{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
心身一如〜外部意識と内部意識のバランス〜
0

    JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

     

    ご覧いただきありがとうございます。 

     

     

    前回のブログで健康に関する自己管理と予防には、自分の身体を知ることから始めるのがとても大切です。と書きました。

    その中で自分を知ることについて今回は書いてみたいと思います。

    私たちは常に外部環境の影響を受けています。

     

     

    まず一番に考えられるのが、重力です。

    いつどんな時も重力と情報をやり取りしているのですが、それを感じながら生活してる人は少ないですよね。

    例えば先日の指導で、背中、肩の緊張が取れたところで、肩甲骨を動くべく方向へ数回動かしました。

     

     

     肩甲骨の動かし方。

     

     

     

    その後、どう感じますか?の問いに、

    「あー腕が重〜い!」のリアクション。

    予想通りの返答が嬉しい瞬間でした。

    腕が重いという表現は、腕をぶら下げている上背部の筋肉の緊張が抜けたことによって本来の腕の重さを感じたと言うことです。

     

     

    それだけ普段は肩(上背部)の筋肉で腕を引っ張っていたということです。

    中には何も感じないというか、自分の体に起こっていることを言葉に表現できない人、あるいはそこまできちんと向き合わない人などいますが、日々ハードワークをこなすキャリアウーマンのお客様だからこそ感じて頂きたかったのです。

    まさにこれが重力との情報交換を認識した瞬間でした。

     

     

    それから外部環境です。

    外から移り変わり情報がやって来ます。

    それはやって来ることもあるし、自分でつくることもあります。

    どういうことかというと。

     

     

     

     

     

     

    パソコンに向かいブログを書いています。

    作業しながらコーヒーを飲みます。

    リラックスできるようなクラッシックを流します。

    電話が鳴ったので対応します。

    外で子供が看板を面白そうに見ています。

    これらすべて情報とのやり取りです。

    何気なくやり過ごしますが、一つひとつは外部環境との接触なのです。

    このような情報交換の際に自分を知る意識を持つと体は運動したことになります。

     

     

     

    パソコンのキーボードを打つ姿勢を意識します。

    腕の角度、座位の骨盤の位置、背骨の形状、首の位置、目線、指や手首の使い方など。 

     

     

     

    コーヒーを飲む意識をします。

    カップに手を伸ばす。中身の残量を見る。温度、味をみる。カップを置く。 

     

     

     

    クラッシックの音色を感じる。時に好きな曲のピアノが鳴る。音を感じ、脳で聞いています。 

     

     

     

    電話に対応するために一旦ブログの思考を止め、着信番号を見て、受話器に手を伸ばします。対話し受話器を置く。 

     

     

     

    ブログを書きながら、外の光景が気になったので確認すると、子どもが看板を指さして笑っています。「あっ子どもだ」

    「うちの看板を見て指さして楽しそう」

    「大人はいいからと手を引いてしまう」 

     

     

     

    すべて外部との情報交換です。もちろんこの中に内部の感覚や意識があり、相互に内部と外部を意識が行き来します。 

     

     

     

    これは私のことですが、実際に言葉に書いてみると、このような意識の元、ブログを書く作業をしていました。

    他にも首やアゴの緊張を意識して感じます。

    軽く噛み締めている時があります。

    意識がなければ、このような緊張に気づけません。

    歩く時も胸で腕は振れているか?接地は股関節?離地は母指に抜けているか?

    など感じながら歩きます。

    では、この作業を意識なくやったらどうでしょうか?

     

     

     

    無意識にコーヒーを飲む。

    音楽が鳴っていることを忘れてしまう。

    電話の音に対し、作業を中断させられたことから「もぉー!」と憤る。

    子どもに対して一目見て目をそらす。 

    ただ急ぐことだけ考えて歩く。

     

     

     

     

     

     

    体が固まると思いませんか? 

