{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
愚痴をこぼすと良いことないですね〜
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

     

     

     

     

     

    高齢になると精神的な面から活動力が落ちてしまうことがよくあります。

    自分がダメと言い聞かせてしまっている人がいます。

    耳が悪い、反射神経が鈍くなった、どこどこが痛い。

    それぞれ加齢による能力の低下からは逃れられません。

    どんなにあがいても避けることは出来ない真理です。

    それに抗うと精神が苦しくなります。

     

     

    精神が追いつめられると、体のどこかに問題が生じてきます。

    心と体が一緒だと考えられない人がいらっしゃいますが、一つなんですよね。

    心身一如と言う言葉がありますが、それを西洋医学では別々に捉えるようになりました。

    心は見えないから、可視化できる部分を医療として診断し、対応することになったのです。

    だからと言って医療を軽視するわけではありませんし、大きく進歩した医療から私たちは多大な恩恵を受けているのも事実です。

     

     

    ただ、医療で何とかしたいと思っていても良くならない人が多くいるのも事実。

    それは焦点が少しずれていたり、精神面を切り離していることが問題になっていることもあります。

     

     

    膝が痛いと言って歩き方を見ると、あきらかに膝下が捩れた動作をしている。

    これでは、膝下の筋肉はパンパンで炎症もあります。

    常に膝にテンションをかけたまま歩いているのですから、問題が起こって当然だと思います。

    この膝下の捩れを直さずに医療で治せるでしょうか。

    炎症を抑える薬を使い、湿布薬を貼り、安静にしていて、良くなると思いますか?

    医療で良くしたいと思っていても焦点がずれているケースです。

     

     

    このような場合の膝下の腫れは、少しアライメントを整えたり、足の指などの影響を与えている部位を調整すればすぐになくなります。

    問題がなくならなければ、いつまでもテンションはかかっていますから良くならないんですね。

    いくら薬の力を借りようとも。

    視点が違うのです。

     

     

     

    ※イメージ写真

     

     

    80歳代の男性で、もうヨチヨチ歩きの方が来店しました。

    また以前のようにきちんと歩けるようになりたいとのことですが、体力の低下が著しく何かあればすぐに廃用性症候群(安静状態が続くことによって起こる様々な心身の機能低下等)になります。

    きちんと3分座ることもできない状態です。

    これまでデイサービスで運動してきたが、ついていけないとのことでやめたそうです。

    自分では運動しないし、外もほとんど出歩かない。

    これはまずいと思い、130分週2回の運動をお薦めしました。

    30分と言っても動き続けるわけではありませんしできませんので、座位と立位での運動、それと起立−着席運動を実施しました。

    2週間経過したところで立つ動作をみると大分速い動作で立てるようになり、このまま継続してどこまで回復できるかと楽しみでした。

     

     

     

    ただ、その後。

     

     

    「運動をやり過ぎた」とのことであっけなく終了となりました。

     

     

    以前のように歩けるようになり、また京都に行きたいと言っていました。

    ちょっとでも転んでしばらく安静にしていたら、すぐに動けなくなります。

    骨折したら、寝たきりになるかもしれません。

     

     

    私も精一杯の情熱を伝えたつもりでしたが、それが重荷になったのかもしれません。

     

     

    ただ、運動はたいしたものではないし、実際に良い方向へ行きかけた時でしたが、ご本人が辛いと感じるのでしたら失敗と言わざるを得ません。

    やらなければ、落ちてしまうこともあります。

    歩かなければ次第に歩けなくなるのです。

     

     

     

    トレーニングの原理・原則には、特異性の原則と言うものがあります。

    トレーニングの種類によって鍛えられる機能・能力が変わります。

    持久走で筋力の向上が期待できないというようなことです。

    きちんと立たなければ立てなくなるし、自分の体重が満足に受けられない状態ではまず自身の体をきちんと支える能力をもたないとなりません。

     

     

     

    この男性は、セッション中よく言いました。

     

    「なんでこんなになっちゃんたんだろう」

     

    「前はもっと脚がしっかりしてたのに」

     

     

     

    これは精神が追いつめられた結果、口にした“愚痴”です。

    外を一緒に歩いてくれる人がいないので一緒に歩きましょうと言った時は、

     

     

     

    「もう少し体力がついてから」と言いました。

     

     

     

    そんな時間はないですけどね。と思いましたが、ご本人がやらないと言うのですから無理強いはしませんでした。

    この方の経過を知ることはできませんでしたが、精神的な面から体をダメにしてしまうケースだと私は思いました。

     

     

    以前とは比べものにならないくらい体力が落ちてもそれを事実としてだけ受け止める。

    そして、以前とは比べない、仮につい比べてしまってもその事実だけを見て、それについて余計なことを考えないことで愚痴を言うことを止めることが出来ます。

     

     

    愚痴とは、仏教用語で愚かなことであり、莫迦の語源とされています。

    根本煩悩である貪欲(とんよく)「むさぼりですね」と瞋恚(しんに)「怒りです」に愚痴を加えた3つを三毒(さんどく)と言って、人の心を悩ます根源と考えています。

     

     

    「愚痴をこぼす」とは、心愚かにも、言ってもしかたのないこといいます。

    心が悩めば、体に影響を与えます。

    体に影響を与えることを精神面からやっていても医療では解決できません。

    膝痛が良くなっても愚痴をこぼしていると、また痛くなるか別の問題が出てきます。

     

     

    心と体はひとつ。

     

    この言葉の意味を別の視点で考える契機だった2週間でした。

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

     

    2018-08-30.png

    身体習慣チェック

    学校では教えてくれない!

    〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

     

    詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

     

     

     

     

    健康体操.jpg

     

    【まずは1,080円で体験してみませんか?】

    “有資格者による健康体操プログラム”

    あなたに必要な運動が凝縮された30

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    日日是好日−お茶とコンディショニング−
    0

      JUGEMテーマ:フィットネス

       

       

      ご覧いただき、ありがとうございます。

       

      ブログタイトルと同名の映画を観てきました。

      故・樹木希林さんが出演していて哀悼の気持ちもあり、この話を実写版でやってくれたんだ〜

      とすぐチケットを買いました。

      嬉しかったですね。

       

       

       

       

       

      実はこのお話は作家の森下典子さんの同名エッセイを元につくられました。

      エッセイの副題には、《お茶が教えてくれた15のしあわせ》とあります。

      お茶の稽古を通してひとりの女性が成長する中で体験していく葛藤や感動を綴ったエッセイですが、「お茶」の稽古で得た感覚を表現しているだけで、お茶の本ではないんですよね。

      日本人に馴染みの「お茶」の世界から多くの生きる教えを目の当たりにすると思います。

       

       

      私のご一読オススメの本です。

      「日日是好日」《お茶が教えてくれた15のしあわせ》

       

       

       

      映画を上映しているのでアマゾンでは在庫切れみたいです。

       

      世の中には、「すぐわかるもの」と、「すぐにはわからないもの」の二種類があります。

      すぐにわからないものは、何度か行ったり来たりするうちに、後になって少しずつじわじわとわかりだし、「別もの」に変わっていく。

      そして、わかるたびに、自分が見ていたのは、全体の中のほんの断片にすぎなかったことに気づく。

      「お茶」ってそういうものなのだ。

      とエッセイのまえがきにあります。

       

       

       

      日頃の指導でもありますが、実は簡単ではないことをすぐに分かりたがる人がいらっしゃいます。

      生まれて初めて聞くことなのに、今すぐに出来ないと納得いかない。

       

       

      お金をお支払いただいているので、分からないこともないですが、繰り返し経験して行くことでハッとわかったり、気づくことってたくさんあるんですよね。

      また、いつの間にか出来ていることもあります。

       

       

       

      著者の森下さんは、「お茶」を始めた頃、ただの行儀作法としか思っていなかったそうです。

      鋳型にはめられるようで、良い気持ちがしなかった。それに、やってもやっても、何をしているのかわからない。

       

      1つのことがなかなか覚えられないのに、その日その時の気候や天気に合わせて、道具の組み合わせや手順が変化する。

       

       

      季節が変われば、部屋全体の大胆な模様替えが起こる。

      そういう茶室のサイクルを、何年も何年も、モヤモヤしながら体で繰り返した。

       

       

      このようにして、「お茶」の稽古から少しずつ何をやってきたのか分かるようになってくる。

      生きているとそういうものってあります。

       

       

       

      私の好きな一節を抜粋します。

       

      《すると、ある日突然、雨が生ぬるく匂い始めた。「あ、夕立が来る」と、思った。

      庭木を叩く雨粒が、今までとはちがう音に聞こえた。

      その直後、あたりにムウッと土の匂いがたちこめた。

      それまでは、雨は「空から落ちてくる水」でしかなく、匂いなどなかった。

      土の匂いもしなかった。

      私は、ガラス瓶の中から外を眺めているようなものだった。

      そのガラスの覆いが取れて、季節が「匂い」や「音」という五感にうったえ始めた。

      自分は、生まれた水辺の匂いを嗅ぎ分ける一匹のカエルのような季節の生きものなのだとういうことを思い出した。》

       

       

       

      この体験を通じ森下さんは「生きてる」って、こういうことだったのか!と鳥肌が立ったそうです。

       

      私はとても大好きな一節であり、大切な本です。

      様々なハウツー本では決して学べない、長い体験から悟った言葉が色鮮やかに描かれています。

       

      結局、立ち方、歩き方、姿勢もこれと似たようなものだと思うんです。

      いくら、これが楽な姿勢!

      と、ご指導しても数時間か数日すると分からなくなってしまうことがあります。

      でも、その分からない葛藤の中で繰り返し繰り返し、やっていくことに意味があり、そのような意識(心の姿勢)で取り組んでいただける人は、悟ることができると思います。

       

       

       

      この場合の悟りとは、大袈裟なものではなく、ある道を進んでいたら出逢うことのなかった事柄に別の道を進んだことによって出逢えたようなものを言います。

      頭でわかろうとするとわかりません。

       

       

       

      森下さんは、「お茶」のサイクルを何年も何年も、モヤモヤしながら体で繰り返した。

      とあります。

      雨をガラス瓶の中から眺めているうちは、頭で考えている段階です。

      やがて、ガラスの覆いが取れると、初めて雨の「匂い」や「音」を知ることができた。

      「雨」が全くの別物になった瞬間です。

      あるいは、新しい「雨」を経験した瞬間でもあります。

       

       

       

      それには、時間が必要なこともあるのです。

      森下さんは著書の中でこのような悟りの瞬間が時々やってきたとといいます。

      それは、このようなイメージで書かれています。

       

       

       

      《自分でも気づかないうちに、一滴一滴、コップに水がたまっていたのだ。

      コップがいっぱいになるまでは、なんの変化も起こらない。

      やがていっぱいになって、表面張力で盛り上がった水面に、ある日ある時、均衡をやぶる一滴が落ちる。

      そのとたん、一気に水がコップの縁を流れ落ちたのだ。》

       

       

       

      ある日を境に突然、視野が広がるそうです。

       

       

       

      突然と言ってもそれは、コップに水を溜めている段階では葛藤が続くこともあります。

      でも、一滴一滴を落として行けば、確実にコップいっぱいに近づいてきます。

      それがいつかはわかりませんが、コップの水があふれる瞬間を楽しみにコンディショニングをしていただけるといいなと思います。

       

       

      もちろん、少しずつの変化やその場での大きな変化もあります。

      でも、コップの水の表面張力の均衡をやぶる一滴は簡単にはやって来ません。

      それを頭で考えているうちはガラス瓶の中です。

      全体の中のほんの断片しか見ていないかもしれません。

      モヤモヤしながら体で繰り返すことも必要だと私は考えています。

      それをイライラしながら訝るか、ワクワクしながら楽しむか。

      心の捉え方が進む道を決めてくれます。

      同じ道でも行ったり来たりしていると、いつか「別もの」になっていることがあるでしょう。

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      映画「日日是好日」上映中

      http://www.nichinichimovie.jp/

       

       

       

       

       

       

      2018-08-30.png

      身体習慣チェック

      学校では教えてくれない!

      〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

       

      詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

       

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

       

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      GOKIGENはGENKIをつくる!〔ご機嫌は元気をつくる!〕
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

         

        ご覧いただき、ありがとうございます。

         

         

         

         

        日々の指導で気づくことは、多くの人の感覚が鈍いと言うこと。いや、鈍いのではなくて感じにくくなっていると言った方が適切です。

         

        普段取っている姿勢が曲がっているけど、いつもその姿勢ならそれがその人にとっての自然な姿勢となります。

        真直ぐの姿勢を知らないから比べようがない。

         

        これが鈍いと錯覚させます。

         

         

        自分の姿勢がどんな状態なのか、どう変わったのか、どう動かしているのか、分からない人はたくさんいます。

        座ったまま脚を持ち上げると膝が内側に入って行くのを、鏡をみてもわからないという人はいます。

        自分がどう変わって、どんな感覚なのかを認識しないと身体は変わりません。

         

         

        “慣れという悪癖”は心身の感覚を鈍くさせます。

         

         

        感覚が鈍いのが問題ではなく、慣れていることに問題をみるところが大事だと思います。

         

         

        私の指導でも同じで、マニュアル的に仕事をすると感覚が鈍ります。

        自分の脳や体への刺激が一定の水準で留まるからです。

        新鮮な空気を吸うと気持ちがいいのと同じように、一回一回クライアントの体の状態を感じ、対応して行くことが慣れを防ぎ新鮮な発想を生むきっかけをつくります。

        このような姿勢は、

        常に“知識や技術をアップデートする意識”を持つことで維持できると思います。

        慣れは一度壊さないと新たなものを再構築できません。

         

         

        先日、ご紹介で初めてご来店された高齢女性の息子さんから、セッション後にこんな感想を頂戴しました。

         

         

        『本人と話しましたが、とっても喜んでおりました 今まで、色んな所に行ったりしてましたが、いまいち改善せず。今回、初めて両足にしっかり体重が乗って身体が軽い感じが実感出来る。と、ご機嫌でした!

        何より身体の使い方を根本から改善し、コンディションを整えて行くという考え方に共感を覚えたようで、熱心に話してました。次回までに少しでもいい方向になる様に努力しますと張り切っているようです。

        今後とも、親子共々ご指導のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m』

         

         

         

        親子共々という所が嬉しいです。

        実は私のクライアントでは、親子で指導させていただいてる数が多いのです。

        おそらく、これだけの数の親子を指導しているパーソナルトレーナーはあまりいないんじゃないかなと思っています。

         

        この感想からはいくつか本質的な意味が読み取れます。

         

         

         

        このもうすぐ古希(数え年70歳)を迎えるこのお客様は、これまで数多くの腰痛?を経験しています。

        ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、今まで医師に診断されたようです。

        そんなことから色々な所へ行っていたそうですが、

        文中にある「初めて両足にしっかりと体重がのった」という部分に要点があります。

         

         

         

        今まで感じなかったことが、

                           初めて感じられた。

         

         

         

        習慣で慣れていた右足に体重を掛けていなかったことを感じられた。

        この方は右足に体重が掛っていないことが、鈍くて分からなかったのではなく、掛けたくてもどう掛ければいいか分からなかった、のです。

         

        つまり、左足に多くの体重を掛けることに慣れてそれが自然な姿勢になり、それを直すことが出来なかった。

        でも、初めてのセッションで慣れから逃れることが出来た。

         

         

        この認識は大きいんですよ。

         

         

        日々の生活で注意を怠ると、また元の左重心に戻るかもしれませんが、この方は違います。

        「身体の使い方を根本から改善して、コンディショニングして行く」理解をされました。

         

        そして、

        「少しでも良い方向になる様に努力します」ともおっしゃっています。

        この取り組みは、まさに“知識や技術をアップデートする意識”で、“慣れという悪癖”を改善するための姿勢なのです。

         

         

        このような意識を持っていただけると、私たちのセッションがさらに効果的になります。

        やはり他人まかせで、「治してくれよー」の姿勢では、“慣れという悪癖”を取り払うことはできません。

        私たちは、身体を良いコンディションにするためにやるべきことを抽出して、それを実行し、その結果を見て考える、そのプロセスでグッドコンディションを目指しています。

         

         

        それには、指導しただけでは不十分です。

        そこにクライアントとの共同作業が生まれるのです。

         

         

        コンディショニングはお客様との共同作業。

        本質的に身体を健康にするには、日々移り変わる体調に二人三脚で臨む姿勢を持って仕事をしています。

        世の中にこれだけやれば良いとか、これだけ食べれば健康になるとかは無いし、体の痛みの原因も1つや2つじゃないし、体内や心の状態は常に変わります。

        だから、その場その時に応じた対応がコンディショニングの心髄だと思います。

         

         

        上記のクライアントには、直接的な腰へのアプローチはしていません。

        仙腸関節には間接的にアプローチしましたが、他には足首、手首、首、肩、肩甲骨、肋骨、胸椎です。

        筋肉、関節、靭帯、血流、リンパ、などに意識をして動いていただきました。

         

         

        このブログで何度も書いていますが、コンディショニングの基本は自然に立つことです。

        「身体の使い方を根本から改善し、コンディションを整えて行く」というお客様にご共感いただいた言葉を実践するには、まず自然に立てるようになることです。

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

         

        2018-08-30.png

        身体習慣チェック

        学校では教えてくれない!

        〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

         

        詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

         

         

         

        running.jpg

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        『秋のRUN+ワークショップ!!』

        ◆『膝痛ランナー必見!ランニングハウツー&プレエクササイズ』

        詳細はこちら 

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |