{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
痛っ!〜私はこうして痛みを治しました〜
0

     

     

     

     

    それは突然やってきました。

     

    ズキン!

    一瞬身体がコワバリます。

    「いたっ!」

     

    木曜日の朝食時に体をほんの少し前に傾けた瞬間、腰に痛みが走りました。

    「ぎっくり腰?」

    (いや、そんなはずはない (^_^;)

     

     

    でも痛めたようです。

     

     

    原因を遡れば、一昨日のトレーニング指導の補助で81kgのダンベルを床からベンチまで持ち上げて、その後何度か持って床に下ろしたりしたのを思い出しました。

    その時は特に問題はありませんでしたが、体には確実に負担がかかっています。

    そして、その二日後の朝。

     

     

     

    窓を開けていたので冷気がスーッと腰に流れてきたのを感じ、

    「ちょっと冷えるな」と感じた矢先でした。

    体への負担と冷え、それに加え師走に入り、なにかと忙しい雰囲気(本人はそういう気はなくとも周囲の影響により、無意識にそう刷り込まれているかも)。

    疲労は確実にありました。

     

     

     

     

    痛みは左の上部仙腸関節あたりに特に感じ、腰仙部や下部腰椎間の狭窄はありそうな感じでしたが、患部の痛みだけで他に痺れなどは感じません。

    久しぶりに感じた痛みだったのでこういう時はやはりどうしても身体がコワバリますね。

    痛みの瞬間は、呼吸も止まり、力が入ります。

    力は特に上半身の首や肩に強く入ります。

    恐怖や不安の感情ってこういう所に出るんです。

     

     

     

    痛がっているので、妻には、

    「システマ!システマ!」って言われました (^_^;)

    なかなかシステマ出来ません (>_<)

     

     

    システマとはロシアのマーシャルアーツで、その核となるのが「呼吸」なのです。

    道でナイフを突きつけられてもまず「呼吸!」

    車が海に転落してもまず「呼吸!」

    なので、腰を傷めても「呼吸!!」すれば、

    「痛くないです」

     

     

    システマを面白く分かりやすくした動画。

    (バカにしてませんよ。念のため。実際に公式インストラクターから教わったことがあります)

     

     

    (とにかく呼吸はスゴク大事なことは分かりますね)

     

     

     

    少し動いても痛い、立ち上がっても真っ直ぐ立てない、歩いても痛い。

     

     

    今日は指導でベンチの補助あるんだけどな・・

    不安がよぎります。

     

     

    でも、やってしまったことは仕方がない。

    と心身を切り換え、治すための方向へ意識を向けます。

     

     

     

    とても痛い動作では、動きは止まります。

    でも痛いけど動ける範囲と言うものがあります。

    その範囲で動くことが治すためにとても大事なことなのです。

    そして冷えから起こった痛みでもあるので、すぐにミニホカロンを仙骨周囲の衣服に貼り、お気に入りの腹巻きをしました。

    温めることが効果的でした。

    よく冷やすといいのか温めるといいのかと聞かれますが、

    「気持ちのいい方を選んでください」と答えます。

    温めてズキズキするなら冷やせばいいです。

    もちろん熱を持ってズキズキと疼いている状態で温めたら、余計痛むのはわかりますね。

     

     

     

    そして、時々止まりながら痛みの少ない動作を試し試し動いて行きます。

    なぜ、痛くても動ける範囲で動いた方が良いのか?

     

     

    それは循環するからです。

     

     

    一般に腰痛になると動けないなどの先入観もあり、なるべく動かないようにします。

    安静するのがいいと思う。

    これも先入観です。 

    「安静はアヘンである。一時的には快いが、心身をむしばむ」

    と和歌山県立医科大学リハビリ科の田島文博教授が言っていました。

    もちろん程度によりますが、基本的に“安静は害”なのです。

    動きを試行錯誤しながらなんとか仕事に向かいました。

    動きの少ない指導なら何とかなり、徐々に体も動いて来たのでこれはいけるぞと前向きな気持ちにもなってきました。

    この前向きな気持ちも痛み改善には大事です。

     

     

     

    いつもどこかが痛いと言う人は、気持ちも後ろ向きです。

    痛いのだから当然ですよね。

    けれども自分で治して行く意識を持たないと、次から次へと痛みが出てくるし、痛みが体に居ついてしまうことがあるのです。

    でもどうすれば、痛みから逃れられるか、一般には分かりませんね。

    それを教えるために私たちは、動きの専門家として仕事させていただいているのです。

    こういうことは、よく勉強している人に訊いた方が早いです。

    ただ、大事なことは人任せにするのではなく、自分で治して行こうとする前向きな意識を持つことです。

    このような意識を持っている人は、改善が早いです。

     

    仕事中私が気をつけたことは、

     

    立ち姿勢

     

    足にきちんと体重がかかっていないと治りが遅くなります。

    痛みがあると体重をどこかに逃がしてしまいます。

    また上半身に力が入るので、結果として足への体重のかかり方が少なくなるのです。

    逆に言えば、痛い時に肩や首の力を抜くと、足へ意識が行きやすくなります。

    きちんと体重をかけるってどういうこと?

    と思われるか方は、こちらのブログをご覧ください。

     

     

    「立つことでクリーンに 〜川の流れのように〜」

     

     

     

    他にしゃがむ時はお腹を膨らませ腹圧をかける。

    お腹を凹ますのではなく、膨らます。

    膨らませて脚(お尻)の力を使い立ち上がる。

     

    して、痛い動作は避け、少し痛いけど大丈夫かなーという動作は行う。

    そうこうしていると、循環し、仕事中はアドレナリンも出るので、なんとか無事に一日終えることができました。

     

    しかも朝10時から夜10時まで昼休憩以外ほとんど続けて仕事できましたよ。

    もちろんベンチプレスの補助も110kgできましたよ!

    ちょっと不安もあったけど、トレーニングベルトをしてやりました。

    その翌日はさらに良くなっていて、2日経った土曜日にはほとんど気にならなくなったほどです。

     

     

     

    われながらスゴイなと思ってしまいましたよ (^^)

    いわゆるギックリ腰ですからね。

    でもギックリ腰になったとは言いません。

    ギックリ腰になったと言う時点で脳はそのような認識をして、身体に影響を与えます。

    だから痛みが出た瞬間、どうすれば良くなるか、すぐにそれを考えるように切り換えました。

     

     

     

    今回の痛みで改めて気づいたこと。

    それは、痛みがあったから普段より一層自分の体に気を使いました。

    足の向き、体重のかかり方、歩き方、立ち方、立ち上がり方、上半身の緊張、呼吸。

    これらを意識したことで、仕事で負担をかけながらも早く治せることが出来たと思います。

    痛みがない時って、あまり意識しませんよね。

     

     

    だから少しずつ身体が崩れて行くんだなと思います。

     

     

    健康な状態だからこそ、自分の体に意識を向ける。

    体重のかかり方、つま先の向き、どうかな?と。

    ただし、常に意識しているのは大変です。

    一瞬意識する機会を増やしてもらえれば、余計な体の負担を減らすことが出来るでしょう。

    人は調子の良い時には慢心します。

    調子の良い時こそ、慎重に。

    調子の悪い時には、朗らかに。

    どなたか名経営者が言っていたことを思い出しました。

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

    健康体操.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【まずは1,080円で体験してみませんか?】

    “有資格者による健康体操プログラム”

    あなたに必要な運動が凝縮された30

     

     

     

     

    2018-08-30.png

    身体習慣チェック

    学校では教えてくれない!

    〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

     

    詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

     

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    芸が立つ人は心身ともにやわらかい?
    0

      JUGEMテーマ:フィットネス

       

       

       

       

       

      アスリートの体が“やわらかそう”と言う人がいます。

      体操競技など柔軟性が大きく影響するスポーツを除き、スポーツ選手も結構カタいことが多いです。

      一般的に体がカタい・やわらかいの判断は前屈などで手の平が床につくかどうかなどでみられます。

       

       

      でも実際のスポーツ動作では、手を床につける前屈動作はしませんね。

      だから、やわらかければ良いという考えは持たない方がいいと思います。

      ケガをしやすいカタさというものはあると思いますが、体がカタくても世界チャンピオンになった選手もいます。

       

       

       

      カタいと言えば、体だけでなく『頭』があります。

      頭とは考え方、思考の仕方でもあります。

      人には好き嫌いがあります。

      生理的に嫌いなものがあるのは仕方ありません。

      嫌いな食べ物を克服しようと、一生懸命玉ねぎを食べようにも気持ち悪くなってしまいます。

      (誰にでも嫌いなものはありますよね?玉ねぎの匂いがダメです (>_<)

      ただ、好き嫌いを安易に判断してしまう人がいますが、これだとそれがどんなものかきちんと分かりません。

      食べたことのないものを見た目で判断。

      人を見た目で判断。

      ミュージシャンの音楽を一曲聞いただけで判断。

       

       

      人には趣味嗜好がありますから、当然ある方向に偏りはあります。

       

       

      でも、食べたことないけど、食べられそうだから食べてみる。

      見た目は好みじゃないけど、どんな考えをしてどんなことを話すのか話してみる。

      何となく気になるから、いくつかその人の音楽を聴いてみる。

       

       

      物事は一面だけでは分かりません。

      かならず、こういう一面があったのかと気づくことがあります。

       

       

       

       

      私は気になったものは、いくつかそのものに触れるようにしてみます。

      例えば、どこかで「こういう発言をするのか」と気になったら、ネットでその人を検索し、その人の発言した記事や本を見てみます。

      さらに興味が出てきて著書があれば、読んでみます。

      1冊読んでさらに「もっと知りたい」となれば、2冊、3冊と読みます。

      大体同じようなことが書いてあり、ひと通りその人について理解出来たらそこで終わりにします。

      さらに気になることが出てくれば、どこかで引っかかると思っています。

      実際そういうことが沢山ありました。

       

       

       

      ところが、2冊、3冊と読み進めてもさらに興味が尽きない人がたまにいます。

      本数冊では興味が終わらない。

      それどころか、さらに面白くなって「もっともっと知りたい!」となるわけです。

      それはなぜか?

       

       

       

      『芸達者』

       

       

       

      という言葉があります。

      芸にすぐれたさま。芸にすぐれた人。

      色々な特技を持っていて、人を楽しませるのが得意なさま。

      そのような人のことを言います。

       

       

       

      また同義語には、

      腕のいい職人、熟練者、名人、達人、名手、達者、練達、ベテラン、プロフェッショナル、古兵などあります。

      そのような人は、ちょっとやそっとでは理解できない。

      引き出しが沢山あるのです。

      だから興味が尽きない。

       

       

      では、興味を持ったが本を1冊読んでおしまい。

      と言う人はなんて呼ぶでしょうか。

      『芸がない』となります。

      もしかしたら、もっと深い一面があるのかもしれませんが、それはその人自身が判断すればいいので、芸がないと面白くないのです。

       

       

      私の仕事でも生活でもなんでもそうだと思いますが、芸達者になるにはどうすればいいかを考えると、

      冒頭に挙げた体をやわらかくすること。

       

       

       

      ではなくて、

       

       

      『頭』でしたね。

       

       

       

      思考をやわらかくしておかないと、様々なものに触れることが出来ません。

      自分の好みだけで簡単に判断していたら、未だ見ぬ琴線を触ることが出来ないのです。

      芸が達者になるには、様々な体験が役立ちます。

      体験を多くするのは、意識的にやるのではなく、「体験したい」という気持ちが湧くようにしていくことです。

      けれども意識のバリアを張っていると、心が広がりません。

      好き・嫌い、善・悪、をすぐに決めつけずに、受け入れる心の余裕を持っておくと自然に引き出しが増えて行くと思います。

       

       

       

      頭をやわらかくしてると、体もやわらかい状態を保てると、これまでの経験で感じています。

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

       

       

       

      健康体操.jpg

      【まずは1,080円で体験してみませんか?】

      “有資格者による健康体操プログラム”

      あなたに必要な運動が凝縮された30

       

       

       

       

      2018-08-30.png

      身体習慣チェック

      学校では教えてくれない!

      〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

       

      詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

       

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
      教え方も勉強します。
      0

         

         

         

        毎日、お客様にいろんなことを教えさせてもらっています。

        多くの人に“先生”と呼ばれます。

        日本では先生と呼ばれると偉いような気になることもありますが、単なる敬称の一つなんですね。

        医師、弁護士を始め士業に就く人、政治家、作家など、多くの人が先生と呼ばれます。

        ところがこの先生という敬称は、中国にいくと、日本語で言う所の「○○さん」にあたるようで、特別な敬称ではないんです。

        同じ漢字圏でも違います。

         

         

        ちなみに中国では日本の先生にあたる言葉は、“老師”になるそうです。

        日本では、目上の人のイメージとして使われることが多い“先生”ですが、私はそう呼ばれると少しむず痒い感じがします。

         

        先生と呼ばれると、何か高い地位にいるように勘違いしてしまい、驕りや甘えが出ると思うからです。

        やはり先生と言えば、学校の教師と医師がイメージにぴったり来ます。

         

         

         

         

        日常では様々な目的について、自己の知識と技術を使い教えるのですが、他のところで教わってきたことと、私が教えることの知識が合わないケースもあります。

        例えば、社交ダンスを楽しむお客様は、ダンスの先生から体の使い方を色々と教わります。

        ダンスをやるための知識と言うものがありますので、膝に負担がかかる動作でもやることがあります。

        だからダンスをしていて、膝が痛いと言う人が沢山いるようです。

        それはそうなるようにしているのだから、ある意味仕方がありません。

         

         

         

         

        でも、どうやってもそうはならないことを教わってくる場合があります。

         

        モダンダンスでは、お互いに組むことをホールドというのですが、その時に「肩甲骨を寄せてください」と教わります。

        そして、さらに「腕は前に出してください」と言われます。

        手を水平に挙げて、肩甲骨を寄せて見てください。

        腕はどちらに動きますか?

        前には出ませんよね。

        無理矢理やれば出せます。

        でも無理矢理ですから余分な力が入り、体は緊張します。

        それでは、やわらかく華麗なダンスは踊れません。

        腕を前に出したければ、肩甲骨は外側に開く(外転)方向にベクトルを持って行くことでやりやすくなります。

         

         

         

        こんな時どのように教えるか・・

         

         

         

         

        他者を否定することは前面に出しません。

        まず、体の仕組みを教えます。

         このように関節を動かせば、こうなりますよ。ということです。

        そして、体にとって自然な動きとはこうです。というもの。

         

         

        教えるときに大切と言うか、これを違えるとどうにもならないことってあります。

        このお客様が、ずーっと肩甲骨を寄せたまま腕を前に出そうと意識して踊っていたら・・

        その踊りで高評価が得られるのなら別ですが、そうでなければどうやろうとも上手くは踊れません。

        ダンスの先生が「そのようにして踊りたい」のならそれでいいのですが、それであれこれ言われてもどうにもなりません。

        こういう事って結構たくさんあるんです。

         

         

         

         

        体の仕組みを教えたら、あとはそれをどうやったら出来るようになるのか。

        それを練習します。

        その感覚をつかむ練習をするということです。

        肩甲骨を開く(外転)感覚がなければ、それを掴むためのご指導をします。

         

        そして、肩甲骨を外に開く意識をした方が、腕は前に出しやすいと分かれば、それでおしまいです。

        あとは実際のダンスでやってもらえれば自然に身についてくるはずです。

        ところが、これを過剰に教えてしまうと「教え上手」とは言えないと思うのです。

        ダンスのホールドで、腕を前に出すやり方はご指導した。

        あとは自身でどうやればその感覚が実践でつかめるか。

        どうやれば、その形をキープ出来るか。

        試行錯誤を繰り返すことで、得られる感覚だと思うからです。

        「すぐに答えが分かった方が良いじゃないか」と思う人もいるでしょう。

        ただこういう場合、答えというのは、お客様自身の中にあるものなんです。

        こちらが、「これです」と出せるものではない。

        そうなるようになるアドバイスはできるけど、答えではない。

        そのように考えています。

         

         

         

         

        ユダヤ人は、子どもに魚を与えるのではなく、魚の捕り方を教えると言います。

        魚はもらえるものと思っていたら、いざという時、生きていけないかもしれません。

        生きていけないのは大袈裟としても教え方の要諦だと思うのです。

         

         

         

        私たちは、すぐに答えを知りたがります。

        学校教育で正解を求めることを訓練されてきたからだと思います。

        自分自身で時間をかけ、考え、感じ、そうして身についたものと言うものは簡単に忘れないものです。

        前々回のブログにも書いたお茶の世界もそうですが、腑に落ちるというのはそういうものだと思っています。

         

         

        過去ブログ『日日是好日−お茶とコンディショニング−』

         

         

         

        何もかも簡単に調べられる時代だからこそ、すぐに答えを欲しがる体質になっていないか時々自問します。

        簡単に得た答え、そうすると人はたくさんのことを一度に知りたがります。

        そしてたくさん教えると、どうなるか。

        かえって浅く少なくしか伝わらないものなのです。

         

         

        それは主体性を低下させます。

        教えることが上手な指導者は、答えを自分自身で導き出せる力を養うよう教える人です。

        即効性のある答えって、すぐに忘れてませんか?

        「いかに教えないか」も大事な教える技術の一つだと考えています。

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

         

        健康体操.jpg

        【まずは1,080円で体験してみませんか?】

        “有資格者による健康体操プログラム”

        あなたに必要な運動が凝縮された30

         

         

         

         

        2018-08-30.png

        身体習慣チェック

        学校では教えてくれない!

        〜立つ、歩く、しゃがむを見直そう〜開催中!

         

        詳細はこちら⇒http://tfc.tokyo/

         

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

         

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | パーソナルトレーナー | comments(0) | - |