{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
寝相は運動?
0

    JUGEMテーマ:フィットネス

     

     

     

     

     

     起床後にカラダがスッキリした時とイマイチ疲れが残っている状態の時ってありますよね。

    これって関連はハッキリわかりませんが、「寝返り」が関わっているような気がします。

    スポーツを見ていると、例えばサッカーなど、後半の体力気力共にきつい時間帯に笛が鳴って時間が止まった時に選手は腰に手を当てたり、膝に手を当てて中腰になったりしています。

     

     

     

    これは一種の休息ポーズです。

     

     

     

    プロの選手に限らず皆さんの運動時でもそうだし、運動でなくても長い時間ショッピングで歩き回った後など、椅子にもたれかかったり、こうべを垂れたり、独自の休息ポーズをすると思います。

    それって、カラダを楽にしたいというポーズなんだと思います。

    自分にとって一番楽になるよう緩める行動パターンなのです。

     

    それは無意識的に行うことがほとんどです。

    だから、休むポーズはこれっ!て決まっているわけではなく、人それぞれなのです。

    長時間パソコンに向かっていると、あくびが出たり、手を後ろにして伸びをしたりします。

    椅子の上で胡坐をかいたり、貧乏ゆすりをする人もいるでしょう。

    ため息や深呼吸もそうです。

     

    人前だと大きなあくびが出来ないことや貧乏ゆすりをすると嫌がられることもあるかもしれません。

    でもこれ実は本能からくる“しぐさ”で、自分で身体の緊張をとるための調整運動なんですね。

     

     

     

    私達コンディショニングトレーナーは、体の悪癖を直そうとします。

    でも、それが果たして悪癖なのかどうかを見分けなければなりません。

     

     

    背中が丸いから、真っ直ぐする?

    内股だから悪い?

    ため息は幸せが逃げる?

     

     

     

     

    すべて意味を考えて指導することが大事だなと思います。

    それは、一時的なカラダの調整運動なのか

    カラダに染みついた悪癖なのか

    何が良くて悪いということだけではないのです。

     

     

     

    そうやって、人間のカラダは自然に治して行くものなんだなと思います。

     

     

    ただ、いつも同じ姿勢や動作を繰り返すことには注意が必要です。

    片寄りは体を負のサイクルへ引き込んで行きますからね。

     

     

    それで、冒頭の「寝返り」についてですが、昼間よく動く子供は夜寝返りをよく打ちます。

    反対に高齢者は寝返りをあまり打たず、静かに寝ている印象です。

     

    つまり、寝返りと言うのはカラダが自然に行っている調整運動なのです。

    昼間は活発に動いて使った筋肉や関節を、夜寝返りを打ちながら調整して元の自然な状態に戻して行く。

    だから昼間よく動く子供は寝返りをたくさん打ち、反対に昼間あまり動かない高齢者は静かに寝ているのだと思います。

    高齢者を指導していて分かるのは、カラダの硬い人はあまり寝返りを打たないということです。

     

     

    よく、

    「どんな姿勢で寝ていますか?」

    と訊くと、

    「仰向け」

    と返ってきます。

    「ずっと仰向けですか?」

    の問いに、

    「はい」

     

     

     

    (えーーーー!そんなはずないでしょう。それって仮死状態!?)

    と思いますが、寝ている間は分からないだろうし、おそらく少しは寝相を打っているでしょう。

     

     

    でもそんなやり取りも一度や二度ではありません。

    おそらく、そういう人は寝相が良いのが良い(何が良いのか?)と思っているのかもしれません。

     

     

    何はともあれ、寝返りを始め、体が自然に行う“しぐさ”にもっと注意を向けてみると面白いです。

    「あれっ!自然と体を丸めてた」

    「首を後ろに反らしたい」(空を、天井を見たい)

    「脚を組んでる」

    「カラダをユサユサと左右に揺らしている」

    これらは身体を自然体に戻すための調整運動かもしれません。

    その行為に意識を向けることでカラダの反応が良くなりますよ。

     

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

    いくつかカラダをリラックスさせる調整運動をピックアップしました。

    隙間時間にちょこっとやってみてください。

    一所懸命やりすぎないことがカラダを調整するコツです。

     

     

     

    『骨盤の緊張や疲れをとる調整運動』

     

     

     

    『体が捻じれやすい人におススメの調整運動』

     

     

     

    『呼吸が浅い人におススメの調整運動』

    胸が開いて呼吸がしやすくなります。特に就寝前におススメ!

     

     

     

    ◆『からだの勉強会 -てほどき-』

     

    スクリーンショット (43).png

    期間限定の特別料金で実施中!!

    『立ち方を知る、体験する』

    〜姿勢づくりで美尻もGET!!〜

    https://tfc.tokyo/free/tehodoki

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

     

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    思考癖
    0

       

       

       

       

      「起きたくないな〜」

      「寒いな〜」

       

       

      春とは言え、朝方はまだ寒い季節。

      何度かスヌーズ機能に設定してある携帯の目覚まし時計を止めて、何十分か後になってようやく起き出す。

      なぜパッと起きられないかと考える。

      疲れ?ストレス?栄養不足?

      いやいや、それらもあるかもしれませんが、それとは別に対処する方法があります。

      最近取り組んでいるのは、冒頭の言葉への対応の仕方。

      私たちは日々、実に多くのことを考えています。

      何かしら常に考えています。

      考えていない時間はほとんどないと言ってもいいでしょう。

      目が覚めた瞬間から、「眠いな〜」と考えているのですからね。

       

       

       

      眠いと考えれば身体は起きたくない、もっと眠りたいという反応をします。

      コンディショニングトレーナーとしてクライアントの体に触れているのと同じで、目的の反応を引き出すために様々な刺激をします。

      その刺激と同じで、私たちは自分で言葉という単語を使い、自分自身に刺激を与えていることに気がつきました。

      ですから、その刺激の種類を変えてあげれば、反応も変わるはず。

      ということで、「起きたくないな〜」という刺激を変えてあげようとすることで反応を変えることに取り組んでいます。

      起き抜けは誰でも眠いはず。

      でも「眠いな〜」と思いそうなその一瞬にパッと思考を切り換えるのです。

       

       

       

       

      思考はエネルギーです。

       

       

      電気信号なのでエネルギーなのです。

      自分の頭から負のエネルギーを流さないよう遮断することで、体がスムーズに動かせるようになります。

      1日の思考を振り返ってみてください。

      文句、愚痴、妬み、嫉妬、願望・・・

      いかに負のエネルギーを流しているかがわかります。

      これらのエネルギーは体を強張らせますし、

      怖いのは負のエネルギー積算してしまうことです。

      ひとつの文句がさらなる文句を生み、気づいたらそのことについて何度も何度も思考を重ねていることがあると思います。

       

       

       

      だから最近は何か不条理なことに遭遇したら、その事実だけを一瞬受け止め、そのことについてあれこれ思考しないよう、切り換えることにしました。

      例えば、バイクに乗って通勤している時に前方の車間距離を開けすぎて走っている車のドライバーがいます。

       

       

      以前なら、

      「前との車間あんなに空いているのに協調性ないな〜」

      なんて考えたりしました。

      通勤なので大抵早く着きたいという願望から少し焦りの気持ちもあるので、そのような思考を生みます。

      でも今はそんな時、パッと視線(視点)を移してしまいます。

      「ここの建物改築してるなー」

      「あっ!黒人さん自転車乗ってる!」(そりゃ乗るだろうけど、あまり見かけないので)

      「空が曇ってるな」

       

       

      負のエネルギーをつくる思考以外ならなんでもいいのです。

      とにかく負の電気信号を流さないよう癖をつけるようにしています。

      目下、訓練中ですので、まだまだ余計な思考をしていることがありますが、自分の脳に癖をつけてしまえばできるようになると思うんです。

      負のエネルギーは、コルチゾールなどストレスホルモンが産生され、たび重なれば体に悪影響を及ぼします。

      人は他人の顔を見ただけで、何かを考えますよね。

      あっ、カワイイな。

      などの思考はいいと思いますが、(^_^;)

      何を仏頂面して見てるんだ!

      なんて相手は仏頂面しているつもりはなくてもこちらの気分次第でそう挑戦的なことを思ってしまうこともあります。

      人はいかにそういうことを考えているか、そしてそれが自分の体にどのような影響を与えているかを考えています。

       

       

      人は常に思考しています。

      特に現代人は思考優先型の生活をしていると思います。

      ですから、体を楽にするにはこのような精神面からのアプローチも必要だなと、ここのところ強く感じます。

       

       

      鍼灸師の中村秀一先生はご自身の治療に『純粋思考』という概念を用いています。

      純粋な思考で患者さんを診ると思いがけない問題を見つけることができるのです。

      その純粋思考は私たちの日常にも大いに使えるもので、ひいては人生において有益な影響を与えてくれるものだと思っています。

       

      言葉ではわかっているかもしれませんが、実際にやれるかというと、簡単なようで簡単ではない。

      姿勢や動作の体の癖を変えるより難しいと思います。

      姿勢や動作は目で見えますが、思考のエネルギーは目で見えませんから。

      まして自分の頭の中の思考に気づくことってすぐにはできません。

      誰も教えてくれないし、脳内でコンコン!「マイナス!マイナス!」とノックしてくれればいいのですが、訓練が必要だと思います。

       

       

      思考が体をつくると言っても過言ではありません。

      思考を切り換えることは、体と同じで換気、循環、代謝なのです。

      みなさんもご自身の思考癖に気づいたら、瞬時に切り換えてみてください!

      また思考は頭(脳)でつくるものと考えがちですが、私たちの感情に訴えるエネルギーもあります。

      胸が熱くなるなんて言葉がありますね。

      このエモーションについては、さらに勉強してもっと経験を積んだら書きたいと思います。

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      ◇当社のコンディショニングセッションは、お手軽な30分から。↓

      http://tfc.tokyo/free/price

       

       

      ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

      【パーソナルトレーナー・インストラクター向け】

       トータルフィットネスマンツーマン講習会 

        『WAK  WORK』

           ワク    ワーク

       

      https://tfc.tokyo/free/wak-work

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
      呼吸をなめんなよ!
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

         

         

         

         

        「その膝痛、実は呼吸が関係していますよ!」

        と言われたら「えっ!?ホント」って思いませんか?

         

         

        一例を上げます。

        重心が前に片寄っている人がいます。

        横から見るとお腹(骨盤)が前に出て膝がほんの少し曲がっています。

        この時点ですでに膝のお皿の上方を触ると硬く緊張しています。

        立っている時には常にそこが緊張しているのです。

        当然、歩いてもそれが基本姿勢ですから膝周囲の緊張は強くなります。

         

         

        次に頭から首を見てみます。

        こちらも骨盤と同じように前に出ています。

        首や肩の緊張もあります。

        そうなると、肩の位置はどうでしょうか。

        前に飛び出て、手の平が後ろ側に向いてしまういわゆる“巻き肩”になり、胸の上の方の筋肉も硬いです。

         

         

        ここまでの姿勢をイメージしてみてください。

        実際に出来る範囲で構いません。

         

         

        そして、その姿勢で大きく息を「吐いてー吸ってー」みてください。

         

         

        深く吸えないです。

        浅い呼吸しかできません。

        無理矢理大きく吸うことも出来なくはないですが、そんな呼吸をしていたら疲れてしまいます。

        呼吸は自然に深くゆったりと出来るのがいいですよね。

         

         

         

        ではきちんと呼吸するためには、姿勢を良くすればいいのでしょうか?

        良い姿勢という言葉も意味が難しいのですが、この場合『深い呼吸がしやすい姿勢』と定義しましょう。

        深い呼吸がしやすい姿勢を取れば、膝の痛みが良くなるでしょうか?

         

         

        私のセッションでは逆です。

         

         

        まず、深い呼吸が自然にできるカラダの状態をつくります。

         

         

        それは、上記の姿勢で動きの悪くなった背骨や肋骨を動くようにすることです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        お客様お一人おひとりの姿勢やお身体の状態は違いますので、一概にこれをやれば良いというものはありません。

        でも、背骨や肋骨がこわばって動きが鈍くなっていると、深い呼吸はできません。

         

        だから、まず背骨と肋骨を弱く小さな動きで動かしていきます。

        いきなり、グリッと背骨を強く回したり、反らしたりしても反発するだけです。

        まずは注意深く、少しずつ動かして行きましょう。

         

        その時に呼吸に動きを合わせていくと効果的です。

        もっと言えば、

        呼吸が先で呼吸によって体がどのように動くかを感じながら、できるといいです。

         

        例えば、椅子に座ったまま左の肺だけにたくさん空気を入れるつもりで息を吸ってみてください。

        実際は右肺にも空気は入りますが、イメージしてやりましょう。

         

         

        体はどのように動きますか?

        あるいは、どのように動きそうですか?

        上手く行けば、背骨が左側に回旋して行きそうになりませんか?

        左の肺が大きく膨らむのですから、そちらに引っ張られることが分かると思います。

        その呼吸と動きを何度か繰り返してると動きが制限されているところが分かってくるかもしれません。

         

         

         

        背骨の一部分が動きにくい。

        肋骨の一部分が固く膨らみにくい。

        肺の一部分に空気が入りにくい。

         

         

         

        体って全部が固くなるんじゃないんです。

        固いのは片寄って使っているから、部分的なことが多いのです。

        その動きの悪い所に気づけたら、そこを感じながらゆったりと深く呼吸しましょう。

        きちんと意識が通れば、数回行うだけでやわらかく緩ませることができます。

        その硬い部分をいくつかやわらかくできたら、立ってみてください。

         

         

         

         

        自然と深い呼吸ができる姿勢

        が取れていると思います。

         

         

         

         

        深い呼吸ができる姿勢ということは、首も肩も背骨も骨盤も位置が変わっているはずです。

        当然、循環が良くなります。

        あとはその姿勢をどれだけ続けられるかです。

        深く呼吸ができるようになったのですから、その呼吸をする頻度を上げて行けばいいのです。

        その姿勢は首も肩も背骨も骨盤も動きやすく、重力の負担から解放された位置にあるのですから。

        巷で言ういわゆる良い姿勢を頑張って継続することと勘違いしないでくださいね。

         

        あくまで、自然に深い呼吸ができる姿勢をできるだけ頻度を上げてつくるということです。

         

        でも忙しくしていると、その姿勢を忘れてしまうんですよね。

        自分への意識が薄れてしまうから。

        浅い呼吸でも生きて行けるから、いつの間にか空気が入りにくい姿勢に戻ってしまう。

        苦しくて死にそうなら皆、気づけますが、体は酸素不足なのになかなか気づけない。

        気づくと膝が痛い、腰が痛い、体の調子が優れない。と不調を感じます。

         

         

        だから、呼吸を侮るなかれ!

         

         

        『呼吸をなめんなよ!』ってことです。

         

         

        『人の体は、物質(器質)だけで見ず、

                   機能で見るとガラッと変わります。』

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

        ◇当社のコンディショニングセッションは、お手軽な30分から。↓

        http://tfc.tokyo/free/price

         

         

        ◇【本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |