります。

         

         

        御薗治療院中村秀一先生の治療みたいにスパッと痺れが取れればスゴイのですが、そんなに簡単ではありません。

        結局、痺れの起きない姿勢や動作のみのセッションになり、体は楽になったものの痺れは取れず。

        今までに様々なところへ行かれたようですが、一度のセッションでは目的達成とは行かなかった例です。

         

         

        でもこのお客様が初めていらっしゃる前に何となく感じていたんです。

        「ちょっと難しそうだな」と。

        ご紹介なのである程度どんな状態なのか聞いていましたが、いらっしゃる前の雰囲気を察知していたように後で「やっぱりな」と思いました。

        まあ、こういうこともあります。

        お客様の痛みに対する捉え方、意識の仕方も大いに関係します。

        何度か継続できればどうだったかなーと言い訳しておきます。

        あとお客様自身で良くしようとする意識がないと、こういうケースは難しいです。

        当然、良くなりたいと思っていらっしゃいますが、「良くなりたい」と「良くしてもらいたい」ではスタンスが違います。

         

         

        後者だと基本的に他人任せ、その場で良くならなければそれ以上の評価はありません。

        「良くなりたい」人は、良くするための取り組みをされますので、ほとんどの人が良くなります。

        マジックのような治療や調整はありません。(一見マジックのように見えるものもありますが、きちんと筋が通っているのです。まさに前述の中村先生の治療です。)

         

        体のコンディションを整える時には“思考”の部分が大きく影響します。体を健康にするための道筋を理解して、実践して行けばほとんどの人が元気になれます。

         

         

        一方、膝痛でご来店したお客様も色々な治療などに行かれたそうです。

        気功治療も体験したそうですが、やはり良くならない。

        膝をある程度曲げると痛みを感じますが、まずは膝の状態を確認したら後は膝に目をくれず、全身のこわばりや体の動いていない部分をチェックして、調整しました。

        膝はだいぶ深く曲がる様になりましたが、無理をせずに日常での体の使い方、特に股関節や腰肚の部分をご指導しました。

         

         

        セッションして数日後、「なかなか調子が良いです」とご連絡をいただきました。

        この時2度目のセッションをしていないのでどうのようなことを注意して生活できたかお聞きしていませんが、どこに行っても良くならなかったものが、1度のセッションで良くなった例です。

        もちろん、お客様の意識の高さや痛みに対しての取り組み方がそうさせたのだと思います。

         

         

         

        同じ指導者が行うセッションでも「良くしてもらいたい」スタンスの人と、

        「良くなりたい」人では、体への反応が全く違うということがあります。

        コンディショニングセッションは、マッサージのように「体丸投げ」ではありません。

        調整したり、お客様の知らない体の使い方をご指導したりしますが、結局体を動かす張本人はお客様ご自身です。

        体を動かさないことには、元気にはなれません。

        その動かし方のご指導をします。

        そして体の動いていない部分を動かすご指導をして、初めて動いていない部分が循環して滑らかに動いていきます。

        闇雲に動かしても日頃動いていない部分は、いつまでたっても使えません。

        動ける状態をつくり、動かすコツを知って、ご自身で実践できることが健康づくりには大切です。

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

        初回限定のお得な料金で実施中!!

        『からだの勉強会 -てほどき-』

        ※グループレッスン

        ●12月15日(日)10:30〜11:30

        「小さな動きでカラダを整える!膝痛、腰痛、肩痛なんでもOK」 

         

         

        ・【TFC取説セミナー】

        2020年2月9日(日)10:00〜13:00

        『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

        ※指導者向け

         

         

         

        ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |