{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
アクティベートは意識から始まる
0

     

     

    ご覧いただきありがとうございます。

     


    最近では毎年東京ビッグサイトでの開催が恒例となっている「SPORTEC2018」に行ってきました!
    メディアでも幅広く紹介され、フィットネス業界の新商品や目玉品などが展示されています。
     

     

     

    大勢の人達が訪れ、マッチョ軍団や女性フィットネスモデルの方々も華やかに盛り上げてくれます。
    その中で数多くのセミナーが行われるのですが、

     

     

     

     

    私も講座を担当させていただき、今年は、「アクティベーション・メソッド〜動きが目覚める活性法〜」というテーマで講師を勤めさせていただきました。
     

     

     

    アクティベートとは、活動的にするという意味があります。
     

     

     

    人の体は脳から情報を出し、筋肉がそれを受け取り動きます。
    つまり相互に情報の交換をすることで動いているのです。
     

     

     

    けれども、その情報が偏って伝わってしまうと、本来動くはずの部分が動かなくなり、動作も片寄ってしまいます。
     

     

     

    体が硬くなったり、痛んだり、思うように動けなくなるのは、この情報伝達が上手くできない時にそのシグナルとして現れます。
    大人は生活動作や環境に大きな変化がないまま、ほぼ同じような姿勢や動作を繰り返す日常です。
     

     

    これが情報伝達が偏ってしまい、体の機能にバイアス(偏り)がかかってしまう要因なのです。

     

     


    「アクティベート」という語はコンピュータ用語としても使われることがあります。
    ハードやソフトを有効にし、利用できる状態にすることを意味します。
    人の体はまさにコンピュータと同じで、体を「利用できる状態にする」のがアクティベートなのです。
     

     

    情報のやり取りで動いている人は、コンピュータ同様のシステムとして考えると、体にかかったバイアス(偏り・片寄り)を解消することが動きを目覚めさせる方法であると考えたのです。

     

     


    人の体で動いていない箇所があると疲労します。
     

     

    運動するにしても体にバイアスのかかった状態では、余計に疲れてしまいます。
    つまり運動しているけど、実はきちんと運動していないことが考えられ、運動しているのに運動不足に陥っている人がいるのです。
     

     

    体が硬いから疲れるなどと考えがちですが、かたい、やわらかいではなく、満遍なく動いているかが焦点なのです。
    体が満遍なく動いていると、バイアスがかかっていない状態ですからとても楽なのです。
     

     

    ◆【アクティベーション】腕の動きがパッと目覚めるエクササイズ!

     

     

     

    楽な体をつくるには、動いていない部分をつくらないことがポイント。
    それには、自分自身の身体に意識を向け制御することが大切です。
    そして、どの部分をどのように動かしているか、そこに意識を働かせることがなくてはなりません。

     

     


    体に動いていない部分をつくるから運動不足になります。
    そして体をアクティベートすれば、血液、リンパ、呼吸、エネルギーの循環が改善され、筋肉はやわらかく、関節は軽く動く体をつくることができます。

     

     


    これが本当の運動の実践だと考えています。

     

     


    先週土曜日のコンディショニングセッションではこのアクティベーションがとても効果的で印象的した。
    変形性股関節に悩む中年男性。
    座位の姿勢では体は右に傾き、背骨は右に側弯。
    あきらかに痛い方の左のお尻に体重がかかっていません。
     

     

     

    左股関節は内側に行かない(内転、内旋、伸展制限)。
    そのような方にまず、
     

    足首、手首、のアクティベーションを実施。
    次に腰からお尻にかけてを緩める呼吸を用いたアクティベート。
     

     

    ここまでで、あきらかに右側に片寄って座っていた重心が真っ直ぐになりました。
    右に側弯していた背骨も中心に近づきましたが、元々曲がっていたわけではないのであっという間に戻りました。

     

     


    ご本人も驚いた様子でしたが、このような自分自身の身体の変化に気づいてもらうことはとても大切です。

    日々セッションを繰り返していると、自分の体がどうなっているか分からない人がとても多いのです。

    そのようなことに意識を向けていないので仕方のないところもありますが、それをやらないと体って変わらないんですよね。

    詳細に分かりすぎる過敏状態も良いとは思いませんが、自分の身体に対しての気づきを高めることをやっていただけると体は変わり、痛みに対しても良い方向に向かって行くのです。

    精神的な部分にもポジティブな方向に働きます。

     

     

     

    今回のセミナーでの大きなキーワードは3つ。

     

     

    情報伝達

     

    制御

     

    意識

     

     

     

    身体を制御するには意識しなければなりません。

    意識を正常にするには正確な情報伝達が欠かせません。

     

     

    健康な人生を送るために大切な本質的知識をお伝えしたセミナーのレジメに記載したまとめを一部ご紹介いたします。

    何かの気づきのきっかけになれば嬉しいです。

     

     

    お読みいただきありがとうございました。

     

     



    アクティベーション・メソッド

    ・動きの誤作動が運動神経や筋肉のアンバランスをつくります。
    ・なぜ誤作動を起こすのか、それは体の使い方が片寄っているからです。
    ・体のよく使っている部分と使っていない部分があるのが片寄りです。
    ・その誤作動を正常化すると筋肉が軟らかく、関節が動きやすくなります。
    ・体の使っていない部分をなくして行けば、体は正常に機能します。
    ・つまり、痛みや不具合がない体をつくることが出来ます。
    ・それを維持すれば、健康な状態で過ごすことが出来るでしょう。
    ・呼吸は生きる上で最も重要な機能のひとつです。
    ・二足歩行の人間はきちんと立つことがアクティベーションになる。
    ・アクティベーションは自分自身を内観(意識)すること。
    ・体の健康は、心の健康と同じです。
    ・心身一如の健康体であれば人生が楽しくなります。

     

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
    自然とは自ずとできること〜運動する前に必要なこと〜
    0

       

       

      ご覧いただきありがとうございます。

       

       

       

       

      「あ〜気持ち良かった!(^^♪」

       

       

      お客様にそう言っていただけると嬉しいです。

      嬉しいし、さらにやる気が出ます。

      お客様により運動強度は様々ですが、それぞれ同じようにストレスを調整してセッションします。

       

       

      高齢者には、

      体の動いていない部分を調整し、→ アクティベーション

      体を軽く動かせるようにしてから、→ ポンプエクササイズ

      QOL(生活の質)を落とさないために、→ エッセンシャルエクササイズ

      をご指導します。

       

       

       

       

      アクティベーションでは、誰でもできるはずの簡単な動きを行いますが、多くの人がきちんとできません。

      それだけ日常生活での体の使い方が片寄っているということです。

      例えば、肩関節をアクティベーションするときには色んな方法があるのですが、手首を動かします。

      動かし方にはコツがありますが、やっていると誰でも出来るようになり、簡単に肩や首の動きが良くなります。

      この有効化を意味するアクティベーションは、体の使い方のアンバランスを解消して自然な動きができるよう促すことから最近は欠かせずセッションに組み込んでいます。

       

       

       

      ポンプエクササイズは、速筋線維を自分の体の負荷だけで簡単に刺激します。

      これも簡単に筋量減少を抑制することができ、しかも循環したやわらかい筋肉をすぐにつくることができ、運動の得意でない方には特に重宝しています。

       

      参考ブログ「運動は記憶〜適切かつ簡便にやろう!〜」

      http://motohashiblog.jugem.jp/?eid=31

       

       

       

      そしてエッセンシャルエクササイズとは、私たちが活動的に生きる上で必須と言えるトレーニングです。

      代表的なものが、スクワット。

      私たちのバリエーションは、相撲スクワット、四股スクワット、開脚蹲踞(かいきゃくそんきょ)、スキースクワット、水上スキースクワット、スプリットスクワット、BOXスクワット・・

      と豊富にあります。

      相撲や四股、スキーや水上スキーのスクワットはそれぞれ似た印象ですが、全然違う刺激がそれぞれにあります。

             

       

      相撲スクワット動画

       

       

      四股スクワット動画

       

       

      四股スクワットの方が足幅を広く取ってやってみてください。

      上体や骨盤の角度が変わります。

       

       

      他にも体幹部を刺激するものがたくさんありますが、基本的にはスクワット系ができていればいいと考えます。

      下半身は筋量が多く、おへそから下の筋肉量は全身の約7割と言われています。

      特にお尻の筋肉は大きく、体を前に進めるために重要な筋肉が体の後側についているのが分かると思います。

       

       

      陸上短距離の選手は、皆スゴイお尻をしていますよね。

      速く走る犬や馬など四足の動物もお尻の筋肉が発達しているのが分かります。

      移動するための駆動筋としてお尻や腿裏の筋肉を刺激します。

       

       

       

      運動好きな方には、お手玉、ボール各種、フリスビー、ゴムバンド・・などを使い楽しく全身運動をすることもあります。

      女性に人気のキックもやります。

       

       

       

      様々な運動を行いますが、基本的には冒頭の「あ〜気持ち良かった!(^^♪」の身体を目指しています。

       

      セッション前に立ちしゃがみや歩きの動作確認をすることがあります。

      でも、それより最も重視しているのが、『立つ』ことです。

       

       

      「あ〜気持ち良かった!(^^♪」と言って下さる方の立ち姿勢は自然体です。

      自然な立ち方ができているから気持ちがいいのです。

      素晴らしい活躍をするスポーツ選手って立ち方が自然ですよね。

      余分な力が入ってない。

      余計な緊張感がないですよね。

      だから体は循環するし、エネルギーも湧いてくる。

       

       

      「気持ちがいい」はずです。

      スポーツやレクリエーションスポーツをするにも、まずはきちんと自然体に立つこと。

       

       

      自然に自然体で立てること。

       

      ひとりでに、自ずとできること。

       

       

      これが運動をするために必要不可欠であると思います。

      セッション前後にチェックしています。

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

      【夏の二大イベント】※指導者向けセミナー

       

       

      ◆当社主催セミナー

      ≪QOLを高める!エッセンシャルエクササイズ≫

      手足などの末端より、脊柱や股関節などの体幹部(コア)に近づくほど動かすのが難しい!?と感じる方が多いようです。

      今回のコアトレでは、動物本来の機能的な動かし方、順序を改善することを目的とした画期的な方法をご紹介いたします。

       

      03s.jpg

      TFCカラダの取説セミナー【指導者向け】

      8月5日(日)10:15〜12:15(2.0h)

       『超!実用的コアトレーニング』〜シニアのためのコアトレ〜

       

       

      ◆スポルテックセミナー

      ≪小さな動きであっという間に変化する!新感覚セルフエクササイズ≫

      機能的に動かそうと思っても癖づいた神経はそうはさせてくれません。

      その癖を取り除くための刺激が「アクティベーション」です。

      今回はそのメソッドをご紹介いたします。

       

       

      2018-06-13 (2).png

       

      SPORTEC2018 【指導者向け】 

      2018年7月27日(金)15:00〜17:00

      『アクティベートメソッド〜動きが目覚める活性法』

      講師:本橋正光

       

       

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      運動は記憶〜適切かつ簡便にやろう!〜
      0

         

         

        ご覧いただきありがとうございます。

         

        当社のコンディショニング指導では、中高齢者のサルコぺニア防止のためにポンプ運動というものを行います。

        サルコぺニアとは、サルコ(筋肉)とぺニア(減少)の意味から造られた言葉で、主に加齢によって筋肉量が落ち、筋力低下や身体機能の低下が起こることを言います。

         

         

         

         

         

        筋力が低下すれば運動能力や意欲が低下し、活動範囲も減少します。

        筋力の低下は筋量の減少に比例するから筋肉を落とさないよう一般的には筋トレを推奨するのです。

        筋肉には大雑把に分けて速筋線維と遅筋線維があり、速筋が白身、遅筋が赤身と言われます。

        白身は速筋の文字通り速く大きな力が出せる筋肉で、赤身は大きな力を出すには向いていないが持久力に富んだ筋肉です。

         

         

         

         

         

         

        サルコぺニアでの問題は、

        加齢によるこの速筋線維減少のことです。

        速筋線維は速く大きな力を出す筋肉なので、重い負荷をかけたりやジャンプなど速く動作するトレーニングを行います。

         

         

         

        したがって、ジムでは当たり前のようにマシンやウエイトトレーニングをしますが(ジムに来ているのだから当然ですよね)、私がジムで指導している高齢者にはマシンやウエイトトレーニングはほとんど行いません。

        なぜなら筋肉量は大きな負荷や大ががりなマシンを使わなくても維持、改善できるからです。

         

         

        そのために行うのがポンプ運動ですが、筋量の維持だけではなく、シェイプアップにもなります。

         

        [ポンプ運動イメージ]

        https://www.youtube.com/watch?v=5JTXXcJ8fBo

         

         

         

        先日、コンディショニングセッションでポンプ運動を行い、お帰りの際に「脚が細くなった!」と嬉しそうにおっしゃった高齢女性がいらっしゃいました。

         

         

         

        なんでも履いてる靴下の口がいつもより上まで来ているとのこと。

        実はポンプ運動は、速筋線維の刺激だけでなく、循環運動なのでむくみや腫れも取れるんですね。

         

         

         

         

        しかも負荷が腕や脚など自分の体だけで、他に道具や器具は何もいりません。

        いつでもどこでもできますから、小分けにしてちょっとした合間に実践していただけると筋肉や関節がやわらかく、快適な身体の状態を保つことが可能です。

         

         

         

        自分の意思で体を動かせる人なら誰でもできます。

        1つの部位は30秒程度で終わりますから、簡単に循環する体を維持できます。

        しかも1年以上継続している人をみると、ジムでマシンやウエイトトレーンングをしていないのに筋量は維持できているようです。(詳細に測定をしていませんので正確な検証はしていませんが、主観的には痩せていないし、体の問題もありません。体重も変わりありません。)

         

         

         

         

        何より簡単に速筋線維の刺激と循環改善、筋肉や関節がやわらかく、おまけにシェイプアップも出来てしまうのですから、やらない手はないと思います。

        全身どこの筋肉でもできますが、基本的には主要な筋肉だけで十分効果的です。

         

         

         

         

        それとポンプ運動は関節の動かす軌道、そして動かす順序をご指導します。

        関節には噛み合わせがありますから、それがずれて仕舞えば関節部に負担がかかります。

        今は見る機会が少なくなった折り畳みタイプの携帯電話を捻じって開閉すれば接合部が壊れるのと同じです。

        どの部位も関節の噛み合わせ通りに使えば痛める可能性が低いことがお分かりになると思います。

        特に下半身の足首、膝、股関節、そして手首、肘、肩などの上肢と呼ばれる関節部の問題が多いですね。

         

         

         

         

        そして動かす順序はとても大事です。

         

         

         

         

        高い所に手を伸ばす時、肩と肘を動かす順序が違う人がいます。

        体幹部から動かした場合、体幹部に近い関節から動かすといいのですが、先に肘を動かしてしまう人が多くみられます。

         

         

         

        そうすると肩関節の動きのリズムが崩れ、筋肉や腱、そして関節周囲のストレスが増して、痛めることがあります。

         

         

         

        中高齢者が肩を痛めるのは、大体このアンバランスな動作リズムによるものがかなり多いと思います。

        運動順序を体に定着させるには、運動や動きに関係する脳の部位を刺激することになります。

        この脳の運動野の活動を刺激することで、覚えた動きを脳に定着させるのです。

         

         

         

         

         

        これを「運動記憶の増強」といいますが、レム睡眠なしに動きの記憶を定着させることはできないのです。

        運動した日はよく眠れるといいますが、レム睡眠をすることによって「運動記憶の増強」がされるので、やはり運動、栄養、休養は運動効果を最大限にするポイントになるのが分かります。

         

         

         

         

        運動もただ鍛える考えから、機能的に動かす、そして無駄を省いて最小の努力でやりたいものです。

        運動記憶の増強は、機能的な動きをした時に有意義な結果を出します。

         

         

         

         

        ただ体を動かしただけでは、非機能的な動きを脳に定着させてしまうのです。

        ゴルフの練習場で何百球打ったと自慢げに話しても、打ち始めはいいですが疲れていくうちに動作が変わってきます。筋肉が疲労すれば、あちこちに力が入ってきてスムーズな動作は出来なくなります。

        ただ打つだけで動作はどんどんおかしくなって、何百球の後半ではもはや最初の動きとはかけ離れたスイングになって終わることになり、おかしな動作の定着をすることになります。

         

         

         

         

        練習して下手になる。とはこのことです。

        一生懸命やるのはいいのですが、その情熱をどのようにかけるのかは考えなければなりません。

        時間は平等にあるのですから。

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

        【夏の二大イベント】※指導者向けセミナー

         

         

        ◆当社主催セミナー

        『超!実用的コアトレーニング』〜シニアのためのコアトレ〜

        手足などの末端より、脊柱や股関節などの体幹部(コア)に近づくほど動かすのが難しい!?と感じる方が多いようです。

        今回のコアトレでは、動物本来の機能的な動かし方、順序を改善することを目的とした画期的な方法をご紹介いたします。

         

        03s.jpg

        TFCカラダの取説セミナー【指導者向け】

        8月5日(日)10:15〜12:15(2.0h)

         『超!実用的コアトレーニング』〜シニアのためのコアトレ〜

         

         

        ◆スポルテックセミナー

        「運動記憶の増強」が大切なら体が機能的に動かせなければなりません。

        機能的に動かそうと思っても癖づいた神経がそうはさせてくれません。

        その癖を取り除くための刺激が「アクティベーション」です。

        今回はそのメソッドをご紹介いたします。

         

         

        2018-06-13 (2).png

         

        SPORTEC2018 【指導者向け】 

        2018年7月27日(金)15:00〜17:00

        『アクティベートメソッド〜動きが目覚める活性法』

        講師:本橋正光

         

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |