{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
痛みを考える人
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

    皆さん足をぶつけた時って「痛っ!」ってなりますよね。

    ぶつけた瞬間を脳が認識していますからすぐに反応できますが、例えばぶつけたことを認識していなかったら一瞬考えますよね。

     

    脳では何が起こったの?と思考回路を働かせます。

    そういう場合は別として、例えば腰が痛いと認識している人が体を動かした時に痛いかどうかを考えますか?

    痛かったらその瞬間に痛みを感じますよね。

    考えるまでもないと思うのですが、実際は痛みを考える人がいます。

    そういう人は痛みを探すのだと思います。

     

     

    「痛いところはないかな?」

     

     

    「大丈夫かな?」

     

     

    コンディショニングをした後、痛かったところがどうなったかを確認する時は怖さもありますので、不安な気持ちは拭えませんが、もうすでに痛かった可動域まで来て、いやそれ以上に動いているのに痛みを考える人がいます。

    「ここまで曲げるとさっき痛かったでしょ?」

    でも今は痛くない。

    それは考える間もなく、痛くないんじゃないの⁉︎ (^-^)

    しばらく考えて「痛くない」と言います。

    この時に考えるのが悪いというわけではないのですが、痛みを考える癖が問題だと思います。

     

     

     

     

    痛みの記憶って残ります。

    腕を切り落としてしまった人が、ない腕が痛むなんて幻肢痛という痛みもあります。

    脳が作り出している痛みを、こう動くと痛いんじゃないかなー?と先回りして考える思考回路をつくってしまうと、考えないと痛いかどうかわからなくなってしまいます。

    そういう人は痛みに敏感というより、

    不安に敏感だと思います。

     

     

    「心配事の9割は起こらない」という本を書いた人もいます。

    米ミシガン大学の研究チームでは、実に96%の心配事は起こらない!との報告もあります。

    不安や心配事に敏感だと、つい先回りして痛みを探す。

    痛ければ、痛いところで痛っ!ってなりますから、大丈夫です。

    心配して身構えることも大事だと思います。

    でも必要以上に身構えると疲れて、心身疲労します。

    痛い時は痛い。

    それならそれに対処すればいいです。

    ちょっと痛いのは?

    痛いと感じる手前で動いていればたいていが良くなります。

     

     

    高重量のベンチプレスをやっているトレーニーに言うんです。

    挙がるか挙がらないかギリギリの時(専門用語でスティッキングポイントと言います。)にひとこと。

     

     

    「大丈夫

     

    高確率で挙がります。(^_)−☆

     

    「頑張れ!」より「大丈夫」

     

    いつも「痛いかどうかな〜」と考える人と、

    「ちょっと痛いけど大丈夫」

    と思う人ならどちらが身体の負担が少ないでしょうか。

     

     

    大丈夫という言葉は私たちの脳や心の中に染みついています。

    子供のころから大丈夫という言葉には安心感が含まれています。

     

     

    痛みに対しての向き合い方は、現代人にとってとっても重要だと思います。

     

     

    でも、ずっと同じ姿勢でいることは避けてくださいね!

    座位での姿勢もバリエーションをもって良い姿勢が良いのではなく、姿勢を変えることが良いと考えています。

    あと座っていると、骨盤が後ろに倒れすぎている人がいますから、あまりにも倒れていないかどうかを時々チェックしましょう!

     

     

    どのくらい倒れたら骨に良くないのかわからない方は、「からだの勉強会‐てほどき」や「腰痛撲滅グループレッスン」などにご参加ください!

    気軽に一生使える知識が体で理解できますよ。

     

     

    足の専門家の方々に絶賛された勉強会です!!

    さすが専門家。まとめ力がスゴイ。

     

     

    足道楽様公式ブログ

    https://ashidoraku.amebaownd.com/posts/7699533

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

    ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

    【新着情報!!】※一般向けイベント
     『腰痛を撲滅!「ゆるゆるストレッチ」姿勢もキレイに!』


    〜グループレッスンの流れ〜
    1 腰痛の原因って何?        
    2 カチカチ腰もフワッとゆるむ!     
     最新ゆるゆるストレッチ
    3 姿勢の正し方で、腰痛撲滅!

    日程
    ・3月 8日(日)10:30〜11:30
    ・3月29日(日)10:30〜11:30
    料金 2,200円税込⇒初回限定 1,100円税込

    詳細はこちら↓

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    ある日のセッション模様
    0

      JUGEMテーマ:フィットネス

       

       

       

       

      先日、ある場所で看護士さんに訊ねられました。

      脚の形を変えることはできるのですか?

      何でも腿の付け根外側の盛り上がりが気になっているご様子。

      女性にとても多いですね。

      男性にもゴルフをやる人に多く見かけるように思います。

      このような人の場合、腿の内側とお尻がしっかりしていません。

      言ってみればユルユル状態。

      筋肉がしっかりしていないのです。

      こういう方は、体の使い方を変えれば脚の形を変えることはできます。

      しかも比較的容易に。

      詳しくは先月のブログをご参照ください。

       

       

      本橋ブログ『お尻を鍛えるには内ももと一緒に』

       

      http://motohashiblog.jugem.jp/?eid=71

       

       

       

      先週ご来店された30代女性のお客様。

      時々、ご来店され体をリセットされています。

      当社のコンディショニングは、日頃の生活でできるもの、やってもらうと体の調子が整いやすいものをセッションします。

      この女性は、ポイントを押さえて行うことが上手で、ご自身で体の姿勢が片寄りすぎないようコンディショニングすることができます。

      でも今回は少しづつ片寄ってきた体をリセットすることができずに、なんか気持ちの悪い状態が続いてしまったのでお越しくださいました。

       

       

       

      確かに色々と片寄りが気になります。

      時々、片寄りが幾層にも折り重なるような状態になっている場合があります。

      今回の場合もそうでした。

      そういう場合は、一層ずつ体のベールをはがしていくように調整していきます。

      こういう時に大元のピンポイントをスパッと決めて、すべて改善できれば飛び上がるほど嬉しいのですが、まだまだ順番にやっていかないといけません。

      そうして、調整していくとある段階で「いつも通り」の体になります。

      いつも通りというのは、いつもの片寄り具合ということです。

      片寄りが幾層にも重なると、いつもの片寄りとは違う状態に変化します。

      こういう時は結構難しいのです。

      それで、いつも通りの体になったところで、体の動いていない部分を動かしていきます。

      この時も順序があるのですが、決まったものはありません。

      どこを先に動かして、その次はどこ?

      という感じで、その場その時にお客様を観察して決めていきます。

       

       

       

      これでいいでしょう。という体の状態になるにはいくつか基準があります。

       

       

       

      ・肩甲骨がぶら下がった状態

      ・腕が楽に動く状態

      ・肋骨に弾力がある状態

      ・呼吸が深くできる状態(息を吸うと肋骨が楽に膨らむ。息が吸える)

      ・胸椎が楽に左右に回る状態

      ・腰回りがやわらかく弾力のある状態

      ・股関節が楽に動く状態

      ・体重が真っ直ぐかかる状態

       

       

       

      まだありますが、これらは全て確認します。

      ひとつひとつきちんと確認するというより、無意識に確認している項目です。

      私の体が楽であるイメージとお客様の感覚を合わせていきます。

      この状態に持って行くことが、ひとつの目標になっています。

      ここに来るまでに体の調整やアクティベーションを行い、いくつかのエクササイズも交えています。

      そして、遊び的な運動で全身を動かし、様々なスクワットを行います。

       

       

      代表的なスクワットが、相撲スクワットです。

      https://www.youtube.com/watch?v=3vrjVoat_Gw

       

       

      そして、最近では丹田スクワットなるものがあります。

      https://www.youtube.com/watch?v=Rt_jvMq2FVo

       

       

      相撲より、丹田の方が上体を立てて行います。

      腕を上げることにより、上半身を立てやすくなります。

      どちらも股関節が90度近く曲がったら骨盤が少し後ろに倒れるようにして行います。

      そうすることで、腹筋(腹圧)に力が入るようになり、腰の負担を減らします。

       

       

      そして、スクワットが終わり、

      「ちょっとお尻を触ってみてください!」

      と言うと、

      「あっ!出てる〜(^-^)

      と笑顔になります。

       

      そう簡単にお尻の形は変化するのです。

       

      日常での体の使い方と合わせて「一ヶ月やってみます!」と意気込んで、またのご来店をお約束しました。

      体の変化を楽しみに生活できると、素晴らしいですね。

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      プロの『手』体験はこちらまで。(2月開催)

      「てほどき」

      https://tfc.tokyo/free/tehodoki

       

       

      ◇プロの方向けセミナーはこちらまで。(2月開催)

      「身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐」

      https://tfc.tokyo/free/2020-02-09

       

       

      ◇公式YouTube動画もご覧ください!

      https://www.youtube.com/channel/UCyLVo-pkIKBjEk5QI8Rc5eg

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      体を循環させると筋肉は落ちない!?
      0

         

         

         

        トレーニング指導を受けるときに真っ先にイメージするのは、

        〇〇エクササイズを〇回×〇セット

        というようなことです。

         

         

        ボディメイク、ボディビルのためのトレーニングでしたらそうなります。

        私も10代から20代の頃はカッコいい体やゴツイ体を目指して、ボディビルトレーニングに励んでいました。

        確かに体に筋肉がつくと気分もいいのです。

        そういう効果もありますが、そのためのトレーニングはハードで食事にも相当気を使わなければカッコいい体は獲得できません。

        多くの犠牲を伴うわけです。

        その犠牲をいとわず筋肉をつけることが最優先される時は、それはそれで楽しいものです。

         

         

         

        では、ハードトレーニングができない人、やるまでもない人は何をすればいいでしょうか。

        「健康のためには運動をしましょう!」

        と一般的に言われます。

        ウォーキングをしたり、スクワットをしたり、ジムでマシントレーニングをしたりと。

        何かと時間に追われる現代人ですが、そんな時間は取れないという場合、ミニマムに考えると何もしないという選択肢もあります。

         

         

         

        何もしないというのは正確ではありませんが、実際に私の場合はそうです。

        ウォーキングもスクワットもジムに行っているけど、マシンやウエイトはやりません。

        これらは構えてやりません。

        という意味です。

         

         

        実際には仕事で何度も立ちしゃがみをします。(スクワット)

        休日出掛けた時などはなるべく歩くようにしています。

        筋力は・・

         

         

         

         

        ここで筋肉をつけることと、筋力を高めることは少しニュアンスが違うことを示しておきます。

        筋肉があるから筋力が高いとは必ずしもそうではありません。(まあ筋肉が多くて力が弱い人はいませんが)

        筋力は筋断面積に比例する。

        という科学的根拠もありますが、筋肉量が少ない人でも大きな力を発揮する人はいます。

        これは主に神経系の作用も関係しています。

         

         

        そもそも、筋肉が多い、少ないというのも客観的判断が曖昧です。

        見方によって変わるということですから、明らかにガリガリでなければ一般的に筋肉量はあまり関係ないと思います。

        だから私は昔取った杵柄で、ハードトレーニングによってつくった貯筋を少しずつ切り崩しています。

         

         

        でも、意外に筋肉って落ちないものですが、落とさないのにもコツがあると思います。

        それは、普段の姿勢や動作でなるべく体をまんべんなく使うことです。

        全身の筋肉や関節をまんべんなく使えば、体は循環します。

        好循環の体でいれば、酸素や栄養の出し入れが良く行われます

         

         

        つまり、活き活きとした体になるのです。

        このような意識のもと生活していると、筋肉は落ちにくいなーと、経験上感じます。

        周りを見てもやはり活き活きと体を循環させている人をみると、体はしっかりしているように見えます。

         

        では、体をまんべんなく使うコツってなんだかお分かりですか?

         

        実は、片寄らないこと。です。

         

        そして、大事なポイントは、

         

        自分の身体に意識を向けること。です。

         

        体を循環させる順番で最も大事なことは、自分の身体に意識を向けること。

         

        自分がどのような姿勢をしているか。

        自分がどのような動作をしているか。

        自分がどのように動こうとしているか。

        自分の心と姿勢の関係はどうか。

        自分の身体の動いていない部分はどこか。

         

        タイムリーに意識を向ける。

        短い時間でいいから、意識を向ける。

        外への意識ばかりになっていないか、意識を向ける。

        動く前に自分の身体に意識を向ける。

        心の状態を認識し、体に意識を向ける。

         

         

        なにかの道具を使ったり、あらためて特別なことを行うわけではありません。難しいことでもありません。

         

         

        体をまんべんなく使うことで、筋肉は落ちにくくなる。

        もちろん、効果はそれだけではありません。

         

        これをやるかやらないか。

        やれるか、やれないか。

         

        ただそれだけなんですが、生きる上での金銀珠玉になり得るのです。

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

        ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        【TFC取説セミナー】※指導者向け

        2月9日(日)10:00〜13:00

        『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

         

         

         

        【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

        2月  2日(日)10:30〜12:00

        料金:500円(税込)!!

        ※1月19日(日)開催〜所感〜

         

         

         

         

        初回限定のお得な料金で実施中!!

        『からだの勉強会 -てほどき-』

        ※グループレッスン

        ●1月26日(日)10:30〜11:30

        「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

         

          

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |