ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 運動はただ立つだけでできる! | main | 「ただ立つ」のは奥深いな〜 >>
2020.08.04 Tuesday

運動不足って動けば解消できますか?

腰椎ヘルニアになる人がいます。

その人の姿勢をみてください。

背骨(関節の動き)が硬くないですか?

背骨が硬いのを一般の人が見るのは難しいので、背中を触ってみてください。

背骨の横の筋肉が硬くないですか?

いわゆる脊柱起立筋群という筋肉です。

群と書くのでいくつかの筋肉が複合的に存在することを意味します。

 

背中の筋肉がめちゃ硬いと首の動きに負担がかかります。

首にもヘルニアという病態があります。

ですから、当然腰椎にも負担がかかると言うことです。

 

解剖学では、頸椎、胸椎、腰椎、骨盤帯と上半身の区分けがされています。

ただそれは便宜上分けているだけです。

もちろん、それぞれの動きの特徴や形状の違いはありますが、それは勉強するためにつけた名前や動きです。

運動指導やコンディショニングを行う人はそれを知っている必要がありますが、現場ではあまり実用的ではありません。

動きというのは連なってなされるもので、それぞれの骨や関節が単体で動くわけではないからです。

私はよく、「頭から骨盤までを体幹(これも便宜上)と捉えています」と、専門家向けのセミナーなどで話します。

つまり大きな動きを指導するときに動きを区分けしてみていたら、全体が見えなくなるからです。

 

「木を見て森を見ず」

 

よく言われる言葉です。

 

しかし!

 

森ばかりを見ていると今度は小さな動きを見失います。

 

コンディショニングでは、関節の動いていない部分を探します。

動いていないところは循環していないからです。

 

循環していない部分を探すときに大きく動いてもらっては、どこが動いていないのか特定することができません。

だから、個別の運動をゆっくり小さな範囲で行い、動いているか動いていないかを探していきます。

別の言い方をすると、普段使っているか、いないかを見つけるのです。

 

腕をよく振ってたくさん歩いているから運動不足ではない。

という人がいます。

 

その人の背中を触ると硬いです。

姿勢も明らかに楽な自然体とは言えない。

 

腕を沢山振っているのに・・

 

では、腕は大きく振ればいいのでしょうか?

運動してると言えるでしょうか。

 

 

 

 

実は腕の動かし方があるので、きちんと動いているかどうかは別の話です。

例えば、右の肩甲骨が自然な位置より外に開いてしまっている場合、右腕はどうなるでしょう。

肩甲骨が外に開かれている分、最初から腕は前に出ていることになります。

最初から右腕が前に出ていると言うことは、腕は前に出しやすいでしょうか?

腕を出そうとした時に、もう出ているのだからたいして出さなくてもいいですよね。

腕を振らなくてももう振っているのです。

もちろん、ほんのわずかな差ですが、これが日常的な基準になると、腕は自然な状態より前に出していないことになります。

 

お分かりになりますか?

 

自然な位置より、最初から前に出ているので、前に出しやすいと思う方もいるかもしれませんが、前に出ている腕はその時点で緊張しています。

 

自然から外れていますからね。

 

ですから、このような場合は、まず肩甲骨の位置を調整しないと腕は元に戻らないのです。

 

運動不足というのは、このようなちょっとした体の使い方から動きの片寄りが起こってきます。

 

動きが片寄れば、使っているところとあまり使われないところのアンバランスが発生します。

 

そうして、姿勢や動作が崩れて、体が硬くなったり、さらにそれが常態化すると、痛みにつながっていくのです。

 

 

 

 

◇本橋の指導をご希望の方はこちら

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album