本橋ブログ『健康礼讃』

仕事に関する日常の出来事から感じたことや読者の皆様の健康に役立つ知識をお送りいたします。
<< オンライン・セッションのメリット | main | 感覚的に腑に落ちる >>
肩甲骨で遊ぶ
1

最近楽しんでいることがあります。

それは、体を動かすときに肩甲骨を起点に動きをつくることです。

肩甲骨を動かして動きをつくる。

特に重心移動の際に意識して行うと、面白いように重心移動がスムーズに行えます。

私はバイクに乗りますので、バイク運転時に肩甲骨で動きをつくるようにするとホント簡単に方向転換ができます。

ゆっくりにでも瞬間的にでも如何様にも調整して動かせます。

慣れると一瞬で方向転換や重心移動が簡単にできるようになります。

 

武道や総合格闘術などの動きを見ても、肩甲骨を効果的に使うものを見ることがあります。

素晴らしい剣術家も肩甲骨を柔軟に力づよく働かせることにより、美しい豪剣を披露してくれます。

その中でも特に肩甲骨の動きで印象強いのは、ダンサーです。

様々な種類のダンスがありますが、すべてに肩甲骨の動きの重要性は高いでしょう。

 

 

塚原卜伝像

 

よく「肩甲骨から腕を使う」という身体操法の表現があります。

肩甲骨や鎖骨のあたりから腕を使う意識をする。そして、実際にそのように使うわけです。

これを片手だけの動きで実践すると、例えば右手を使うときに右の肩甲骨や鎖骨だけを意識して動くと、その反対部分、つまり左半身側が何もしないことになるので、体半分の動きが置いていかれるのです。

しかも重心は手を動かした方と逆方向へ推移してしまいます。

場合によってはそのような体の使い方もあると思いますが。

 

けれども、一瞬で動きを変えたいケースでは、片手を使う場合でも両方の肩甲骨を同時に動かすことがスムーズで楽な動きにつなげるコツになります。

左右同時にと言いましたが、正確にはごくわずかな動きのズレがあります。

同時に見えるけど、動かし方の順番はあると言うことです。

いま、これをお客様に順序だててセッションで取り組んでいただいています。

ただ、壮大な動きの習得になるとは誰にもお伝えしていませんが。

 

このブログを読んだお客様は動きを根本から変える取り組みであることを楽しみにしていただければと思います。

 

 

 

 

◇本橋の指導をご希望の方はこちら

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

| 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | 19:55 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE