{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
コンディショニングで最重要視している一点!
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

     

    【先週のあるケース1】

     

     

    『今日はダルいし、風邪をうつしても嫌だし、やめようかとも考えましたが、楽になりましたので、行って本当に良かったと思っています』

     

     

    体がカチコチに固まってしまった60代女性からいただいたメッセージです。

    風邪を引いていたのでマスクをしたままのセッションでした。

     

     

    座位で胸を(胸椎)を回してもらうと、左に比べて右の回りが良くありません。

    よく観察してみると、右のお腹が動きをブロックしています。

    左手で右のお腹を触り、右に回してもらうと、回しやすくなります。

    手を離すと、また回しにくくなります。

    胸(胸椎)よりもお腹が胸に影響を与えているようです。

    そこでさらに観察してみると、右の腕、特に肘回りに問題がありそうです。

    右肘の一点のポイントを刺激すると、右のお腹に触れてなくても左と同じように胸を回せました!

     

     

     

    【先週のあるケース2】

     

     

    『昨日のご指導のおかげで今日は身体の調子がすこぶる良い感じです!』

     

    久しぶりに外国からご来店された50代男性からいただいたメッセージです。

    日本に出張の際には、1、2度お越しくださいます。

    数ヶ月ぶりのセッションでしたので、ひと通りお体をチェックします。

    どうも体の動かしていない部分が多いようです。

    足首、手首、肩、腰、首、胸をゆっくり小さく動かしました。

    外国へ戻ってもご自身で出来るように、いつも動画を撮影します。

     

    すると、

    『あれっ!?全然違う!』

    と驚いたご様子。

    『こんなに少ししか動かしていないのに』

    順序良く、要点を守り、体を動かして行くと、こんなにも簡単な動きで体が楽になるのです。

     

    『そういえば、今回日本に着いてからホテルで、以前教わったポンプ体操をやったら、時差ボケが良くなり、今回の出張は最初からすごく楽です』

     

     

     

     

    【先週のあるケース3】

     

     

     

    『今年一年、本当にお世話になりました!

    本橋さんのおかげで、身体の使い方の理解が深まり、バドミントンがより楽しく、また私生活にも張りがでて、充実した日々が過ごせてます。

    ご指摘いただいた事を意識し、更に充実させるぞーー!って思った今日この頃です。来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さいませ🙇

    お疲れ様でした!

    気持ちいいくらい、全然違いますね☺』

     

     

     

    一定間隔でご来店していただいている40代男性からのメッセージです。

    いつもより来店間隔が空いてしまった時のセッション後にいただいた感想です。

    姿勢が少し傾いていましたが、ケース2の方のように、必要な所をゆっくり小さく動かしました。

    特に足は体重のかかり方に片寄りが見られましたので、体重のかかり方の癖を確認し、足首を丁寧にゆっくり動かしました。

     

    たった数回動かしただけで、体重のかかり方の癖がクリアーされ、満遍なく足の裏に体重を感じるようになりました。

    説明をしながらだったので数分かかりましたが、行う動きは1分とかかりません。

    それだけで、楽に立てるようになるのです。

    その後、股関節や骨盤周りも動かし、バドミントンのための腕の振り方をご指導すると、痛かった肩の痛みもなく、オーバーヘッドスイングが楽にできるようになりました。

     

     

     

     

    たった1週間でもいくつかご紹介できるセッションがありました。

    他にも脚に痺れを訴えてご来店した来年傘寿(80歳)を迎えるゴルフ大好きな男性。

    やはり、足、手、肩、腰、を動かして、最後にはスッキリ痛みがなくなりました。

     

    皆さん、それぞれに問題点が違いますが、最後にスッキリしていただいたり、楽になるのは、私が何をきちんと出来るように目指しているからでしょうか。

     

     

     

    そういえば、この前のソロリサイタルで素晴らしい歌声を披露してくれたオペラ歌手の「樋口達哉」様の公演前セッションでも衝撃くらいの変化がありましたね。

    実際のソロリサイタルでは、鳥肌、感動もののオペラアリアでした!

     

    そんなオペラ歌手の方も驚きの変化をみせる部分はどこでしょう。

     

    それは・・・

     

     

     


     

     

    “胸郭”

     

    上記、先週のあるケースの方々も皆様ガチガチの胸郭です。

    鳥かごのような骨格に囲まれた胸郭をやわらかくすると、息が大きく吸えるようになります!

     

     

    つまり呼吸がスムーズになる。

     

     

     

    私はお客様の呼吸がきちんと出来るような体づくりを目指しているのです。

    胸郭(肋骨周り)がガチガチに固かったら、きちんと呼吸出来ません。

     

    別に苦しくないから大丈夫と言っても実は浅い呼吸しかしていない人が多いのです。

    呼吸が浅いと、その狭い範囲でしか胸郭も横隔膜も動きません。

    入ってくる空気が少ないと、酸素や栄養供給も少なくなります。

     

     

     

    しかも、きちんと吐くことも難しくなります。

    きちんと吐けなければ、きちんと吸えません。

    どちらかだけきちんと出来ることはありません。

     

    これでは循環不良と言ってもいいでしょう。

    胸郭がきちんと動き、深い呼吸ができると、見える景色が変わります。

    視点が変わるのももちろんですが、目が明るくなります。

    そして、気持ちがいい。(^^♪

     

     

     

    楽になる。

    良い感じ。

    気持ち良い。

     

     

     

    これは皆、呼吸がきちんと出来るようになった結果、湧き上がる感想です。

     

     

     

    ただ、胸郭が固いまま深く吸っても上手く行きません。

    小さいお茶碗によそえるご飯は限られますが、丼茶碗ならたくさんのご飯を盛ることが出来ます。

    器が伸縮する体をつくります。

    それには、適切に身体の縛りを順に解いていくことが大切です。

    闇雲に深呼吸すれば、体は余分な緊張をします。

     

     

     

    とても大事と言うか、生きていく上で一番に考えなければならない必須運動の1つであると考えています。

    たかが、呼吸。

    されど、呼吸。

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

    こんなにも息が吸えるのか?!

    と、ご自身の未知の呼吸を体験してみませんか。

     

    コンディショニングセッションは、お手軽な30分から。↓

     

    http://tfc.tokyo/free/price

     

     

     

     

    ◇2019年!

    待望の「カラダの取説セミナー」開催決定!!

    2月「痛み対策!体の「ヨジレ」を整える、楽楽セルフエクササイズ

    3月「リラクゼーション テクニック〜体にやさしい調整〜」 

     

     

    ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: