{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
辛い痛みは“ヨジレ”が要因
0

     

    ご覧いただき、ありがとうございます。

     

    体が辛い状態のまま生活している人が結構いらっしゃるようです。

     

    なぜ慢性的に体が辛いのか。

     

    ひとつに体の“ヨジレ”が影響していると思います。

     

     

     

     

     

    膝が痛いと言う人がいます。

     

    中年以上になると、「いよいよ来たか」と膝の痛みがまるで加齢とともに起こった現象のようかに思いがっかりしていますが、多くの人が膝の問題ではなく、痛みも膝自体に発生しているわけではないんです。

     

     

     

    「膝の中が痛いのですか?」と聞くと、

    「いや、内側が」とか「外側です」と、膝関節を指しません。

     

    圧痛のある場所も内側のハムの腱や外側の腸脛靭帯だったりします。

     

    このような場合、膝の問題ではなく膝周囲の問題なんですね。

     

    そして、こういう人の足関節をみると、たいてい“ヨジレ”ています。

    だいたいつま先が外に向き足関節が過剰に回内しています。

    こういう状態では足底のアーチが潰れて、いわゆる偏平足の様になっています。

     

     

     

     

     

     

     

    「私、昔から偏平足なんです」と言われますが、偏平足になるように体を使っているから、そのようになっているだけなんです。

     

    だから、つま先の向きを自然な位置に戻すと、きちんとアーチは存在しているのです。

     

    足首が“ヨジレ”たまま足底版を靴に入れて、無理に足底アーチを作るようにしている人がいますが、自然から外れた足の使い方をしているのに、それを無理矢理戻しても根本解決にならないことは分かりますね?

     

    自然に使えば、アーチは存在するのですから。

    それから、足関節の“ヨジレ”は膝が“ヨジレ”ていることが関連していますが、その膝の“ヨジレ”は、その上に位置する股関節の“ヨジレ”でもあるのです。

     

     

    一般の人には難しくなってきましたが、「脚」は一本の棒ではありません。

    大きく分けて3つの関節があるのです。(股関節、膝関節、足関節)

     

     

     

    これらはセットで考えないと上手く脚を使えません。

    多くが体重をかける時に股関節をヨジって使うので、その下の膝や足首もヨジレてしまうのです。

    ですから、私たちコンディショニングトレーナーは、膝が痛いと言っても膝だけを見て対策を考えることはありません。

     

     

     

     

    その“ヨジレ”を取り、それぞれの関節が自然に動くようになったところで初めて自然な動かし方を学ぶのです。

    でないと無理矢理自然に動かそうとしても出来ないのが分かりますね。

     

    そのような動きの教育を行うことで、痛みの解消や再発予防ができるのです。

    ただ体と言うのは簡単ではなく、実は脚の“ヨジレ”だけではなく、その上の腰、体幹部、腕、首、頭なども“ヨジレ”るんです。

     

     

    もっと言えば“ヨジレ”の原因はそちらの方にあることが多いのです。

     

    腕の使い方が、体幹部の“ヨジレ”をつくります。

    座り方の体重のかけ方で腰が“ヨジレ”ます。

    いつも視線を向けている方に頭が“ヨジレ”て、首も影響を受けて“ヨジレ”ます。

    顔を傾けていると顎も“ヨジレ”ます。

     

    このようにして体はどんどんバランスを崩し、硬くなったり力が出にくくなったりするのです。

    また、その姿勢や動作が癖になりますから、直すのに一苦労かかります。

    年を取れば取るほど、悪癖を直すのが困難になります。

    ですから、ご自分の悪癖で体が悲鳴を上げる前に自然な姿勢や動作を再教育してあげる事が痛みなく生活する根本的な方法なのです。

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

    当社の健康体操は体の“ヨジレ”を取り、全身の血液・リンパ液・間質液・エネルギーの循環を良いものにしていきます。

     

    そして、生きて行く上で最も大切な運動のひとつである『呼吸』がしやすくなります。

    呼吸が浅いと様々な体の問題を引き起こすリスクが高くなります。

    病気にもなりやすくなると思います。

    体が硬いと『呼吸』がきちんとできません。

    すぐに死にはしませんが、浅い呼吸で生活していると本当に疲れます。

    温泉に入った時のように「はぁ〜」とやわらかく深い呼吸が現代人には必要です。

    是非とも温泉に入った後のような「ホカホカ」な体を味わいにいらしてください。

     

     

    【体験レッスン】も実施中です!

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |