{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
立つことでクリーンに 〜川の流れのように〜
0

     

     

    ご覧いただき、ありがとうございます。

     

     

     

     

     

    時々「こちらの脚の筋力が弱いから鍛えないと。」

    と言われることがあります。

    そんな時は左右の脚の筋力差を計って、同レベルになるまで鍛えればいいのでしょうか?

    トップアスリートならまだ分かりますが、それでも形だけ示して大きな意味はないと思いますし、一般の人まして高齢者が左右の脚力の差を埋めるトレーニングをするのはどうかと私は考えます。

    そもそもどうやって左右差の有意を決めるのか。

     

     

    筋力計?太さ?動作?

    そのような時間を取るのが有意義とは思えません。

    筋力を計る時はたいてい測定器に座ったり、その形にはめて行います。

    太さもひとつの目安ですが、動いた時にどこがどう働いているかは超高度な機器でもなければ計れません。

    また、動作もひとそれぞれ力発揮の仕方や順序が微妙に違ったり、他の筋肉との連携が絡むので、動作をみて簡単に一部分の筋力差を判断することはできません。

     

     

    だから私はたいてい冒頭のように言われた時には、

    「左右同じように使っていないから差が出るのですね」

    と言います。

     

     

    トレーニングするときだけ、弱いと思われる筋肉を鍛えても日々の生活でまた差をつくってしまいます。

    これでは全然追いつきません。

    大事なのは、

    「なぜ筋力差が出来たのか」であり、弱い方を鍛えるという考え方は、ケガ等して極端に筋力差がある場合を除き、行いません。

     

     

     

    それより、

     

     

    左右同じように使っていないから。

    片寄った動きで関節を使っているから。

     

     

     

    という所にフォーカスします。

    このようなことは、短い時間のコンディショニングセッションでは改善できません。

    クライアントが中長期的に改善して行くことです。

    私たちコンディショニングトレーナーは、どうしたらその筋力差を埋めることが出来るか、その方法をご提示することが仕事の一つです。

     

     

     

    その方法に則り、クライアント自身が日々実践して行くことで、弱いと思われる脚の力もついてきます。

    それをやらなければ、根本的な解決は出来ないと今のところは思います。

     

    身体を整える目的で行うといいことって色々とありますが、

    もし一つだけを推奨するとしたら、

    きちんと「立つ」ことを推します。

     

     

     

    身体が元気で力がみなぎっているような時は、立つのがすごく楽だと思うのです。

    でも疲労している時はどうでしょうか。

    立っているのが辛い、億劫ですよね。

    きちんと左右均等に立っていられないと思います。

    きちんと立たないと、足首はヨジレ、膝の向きもおかしい。

    片側に体重を片寄らせ、股関節もヨジレる。

    そうすると、骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨、頭がい骨とヨジレの波が全身に波及します。

    全身がヨジレるとヨジレた部分は緊張します。

     

     

    緊張していると言うことは、そこに力が入っているわけですから、余計に疲れます。

    余分な力を使わずに「立つ」ことで全身の循環が良くなります。

    血液もリンパも間質液もみな水です。

    水は流れをせき止められると、淀みます。

    またどこかに排水しようとしますから、溢れることもあります。

    つねに流れて新しい水が入ってくることが、健康体をつくるための条件になります。

    身体を健康にするためには体を、“治水”することが重要です。

     

     

     

    ≪ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

    よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし。

    世の中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし。≫

     

     

     

     

    鴨長明『方丈記』の書き出しです。

    1212年鎌倉時代に記されたとされる日本中世文学の代表的な随筆に

    心身の健康に関する金言が書かれています。

     

     

    「立つ」?ことぐらいできると思った方は、つま先や膝の向き、前後左右の重心、背骨や頭の位置、肩や腕の位置を気にして「立つ」ことが出来ますか?

     

     

    つま先でさえ、左右違う角度で開いていることがほとんどだと思います。

    これを意識して直すことをやるだけでも色々な問題が防げるんですけどねー。

    どうしても日々やっている当たり前のことを軽視してしまう。

    いや軽視どころか、無意識になってしまう。

    無意識にきちんと「立つ」ことができれば言うことなしですが、

    そんな人は見たことがありません。

    習慣化していることは、ふと「はたしてどうなのか?」と時々見直すことが、とても大切。

     

     

     

    孫泰蔵さん(孫正義さんの実弟)が「経路依存性」という悪習慣ということを言っていました。

    ≪人間の習性として、一度慣れ親しんだものを変えることに億劫になってしまう。

    ただ「今までやっていたから」というだけで、明日も同じ行動を取ろうとする。≫

     

     

    是非とも皆さんの身体習慣を見直す機会をつくってください。

    当社では、身体習慣をお手軽にチェックできる日があります。

    きちんと「立つ」ことは学ばなければわかりません!

    下記をご覧ください!

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

    身体習慣チェック!

    日程はこちら↓

    http://tfc.tokyo/

     

     

     

     

    running.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    『秋のRUN+ワークショップ!!』

    ◆『膝痛ランナー必見!ランニングハウツー&プレエクササイズ』

    詳細はこちら 

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |