{本橋_meta}
無料ブログ作成サービス JUGEM
思えば叶う
0

     

     

     

    という言葉があります。

    願えば叶うとも言いますか。

     

    私たちは毎日毎日たくさんのことを思います。

    少し外を歩いただけでも引っ切り無しに何かを思うことでしょう。

    自宅で一人になりゆっくりしていても何かしら思うものです。

    この“思い”というのが、実に身体に影響を与えるということをこの一年半で学びました。

    とても奥深いこの“思い”なんですが、簡単な所でお話しすると、

    「やりたくないな」と思ってやると、体は反発します。

    ジョキングしなきゃ!でも今日はちょっと寒いしな。イヤだな。

    そう思ったらやめた方がいいということです。

    ◯◯しなきゃという強制的にやろうとする行為は、思いと行動が合一しません。

    食べたくないな。と思いながら食べれば美味しくないし、おそらく体への吸収も落ちると思います。

     

     

     

     

    世の中、常に自分の思ったことだけをやっていたら無秩序な世界になってしまうので、全てが思い通りには行きませんが、他人に迷惑がかからずコントロールできるものであれば、なるべく思いと行動を合わせた方が心身ともに楽になります。

     

     

     

    腰が張っている時や痛いと感じる時にご自分の頭の中を覗いてみてください。

     

    マイナスな感情がありませんか?

    文句や愚痴を言ってませんか?

    思いとは別の行動を取っていませんか?

     

     

     

    先ほども言ったように人生は思い通りには進みません。

    でも、その思いが身体に悪影響を与えているストレスだとしたら、ちょっと思いを変えるだけで腰の張りがスッと消えることがあります。

    自分の張っている腰を労わるように

    「楽にしてみてはどうかな?」と思ってあげるだけでも張りが軽くなることもあります。

     

     

     

    毎日の“思い”は自分で何とかするしかありません。誰にも分からないからと言って、頭の中で文句ばかり言っていると、それは自分の体に影響を及ぼします。

    だって、自分でその文句を聞いてますからね。

    痛いと思うことと、楽と思うことで、体が変わることを実験してみてください!

    椅子から立ち上がる前に体が「重い、重い、重い・・・」と10回くらい言ってから立ってみてください。

    口に出さなくても頭の中で思うだけでもいいです。

    その立ち上がった時の体の感覚と、

    軽い、軽い、軽い・・・」と思ってから立って、重いと思った時と立ち上がった動作の印象を比べてみてください。

    純粋に思えれば思うほど、その差は大きくなると思います。

    逆に「なんか怪しいな〜」などと雑念を入れると上手く行きません。

    どうなると言うことより、ご自身で体感していただければお分かりになると思います。

     

     

     

    それだけ、思うことはエネルギーになることをご理解いただけたらなーと思うわけです。

    思いはご自身の体へのエネルギーを伝達してます。

    だから、椅子から立ち上がる時、ほんの一瞬、つま先の向きを思うだけで、そこにエネルギーを送ることになるのです。

    単に物理的に動かしているだけではなく、エネルギーのやり取りですから、これはもう立派な運動なのです。

    1日に何度もこのような運動をしてもらえると、簡単に体は変わります。

    ご自身の思いだけです。

    安上がりだと思いませんか?

    「なぜみんなやらないのか不思議でたまらない」とおっしゃったお客様がいらっしゃいました。

    この方は以前ブログでご紹介した、長年染みついた脚(足)のアライメント(骨の配列)の癖をわずか10日間ですっかり直してしまった方です。

    何十年の癖が10日で改善したのです。

    こういう人もいました。

     

    2018.4.30「日日是運動」

     

     

    「思えば叶う」とは不思議なことではなく、ご自身で実践した運動による結果なんですね!

     

     

     

    お読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

    ◆『からだの勉強会 -てほどき-』

     

    スクリーンショット (43).png

    期間限定の特別料金で実施中!!

    623()10:3011:30 

    「座り方を知る、体験する」〜巻き肩、猫背を整える〜

     

    630()10:3011:30 

    「歩き方を知る、体験する」〜足、膝が痛まない歩きのコツ〜

     

    お問い合わせはこちらまで↓

    https://tfc.tokyo/free/tehodoki

     

     

     

    本橋の指導をご希望の方はこちら】

     

     

     

    〜「いま知ってよかった」がここにある〜

    将来の健康をつくる専門店

    トータルフィットネス・コンディショニングセンター

     

    公式HPはこちら

    | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | 健康 | comments(0) | - |
    お腹の筋バランスって大事
    0

       

       

       

       

       

      ジムで腹筋トレーニングをしている人をみると、多くの人が片寄って行っています。

      シットアップを行うにも後ろから見ていると、体が左側に傾きながら動作しています。

      本人は真っ直ぐ行っているつもりなのでしょうが、明らかに使いすぎる側とそうでない側ができます。

      その人はトレーニング時だけでなく、

      生活動作全般でもその癖が出ていると想像します。

       

       

       

      その人が右手でボールを投げたらどうなるでしょうか。

      おそらく、体は左側に傾き右側の腹筋群をきちんと使わずに投げるでしょう。

      仮にコントロールが良くて、ど真ん中にボールを投げられたとしてもコントロールと体の使い方は別です。

      実際のセッションで、ボールを投げてもらうと、体が傾ききちんと体幹部の筋肉をバランスよく使えない人がいます。

      筋力の強い体幹部の筋力をきちんと使わずにボールを投げれば、肩から腕に負担がかかると想像できるのはわかりやすいと思います。

       

       

       

      プロボクサーを指導することがありますので重視している部分でもありますが、パンチを打つ時にもこのお腹抜けって結構あるんです。

      右ストレートを打った時に右の腹筋群が使えるフォームで打たないと下半身から体幹部の力をパンチに伝達することが出来ません。

      最近話題の井上尚弥選手の体をみると腹斜筋群がきちんと使われていて、モンスターなりの体の使い方をしているのが分かります。

      もちろん腹筋群だけでなく、隣接する前鋸筋や対角の腰背部などの筋肉も同時に働くことになります。

       

       

       

       

      大事なことは動きに片寄りをつくらないこと。

      体の使い方に片寄りがあると、動きのアンバランスを生み、積み重ねるとケガや痛み、ひいては病気になることもあります。

       

       

       

       

      セッションでこのようなことがありました。

      左くるぶしの外側が水分も含み腫れていました。

      足の甲の外側の皮膚も関節も硬くなっています。

      ふくらはぎ(下腿)は全体的に水分が滞留し、むくんだ状態です。

      上半身に行くと、首、肩周りが硬く、肩甲骨の動きが特に悪い。

      右よりも左側に強くみられます。

      座位で脚全体をほんの少し上げてもらうと、右よりも左が挙げにくく、力が入りにくい状態です。

      と言うことは、お腹にも力が入りにくい。

      上半身の情報が下半身へスムーズに伝わらず、お腹の部分で止まってしまうのですね。

      左のお腹がきちんと使えていない

      だから、脚が上がりにくく使いにくいために、むくんだり腫れたりしてしまっていたのです。

      足首や股関節、そして肩関節や肩甲骨を軽く調整し、左側のお腹に刺激が行くように体を整えて行くと、脚を上げて軽く上から押しても力が出るようになりました。

      その結果、足首の腫れを確認すると「あれっ?腫れが引いてる」と変化が出て、ふくらはぎのむくみもなくなり、筋肉がやわらかくなりました。

      「あれ〜不思議〜」とお客様。

       

       

       

       

       

      このように体の使えていない部分があると、情報がストップしてしまうために循環が上手く行かなくなります。

      足の腫れの原因が、肩にあったり、お腹にあったりすることは、

      体はひとつにつながっていることを意味します。

      もし足首の腫れとふくらはぎのむくみに気づかず、そのままにしていたら・・

      何かしらのさらなる問題につながって行く可能性は高いと思います。

      なぜなら体の使い方の結果なのですから。

      簡単に良い方向へは行きにくいですよね。

       

       

       

      コンディショニングトレーナーは、問題の原因を探し、日常での体の使い方の片寄りをあれこれ想像します。

      お客様の体を見て、どんな使い方をしているのかは想像を膨らまして行くと大体わかります。

      そのネガティブな癖を直す努力を一緒にしていければいいなーと思い、ご指導させていただいています。

       

       

       

      大事なことは、癖を直すよう努力することじゃない。

      癖に気づくことです!

      癖に気づけないといつまでも直らないですよね〜。

       

       

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

       

       

      ◆『からだの勉強会 -てほどき-

       

      癖に気づくには、

      専門家のチェックとアドバイスが時短!


      スクリーンショット (43).png

      期間限定の特別料金で実施中!!

      ・6月23()10:3011:30

      「座り方を知る、体験する」〜巻き肩、猫背を整える〜

       

      ・6月30()10:3011:30

      「歩き方を知る、体験する」〜足、膝が痛まない歩きのコツ〜

       


       

      本橋の指導をご希望の方はこちら】

       

       

       

      〜「いま知ってよかった」がここにある〜

      将来の健康をつくる専門店

      トータルフィットネス・コンディショニングセンター

       

      公式HPはこちら

      | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |
      スーパー高齢者!?〜腹筋の強さは顔の向きで変わる〜
      0

        JUGEMテーマ:フィットネス

        ※画像 DIETポストセブン引用

         

         

        腹筋運動をして腰が痛い!なんて言う人がいます。

         

        昔から腹筋運動と言うと“シットアップ(上体起こし)”が代表ですが、最近は昔ほどやる人が少なくなったような気がします。

        消防や警察などの体力練成などでは未だ活発にやるようですが。

        体を丸めるのが上手な人はいいのですが、

        肩や首に力が入ると腹筋運動が股関節を中心とした蝶番関節運動になってしまいます。

         

         

         

        そうすると、腰の筋肉が過剰に緊張して、普段から腰が硬い人の中には痛みを感じる人がいるようです。

        そりゃあ、普段から硬く緊張しているところをさらに緊張させれば、アンバランスが冗長されますから痛くなるのは明らかです。

        すごくガタイのよい人でも腰が硬ければ、きちんと腹筋を使う運動がたいしてできないのです。

        腰が柔軟に使える高齢者(87歳女性)は30回できるのに、ガタイのよい中年者(40代男性)は10回でオールアウト!

        そんなケースがあります。

        こういうことは筋力じゃないんです。

         

         

         

        何回できるかではなく、どのように体を使うかが大切です。

         

         

         

        腹筋が縮まると言うことは、拮抗する腰部の筋は伸びなければなりません。

        運動指導者なら当たり前に理解していることですが、相反性抑制と言います。

        肘を曲げるのに主働となる筋肉の上腕二頭筋(力こぶ)が縮まるには、その対(拮抗筋)となる上腕三頭筋(腕の後側)の筋肉が緩む必要があります。

        両方緊張していたら肘が曲げにくいですからね。

        そのような神経的な機能が備わっているので、腹筋運動をするときは腰の筋肉が適度に緩まないと上手く行きません

        前述のガタイのよい中年トレーニーは、腹筋運動が高齢者よりできません。

        体のパワーは比べ物にならないくらい違うのにです。

         

         

        なぜ上手くできないのかというと、

        上記の「肩や首に力が入る」ことに問題があります。

        ではどうすると首や肩に力が入るのでしょうか。

        その場で姿勢をある程度立てて、顎を引いてみてください。

        立位でも座位でもいいです。

        どのようなカラダの変化を感じましたか?

         

         

         

         

        首の後側の緊張を感じましたか?

        ちょうど、うなじの辺りです。

        そこは頭蓋骨の後頭部と首の一番上の環椎と呼ばれる骨の繋ぎ目です。

        そこの筋肉が緊張するのを感じられるはずです。

        感じにくい人はさらにゆっくり顎を胸に近づけて行ってください。

        首の後側全体や耳の下あたりの緊張も感じられると思います。

        そして、頭の横(側頭部)付近はどうでしょうか。

        頭の筋肉や皮膚が緊張するのを感じられましたか?

        頭全体が重苦しくなると感じた人もいるかもしれません。

         

         

         

        さらに首の後側が緊張すると、「腰」の緊張を感じられた人はいますか?

        首と腰は背骨のカーブが同じ形をしています。

        いわゆる前弯(ぜんわん)という形です。

        顎を引くと、その前弯が低下して、ストレートの形状に近くなってしまいます。

        よくストレートネックと言われたという人がいますので、ご存知の人も多いと思います。

        首が緊張すると、腰の筋肉も緊張する。

        「首と腰はリンクしています」

        そうセッションで言うことが多いです。

         

         

         

        そこで、腹筋運動を行う時に顎の位置をイメージしてみてください。

        顎を引きながら腹筋をやると、腰の筋肉が緊張するのです。

        腰の筋肉が縮むように作用します。

        縮むということは、背筋運動をしているのと同じ作用です。

        本来は腹筋を縮めて、相反性抑制で腰の筋肉を伸ばさなければならないのに。

        顎を引いて腹筋運動をする人は、腹筋と腰の両方の筋肉を同時に縮めようとするので腰が痛いと感じるのです。

        たぶん、腰の筋力の方が強いので過剰に引っ張って腰の問題が出るものと思われます。

         

         

         

        前述のガタイのよい中年トレーニーは、顎を引いて腹筋に力を入れる癖があります。

        そのような腹筋運動をしてきたのですね。

        顎を引かずに腹筋をすると、腹筋がすぐに疲れてしまい、高齢者よりできないという結果だったのです。

         

         

         

        スタジオレッスンなどのグループ指導でも見られる腹筋運動の際に「自分のおへそを見て!」という指導はまだあるのでしょうか。

        自分のおへそを見ればどうしても顎を引きます。

        そうすると、なかには「腰が痛い」と発する人が出てくるのは当然です。

        使い方はバランスです。

        どちらかが過剰に活動していると、動作は上手く行きません。

        この場合は、主働する筋肉と拮抗する筋肉が両方同時に過剰に活動しようとしているのですから。

         

         

         

        そして、顎引きの改善ポイントとしては、

         

        「カンペル平面」

         

        という言葉があります。

         

         

         

        カンペル平面について

         

         

         

        歯医者さんが使う医学用語ですが、簡単に言うと、

        顔を正面から見た時に鼻の先と耳の穴が水平に並んだ状態です。

        そこを結んだラインを“カンペルライン”と言います。

        そのカンペルラインは、咬合平面(噛み合わせ面)と平行なので、顔面をその位置にすると首や肩の緊張が抜けやすい位置と言われます。

        武道でも使われる顔のポジションで、甲野善紀さんもお話しされたようです。

        そのラインは、普段の立ち姿勢や座り姿勢でも使えますし、肩や首の緊張を取る、あるいは緊張を蓄積しないためにも時々、ご自身の顔の向きをチェックするといいでしょう。

        ちなみに多くの人に見られる緊張ポジションは、フランクフルトラインと言い、目の下(眼底)と耳の穴を結んだラインで顔を使います。

        携帯やパソコン画面を見ている時なんかそのポジションになりがちです。

        いわゆる上目使いもフランクフルトラインです。

        そのポジションは、顎や首、肩の緊張が発生しますので、ご注意ください。

         

         

        昔から「顎を引け!」の言葉は緊張を意味します。

        「気をつけ!」の号令もそうです。

        気を付けろ、気を張れ、そんな緊張を意味する言葉になります。

        そんな姿勢のイメージは、手を真横にピシッとつけて、顎を引く姿勢ではないでしょうか。

         

         

        顔面の向きひとつで、体の緊張がガラッと変化しますので、「今、やっている姿勢はどうか」

        のチェックをするだけで肩コリは起こらなくなります。

         

         

        もちろん腹筋運動だけでなく、トレーニングやスポーツ時にもカンペルラインを意識してやってみると、グッとパフォーマンスが良くなることがあると思います。

         

         

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

         

         

         

        ◆『からだの勉強会 -てほどき-』

         

        スクリーンショット (43).png

        期間限定の特別料金で実施中!!

        519()10:3011:30

        「立ち方を知る、体験する」〜女性必見!簡単美尻づくり〜

         

        526()10:3011:30

        「座り方を知る、体験する」〜座りながらできる腰痛ケア〜

         

        https://tfc.tokyo/free/tehodoki

         

         

         

        本橋の指導をご希望の方はこちら】

         

         

         

        〜「いま知ってよかった」がここにある〜

        将来の健康をつくる専門店

        トータルフィットネス・コンディショニングセンター

         

        公式HPはこちら

        | 本橋正光【トータルフィットネス株式会社 代表取締役】 | コンディショニング | comments(0) | - |