    特に自分の体への意識がなく作業していると、どんどん体の循環は低下します。

    意識の元、体を動かしていると体温は下がりません。 

    何かに夢中になることがいけないわけではありませんが、それにとらわれては体は固まります。

    外部への意識ばかりになり、自分の内部への意識がなくなるからです。

    ずっーとパソコンでブログを書くことに意識が向いていると、頭も使い、体は固まり、とても疲れます。

     

     

     

    ところが、自分への意識を持つと、不思議と前者とは体の疲れ方が違います。

    頭を使い体を固めると、ぐっすり眠れません。

    けれども、心身をほどよく使うと心地よい睡眠がとれます。

    心身のバランスを取り、仕事や日常生活を過ごすことで、身体の諸問題が起こりにくくなり、楽な身体をつくることができると思っています。 

     

     

    そんな意識の使い方を7月のセミナーで少しやろうと考えています。

    興味のある方は、お早めにお申込くださいませ。

     

     

     

    2018-06-13 (2).png

     

     

     

     

     

     

     

    SPORTEC2018 【指導者向け】 

    2018年7月27日(金)15:00〜17:00

    『アクティベートメソッド〜動きが目覚める活性法』

    講師:本橋正光

     

    お読みいただきありがとうございました。  

     

     

     

    健康体操.jpg

     

    【まずは1,080円で体験してみませんか?】

    “有資格者による健康予防プログラム”

    あなたに必要な運動が凝縮された30

     

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    自己管理と予防を学ぶには、まず自分を知ることから
    0

       

       

      ご覧いただき、ありがとうございます。

       

       

      前のブログに10日間で根本的につま先の向きを変化させたお客様の話を書きましたが、今度は立位での骨盤の位置を変えてくださいました。

       

       

      「日日是運動」2018.4.30掲載

       

       

      これまでのご指導はわずか2回。

      1回目でつま先の向きを変えるようご指導して、

      2回目では、立位で骨盤の位置を後ろに変えることをご指導させていただきました。

      そうしたら、3回目のご指導時には見事、立ち姿勢がガラッと変化し、自然な立ち方が板についていたのです。

       

       

       

       

      ご本人いわく、

      「立つのってスゴク楽になった!」

      「こんなに力を使わなく立てるんだと思った」

      とおっしゃっていました。

       

       

      お体を触ってみると、以前はパンパンに張っていたふくらはぎや腿の前や外側の筋肉がやわらか〜くなっていました。

      やわらかいですよ。と言ってもご本人にはすでに自然なレベルになっているので、

      「そうですかー」と言う程度。

      問題のない部分て気にならないものです。

       

       

      おかげで調整する手間が省けました。

       

       

      このお客様のお言葉で印象深かったのが、

       

       

       

      「こんな簡単に変わるんだから、皆やればいいのに・・」

       

       

      です。

       

       

       

       

      確かにお金も道具も使いません。(ご指導料金はかかっていますが (^_^;)

       

      だから簡単と思ったのでしょう。

       

       

      でも中には簡単に出来ない人もいます。

      いや、簡単に出来ない人の方が多いでしょう。

      なぜでしょうか?

       

       

      ひとつには、それをやろうとする意識の高低の問題かと思います。

       

       

      立ったときに骨盤の位置を後ろに意識する。

       

       

      意識だけの問題で他に何もいりません。

       

      立つ度に意識していれば、やがて自然と出来るようになり、さほど意識しなくて済むようになります。

       

      おまけに肩こり、腰痛など、体の問題も起きにくくなり、健康になれる。

      このお客様からすれば、やらない方がおかしいと考えたのです。

       

       

      これがコンディショニング指導をしていて、一番のジレンマかもしれません。

      「やれば変わるんだけどね〜」

      と思うのはトレーナーの側でお客様はすぐにはそう思わない。

      できるだけ、その理解をしていただけるよう、また意識改革していただけるよう日々努めているところです。

       

       

       

      また股関節痛でまともに歩けない中年男性は、ご来店時にはびっこを引いていました。

      問題の左股関節をみると、確かに自然の動きとはかけ離れた動きをしています。

       

       

      これはおそらくアンバランスな座り方を長い間してたことでそうなっていると思いましたが、立つことに支障はありませんでした。

       

       

      ご自身で立ったり歩いたりしていただくと、痛みが出るのですが、きちんと股関節に荷重すると、「痛くない」んですよね。

       

       

      過去には変形性股関節症と診断されたようですが、股関節に対してのストレスに痛みの反応はありません。

      だから、股関節に上半身の重さがかかるように歩けば痛みなく歩けるのです。

       

       

       

       

      ご本人が痛くないとおっしゃるのですからね。

      股関節を機能的に使ってジャンプも出来ましたよ。

      趣味でバスケットボールをされる方なので、また以前のように楽しみたいと目標を持っています。

      やはり、ここにも体の使い方で身体への負担が変わることがわかると思います。

       

       

       

      一方、仕事や日常生活でのやることが山積みで、生活の中で姿勢や動作をいちいち気にしていられない!という方もいらっしゃいます。

       

       

       

       

      治すときは病院や治療院で一発で治す!と豪語します。

      一発で治ればいいんですけどね。

       

       

       

      自然から逸脱した姿勢や動作が積み重なって呈した痛みというのは、

      多くが一発で治るようなものではありませんし、すり減った軟骨が一発で元通りになることはないし、変形した骨がすぐに元通りになることはありません。

       

       

       

      このような人は、自分の身体を健康にするための道筋を間違えていると思いますが、仕事や生活だけに意識をして自分のことには意識を向けないという生き方です。

       

       

       

      それもひとつの生き方ですが、自分の身体に意識を向けないと自分の身体に対しての感覚が鈍くなります。

      いざ運動するにもどこをどう動かしているのか、どんな格好をしているのかさえ分からなくなり、運動しているとは言えない状態になります。

       

       

       

       

      病気や身体の痛みを抱えている人って、

      自分の身体から発せられていた様々な訴えを無視して無理をしている人が多いんですよね。

       

       

      自分の身体が訴えていたことに気づけない鈍感な感性だと、気づいた時には破綻しているなんてこともあります。

       

       

      だから私たちコンディショニングトレーナーは、ただ運動指導するだけでなく、日々の姿勢や動作、食事や栄養、セルフエクササイズの指導をします。

       

       

      病気やケガをしたときに重要なのは、どれだけ自分自身で治すための取り組みを行うか、なのです。

       

       

       

       

      それを不特定多数を対象とした「腰痛を治すのはこれ!」みたいなものを見て実践しても、たまたまを除いて良くなることはほとんどありません。

      仮にその時に良くなっても根本的問題にアプローチできていなければすぐ元に戻りますし、再発を防ぐ本質的なケアにはなり得ません。

       

       

       

       

      大切なことは、

      他人任せにしないで自分自身で心身をコントロールする方法を身に付けることです。

       

       

      自分に合ったセルフケアを見つけるのは専門家の力を借りた方が適切です。

      実践していることが意味をなさないばかりか、悪化するようなことをやっている人もいらっしゃいますから。

      本末転倒なことをしたら体の不調は改善できません。負のスパイラルにはまることになります。

       

       

       

      私たちコンディショニングトレーナーは、「未病」を改善します。

      未病とは、医療検査での所見では問題がみられないけど、すでに体が病み始めている状態のことを指します。

      西洋医学では原因となる疾患があって症状が出ると考えられていて、その原因を取り除けば病気が治ると考えます。病巣を取ってしまえば病気でなくなる。ちょっと乱暴ですがそんなような手法です。

       

       

      でも、多くの人が身体の問題を感じているのに「原因はない」と言われてしまいます。

      それは原因を探してもみつからなかったからです。

       

       

       

      私たち人の体はそんな単純なものではありません。

      目に見える原因があるから病気、ではなく身体から感じる不調を良くするために未病を改善する。

      そのような考えでコンディショニングセッションだけでなく、ご自身で身体を健康にするためのセルフケアをご指導しています。

       

      一度、ご体験ください。

      今なら体験版実施中です!

       

       

      でも、健康になろうとする意識や姿勢がないと、つまり自分の身体から発せられる声に気づけないと、そもそも不調であることに気づけません。

       

       

      健康に関する自己管理と予防には、自分の身体を知ることから始めるのがとても大切です。

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

       

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      正誤を求めるより今必要なことを探す−正誤求愚也−
      0

         

         

        ご覧いただき、ありがとうございます。

         

         

        健康に興味を持つ人が増えましたね。

        フィットネスジムでも自分の体を洗練させるために足しげく通う人がホントに増えましたね。

        ジムでは特に女性トレーニーの頑張りが目立ちます。

        ガンガン自分を追い込んでますからねー。

        スゴイですよ。



        健康のためと言えば、ジョギングやウォーキングをする人も増えてマラソン大会も人気だし、健康食品や健康器具関連も枚挙にいとまがありません。

        そうなると、問題は情報の信ぴょう性です。

        なにが良くて悪いのか、その情報は私利のために良いと言っているのか、本当のところを理解するのってすごく難しい時代になっています。

         

         

         

         

        健康と言えば、人間ドックなどの検診では、「異常なし」と言われる人よりも、異常を指摘される人の方が圧倒的に多いという事実をご存知でしょうか?

        実に多くの人々が人間ドックでなんらかの異常を指摘されているのです。



        検査値には標準値が定められています。

        100人を検査すれば80人程度がその範囲内に収まるという数値です。

        これは統計学で割り出された平均値のことです。

         

         

        この平均値からはみ出せば「異常あり」となり、検査精度が高くなればなるほど、些細な違いに敏感に反応し、「異常あり」となってしまいます。

        そもそも人間の健康状態は統計に基づいた数値できっちり割り切れるようなものではありません。

        検査前に寝不足が続けば検査結果に影響するし、逆に検査前に生活習慣を改めれば本来よりも良い結果が出ることになります。

         

         

         

        生体は十人十色で、たとえば生まれつき血圧が高い人や低い人がいます。

        こうした人は実は異常とは言えないことが多く、すべての人を標準値に近づけようとすれば、かえって健康を損なう恐れもあるのです。

         

         

         

        その違いが「個体差」で、それに注目して検査をする医者は皆無に等しいようです。

        各項目の平均値だけで「異常」と「正常」の間に単純な線を引き、わずかな誤差が「異常」と診断される。

        厚生労働省が「病気の予防」として勧めるのは人間ドックや健康診断です。

        こまめに体を点検して、不具合は少しでも早く発見し治療しましょう、という考えです。

         

         

         

         

         

        けれども不具合を発見した時、つまり早期発見とは、すでに病気にかかっている状態を言います。

        この時点で行うのは病気のさらなる悪化を食い止めることで治療を受けることになります。

        ということは、検診が「病気の予防」になるというのは矛盾が生じます。

         

         

         

        もちろん、すでにかかってしまった病気に対しては、この早期発見も意味があることはわかります。

        早期発見から早期治療にあたることで、多くの命が救われているのも事実です。

        検診を否定するわけではありませんが、「人間ドックや健康診断こそが、病気の予防になる」と考えてほしくないのです。

         

         

        これは、トリックではありませんか?

         

         

         

        「早期発見」を「予防」と捉えてしまい、検診をして「異常なし」のお墨付きをもらえば大丈夫と安心する考えはちょっと違うなーと思います。

         

         

        検査では見落としもあります。

         

         

        血液検査でも見つかるような“ありふれた頻度の高い病気”を短時間で大勢診る健康診断のシステム自体に大きな問題を抱えていると指摘する有識者もいます。

         

         

         

         

         

        私たちはいかに病気を「予防」するかに意識を向けていくことが大切です。

         

         

        健康な体でいるために検診を欠かさず受ける意識ではなく、病気を予防するためになにをするか、に意識を向けて情報に触れ、実践して行くことが健康体をつくるための本質的行動であります。

         

         

        食事も運動も情報の捉え方は同じです。

         

         

         

        テレビや雑誌でこれがいいと言われたものに飛びつく国民性が強い日本人は、自分自身でよく調べることもなく鵜呑みにしてしまうことが多いようです。

         

         

        ハッキリ言って難しいことは分からないですが、見識高い人を見つける眼を養い、そのような人からの情報を受け、自分で判断できるようになりたいものです。

        意識を持って鍛えれば情報や人物の玉石が見分けられるようになります。

         

         

         

        今回の内容は一部下記の図書から抜粋して書いています。

        見識高い三石巌先生が書かれたものです。

        健康の参考書としてわかりやすくまとめられていますので、是非ともご一読ください。

         

        ・著書:健康常識100のウソ 間違いだらけの「家庭の医学」/三石巌

         

         

         

        今回のブログのタイトル

        「正誤を求めるより今必要なことを探す−正誤求愚也−」

        の−正誤求愚也−は私の考えた言葉で、

        正解や間違いだけを求める行為は愚かです。という意味で、

        学校で教わることはみな正解を求めますが、社会ではそうではありません。

        数学の問題を解くことが目的なら正解は一つです。

        けれども、正解は見方が変われば誤りにもなり得ます。

        見る方向によってその時の正解はいくつもあると言うことです。

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

        ●専門家向け講習会!!

         

        からだをゆるめる9.jpg

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        sky25.jpg

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

         

         

         

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |