{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
ロボット歩きと人間歩き〜日常生活を楽にするコツ〜
0

     

     

    ご覧いただき、ありがとうございます。

     

     

     

    この前、15年以上ご指導させていただいている85歳女性のお客様にこう言われました。

     

    「先生がいるからここまで生きていられる」

     

    決して私だけの力だけではなく、様々な要素が絡み合い健康長寿が続いているのでしょう。

    その中で一助を担っていると理解しています。大変に深いお言葉です。

     

     

     

    私が会社を起こした時、

    経営理念としてこのように掲げました。

     

    「なくてはならない存在になる」

     

    お客様に必要とされる指導者になれば、仕事として長く続けられる。

    このように考えたのです。

    仕事として長く続けられることは最重要視していて、売り上げが一気に上がるいわゆるブレイクみたいな状態は好みません。

     

     

     

    良すぎると落ち込みが激しくなるからです。

    ここには中庸の考え方があります。

    良い時も悪い時もありますが、生き残っています。

    どう生き残るかが大切だと思っています。

    会社は14期目を迎えることができました。

    前述の女性といつまでトレーニングできるかわかりませんが、「なくてはならない存在」として全力サポートをする決意を新たにした出来事でした。

     

     

     

     

    さて、師走でなにかと慌ただしい毎日かもしれませんが、そんな時にやるべきことが多くてついイライラしてしまう人もいるでしょう。

    時間がないのにあれもこれも次から次へとやることが増える。

    「あーもう!」と投げ出したくなる心境かもしれません。

    最近、ある先生がおっしゃった言葉に

    「ストレスって敵ですか?味方ですか?」

    と言うのがありました。

    ある人はストレスに怒りをぶつける。

    ある人はストレスから逃げる。

    また、ある人は良い練習だから楽しもうと考える。

    捉え方ひとつなんですよね。

    とても参考になった考え方でした。

     

     

     

     

    ただそう簡単に上手くいかないのが人生。

    時には「あーくそっ!」と爆発したくなることもあります。

    でも、このようなストレスは身体を緊張させ、呼吸を浅くします。

    呼吸が浅くなると肋骨周りは硬くなり、体幹部が動かしにくくなります。

    体幹部を大きく占める「胸郭」には背骨と胸骨を繋ぐ肋骨があり、その上に肩甲骨がのっていて、さらに腕がついています。

     

     

     

     

     

     

    人は、手を使う生き物です。

    動物で唯一器用に道具を使うのが人類です。

    手を使うと必ず胸郭へその力が伝わります。

    動くときにはこの胸郭がきちんと動かなければなりませんが、動いていない人が多いようです。

    歩くときも胸郭は動きます。

    動かない歩行はロボットと同じ歩き方です。

     

     

     

     

    右手を体の左側斜め前に伸ばしてみて下さい。

    この時、胸郭を左に捻じるのと全く捻じらずに腕を伸ばすのでは、明らかに後者がやりにくいはずだし、遠くまで手が伸びないでしょう。

    これをエクササイズにしてしまうと硬くなった肋骨周りをやわらかくすることができます。

    肋骨を動かすコツは呼吸です。

    呼吸により肋骨は膨らんだり、縮まったりします。

    深い呼吸で肋骨周りの筋肉のストレッチができます。

    だから、浅い呼吸しかしていない人は硬くなります。

    単に体を伸ばしても軟らかくはなりません。

    呼吸がストレッチになります。

     

     

     

     

    胸郭を動かすときに呼吸と連動させてみてください。

    そして先に動かすのは胸郭です。

    手を先に動かさないでやりましょう。

    スムーズな動作ができます。

    手を先に動かすと、肘に力が入りやすくなり体が捻じれる前に腕が伸びきってしまい、動作リズムが崩れます。

     

     

     

    動画を作りましたので試してみて下さい。

    ポイントは、

    呼吸のリズムで動く。

    胸郭→腕の順番で動かす。

     

    実施前と後で体の動きを確認してくださいね。

     

     

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

    [キャンペーン実施中!!]

     

    30分で健康長寿をつくる!

    「個別指導の健康体操」

    お得なキャンペーン情報あり!!

    http://tfc.tokyo/info/1687969

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    怒りはパワー?&肩甲骨の動かし方
    0

      「怒りはパワー?&肩甲骨の動かし方」

       

       

      ご覧いただき、ありがとうございます。

       

       

      人は生きていると還暦あたりで、周囲の色々な問題により健康に支障が出ることが多いように感じます。

      生きているとホントに多くの出来事に遭遇しますが、一方幸せを感じることも間々ありますので、そちらを有り難く思うようにしたいです。

       

       

      困難や不幸に対するやり過ごし方一つで、心身のダメージを軽いものにできます。

      心のダメージは体に影響しますから、快適に生きるための心術みたいなものを身につけるために学びは欠かせません。

      最近は、如何に心を整えるかなどのメンタルヘルスに関する書籍も多くみられます。

       

       

       

       

      人は怒ると神経が興奮します。

       

       

      ちょっとしたことでよく怒る人は、それだけ日常的に興奮レベルが高いということになります。

      そのような人は、軽い、弱い刺激を感じることができません。

       

       

      何をするにも強いエネルギーを発しますから、動作も力が強すぎて、大きな音を立てます。

      ドアを閉めるとき、キーボードを叩くとき、足音、食事の仕方、振り返ってみてください。

      そんなに強い力を出さなくても出来ますよ!

      とお客様にお話しています。

       

       

       

      次の文章は、お客様からいただいたメールです。

      何のことを言っているのかお分かりになるでしょうか?

       

       

      今日はよく○○○ようで、嬉しくてご報告です。

      教室でレッスン前に習いたてのムエタイ?の真似事。

      さっそく、何人かの先生に驚かれましたが、いざ、○○○みるとさっそく、

      「今日はなんだか良い」と言われました。

      最後に●●先生の連れてきた若い女の子たち大勢の前で踊りましたが、●●先生がいつになく張り切りついていけないところもありましたが、「股関節のあたりが立って腸腰から動いているので良い」と言われました。背中側に腸腰筋がついているとイメージしたのと、背中側の肋骨を広げてみたのが良かったのかな〜と、昨日のご指導のお陰です。

      まずはお礼のご報告まで

       

       

      お客様が熱心に取り組んでいる趣味についてですが、運動でもあります。

       

      このお客様は前述のように力を強く発揮する人でした。

      肩を挙げてと言うと、「グイっ!」とスゴいスピードでMAXまで挙げてました。

      そのような人が、自分の体の感覚に気づけるようになるには、まず動作をゆっくりとやることが大切です。

       

       

      人は自分で把握できていない動作を速くやります。

      動作の途中をはしょって一気に終末域へ向かうのです。

      ですから、その場合はまずゆっくりとやるよう促します。

      そして、もちろん適切に動く方向を覚えなければ始まりませんから、関節の動く方向を解剖学的にも理解していただきます。

       

       

      単に肩を挙げる動作でも、肩が向かう方向があります。

      肩は真上に挙げるのではなく、耳の前の方に向かって上がって行くのです。

      その方向にゆっくりと動かしてみてください。

      1秒間に1cmくらい動くスピードです。

      神経の興奮レベルが高い人は、ゆっくり動作するのが苦手です。

      ゆっくりゆったりやってみましょう。

       

       

      肩を動かす方向が分かったら、今度は3秒間くらいで上まで挙げてみます。

      下すときは力を抜いてストンと落とします。

      それを10回ほど繰り返して見て下さい。

      片腕だけやってやっていない方と比べましょう。

      上手くいけば腕がぶら〜んとぶら下がった感覚になり、腕が重く感じるはずです。

      本来、腕は肩甲骨にぶら下がっていますから、ぶら〜んとなった感覚が自然なのです。

       

       

       

      さて、お客様が行っていたものは何だかお分かりになりましたか?

      ○○○に入る言葉は、「踊り」でした。

       

       

      お客様は熱心な社交ダンス愛好家の方で、よりよいダンスが踊れるようカラダの動かし方や感覚を高めています。

      腸腰筋が後ろについているという表現も適切な表現であり、腰骨に付着している腸腰筋を背中側で感じる事は自然な感覚なのです。

       

       

      カラダの痛みも、ダンスの動作も、日常生活動作も、まずカラダの適切な動かし方を学ぶことから始めないと、いくらやってもそれは筋違いというものです。

      目的地とは別の方角へ走っていたら、いつまでたってもたどり着けないのと同じ。

      賢く体をコンディショニングしていきましょう!

       

       

       

      ムエタイの真似事?を知りたい方はコンディショニングセッションを受けに来てください (^^)

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      肩の動かし方はこちら。

      「オフィスで即実践!即実感の肩コリ予防のゆるトレ」

       

       

       

       

      関節の動かし方が学べる。

      関節改善運動「膝編」は1217日(日)が最後!

      膝が痛む方、予防のためにも。

      http://tfc.tokyo/free/kaizen-motion

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
      カラダのよじれを直すと生き返る
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

        ご覧いただき、ありがとうございます。

         

         

        私の仕事はお客様の様々な目的に応じて、コンディショニングやトレーニングをご指導するのですが、その背景にはお客様の生涯健康を目的に据え、やらせていただいています。

         

         

        体のどこかが痛む状態での生活は辛いです。

        できることなら、気になる痛みがなく、自分のやりたいことがある程度できる身体があると、人生楽しいですね。

         

         

         

         

        先日、ぎっくり腰を3日前にやったと言うお客様が来店されました。

        腰から体がくの字に曲がり、お顔もうつ向きがち。

        2日後に紅葉を観に旅行に出かける予定だけど、長時間の移動もあるし、なんとかならないかと言うことです。

        幸い関節や神経的な問題はなさそうでしたので、身体のよじれを調整して、2つのエクササイズを行いました。

        運動は無理です!とおっしゃっていましたが、腰痛時にもできる運動はあります。

        むしろ、痛くない運動を行うことで、カラダは快適にしなやかな状態に戻り、お帰りの際には姿勢が自然な形になり、お顔も上がり、お顔色も血色よくなりました。

        後日、連絡をいただき、旅行は問題なく行けて、とても良かったとお礼の言葉を頂戴しました。

         

         

         

        膝痛の高齢女性は、大好きなテニスができないことでご来店しました。

        長い間、脚の使い方が自然な動きから外れていましたので、立ち方、立ち上がり方、座り方、歩き方をご指導しました。

        この歳でこんな基本的なことを教わるとは・・

        今までいかにカラダに負担をかけることをやって来たかと、ご納得されていました。

        膝に痛みが出ないカラダの使い方があることが分かると笑顔になる素直な方です。

        テニスには、すでにぼちぼち復帰しています。

         

         

         

        それから、繁雑な仕事や家庭環境でカラダが硬く、よじれてしまった30代女性は、セッション中どんどんカラダが快適に動くようになってくると、

        「はぁ〜生き返ったー」と口をついて出ました。

        カラダが硬くなって関節がきちんと動かなくなると、本来動くポイントまで動かなくなります。あちこちで機能低下が発生すると、カラダのサイクルが上手く回らなくなってどんどんよじれてきます。それで、痛みも起こってくるのです。

         

         

         

         

        カラダのサイクルが回らないよじれた状態が普通になってくると、もはや説明は要りませんね。

        人は器用にできていて、無理をかけないようにカラダを固めるのです。

        首、肩、背骨、股関節、足首とひとつひとつ自然体に戻していくと、まさに "Reborn" できる。

        ピアノに登山に自分のやりたいことができるカラダでいられます。

         

         

         

        そして最近、あるお客様がこうおっしゃいました。

        お客様「ぎっくり腰をやった時って何をするのが一番いいの?」

        私「さあ?」

        お客様「鍼やって良くなったことがあるんだけど、揉んだりして悪くなった人のことを聞いたことがあるんだよね」

        ・・・

        私「ぎっくり腰にならないのが一番じゃないですか!」

         

         

         

        上記の4例は、いずれも回避できた・できる可能性が高い痛みです。

        痛みはカラダの使い方で確実に発生リスクを減少させることができます。

        カラダがガチガチに硬い人がたくさんいます。

        その人達はやわらかいカラダを知りません。

        いや正確には忘れているのです。

        みな幼少期はきちんとしゃがめたはずですから。

         

         

         

        ここで言う硬いとは、立位前屈で手が床につかないとか、開脚ができないとかのことではありません。

        関節が解剖学通りに動かせるかどうかです。

         

         

        偏った筋肉の使い方をしていると、関節を適切に動かせなくなり関節の負担を増加させます。

        それが全身のよじれにつながり、カラダのどこかに痛みを生じさせます。

         

         

        長袖のロングTシャツの右と左の肩や腕回りのサイズが違ったら、とても着心地悪いですよね。

        カラダがよじてれいる人は、常にサイズがアンバランスなシャツを来ているのと同じです。

         

         

        それは、着心地でなく、居心地が悪いと言うものです。

        居心地の悪いカラダは、全体のバランスを崩し、ストレスが偏り、やがてどこかに痛みを発生させます。

        よじれを取れば、カラダはスッキリ顔色も明るくなり、背筋はすぅーと自然体に伸びます。

        考え方はシンプルだと思います。

         

         

        きちんとしゃがめるカラダであれば、内臓のよじれも取れ、快便出来るでしょう。

         

         

         

        [相撲スクワット]↓

         

         

         

        [キャンペーン実施中!!]

         

        30分で健康長寿をつくる!

        「個別指導の健康体操」

        お得なキャンペーン情報あり!!

        http://tfc.tokyo/info/1687969

         

         

        最後までお読みいただき、ありがとうございました。

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

         

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | パーソナルトレーナー | comments(0) | - |